なぜアップルは仮想通貨購入禁止を決断したのか

アップルがゴールドマンサックスと共同開発している「アップルカード」では、仮想通貨を購入できないことが明らかになった。

ロイター通信によると、シティグループとJPモルガン・チェースは以下のように述べている。

仮想通貨は非常に価格が不安定である。そのため、アップルカードを用いて仮想通貨を購入した人々が、返済できないほどの債務を負ってしまう恐れがある。」

直近1か月間のビットコインの価格変動性(ボラティリティ)はおよそ4.88%、イーサリアムの価格変動性はおよそ5.28%と、仮想通貨の価格変動幅は非常に大きい。

これまでも仮想通貨の価格変動性は、仮想通貨が今後より広く利用されていく上での大きな課題だと唱えられ続けてきた。

今回アップルカードでの仮想通貨購入を禁止としたのも、仮想通貨の価格変動リスクを避けるための判断である。

仮想通貨の価格変動性という課題が解決に近づけば、仮想通貨の実需は今後ますます高まっていく。

【関連記事】