• 大きく下落をみせたが上昇チャネル下端で反発
  • 下落からは堅調に上昇するも、上昇チャネル上端・長期レジスタンスラインが強い抵抗帯に
  • レジスタンスライン付近での反発は見られるが、大きな反発ではないため再度ブレイクを試す動きを予想

下落からの反発は見せながらも、ここまでの価格上げは急上昇ではない。

そのため、まだショートポジションの解消がなされていない。(BitMexのLS比率はショートポジション優勢)

今後はショートポジションのロスカットを巻き込んだ暴騰を予想している。

ビットコイン(BTC)は最重要レジスタンスライン付近での攻防

今週の予想レンジ

  • 【最低価格】41.1万円~【最高価格】50万円

 今週は仮想通貨価格とファンダメンタルズがやや連動していた印象がある。

週の後半には良いニュースが多く舞い込んでおり、ビットコイン相場を再度強気にさせたとも考えられる。

価格に影響を与えるとは考えていないが、一番身近なニュースとしては仮想通貨でSuicaをチャージできるようになったことであろう。

先週の最重要ニュースに関しては以下の記事を参考にして欲しい。 

今週の仮想通貨市場には業界を揺るがすようなニュースが絶えなかった。これに対してビットコイン相場は敏感に反応を見せているが、リップルには良いニュースの量の割には未だに反応がみられない。

 ここからはビットコイン相場をテクニカル分析を用いて解説していく。

先週の値動き

【先週の予想レンジ】:39万円~46万円

【先週の値動き結果】:42.7万円~45.8万円

(参考 TradingViewの{BTCJPY}チャート   1時間足)
31日20時現在のビットコイン価格は453,000円。先週同時刻と比べて+3.6%の価格上昇となっている。
先週の週間見通しの通りまずは大きく下落する展開となった。
しかし赤の中期上昇チャネル下端で反発した後は、上昇トレンドを継続している。
一時チャネルを上に抜ける場面も見られたが、水色ライン(⑥46万円)・ピンクライン(長期レジスタンスライン)を手前にして、反発している。

今週の値動き予想

【今週の予想レンジ】

【最低価格】41.1万円~【最高価格】50万円

(参考 TradingViewの{BTCJPY}チャート   4時間足)

底値の固さを示し、上昇からの反発も弱いため、今後は再度上昇を試みる動きがあると考えられる。

  • 上昇のシナリオ

付近には多くのレジスタンスラインが存在しているが、一番注目したいのは46万円を突破出来るかどうかだ。

長期のレジスタンスラインが意識されることは間違いないが、多少のずれが生じるため直近高値である46万円が一番に意識されるであろう。

そこブレイクすれば、全てのレジスタンスラインをブレイクすることになり、大幅上昇が起こると考えられる。

それ以上の価格帯に明確なラインがないため、上昇の目安は価格として意識される50万円となるであろう。

さらにそのラインを大きく突破することができればトレンド転換となる可能性は高い。

  • 下落のシナリオ

上昇の地合が強いためいきなり下落することは考えにくいが、オレンジライン(⑤44万円)を割ったときには注意が必要であろう。

オレンジラインと赤の上昇チャネルが近づいてきているため、オレンジラインを割るようであれば、青ライン(②41.1万円)まで下落することが予想される。

さらに下落が続くようであれば、30万円台突入はやむを得ない。


最重要ファンダメンタルズの確認は、こちらを参考にして欲しい。 

今週の仮想通貨市場には業界を揺るがすようなニュースが絶えなかった。これに対してビットコイン相場は敏感に反応を見せているが、リップルには良いニュースの量の割には未だに反応がみられない。

  ここに記載された見解は著者のものであり、必ずしもコインオタクの見解を反映するものではありません。すべての投資にはリスクが伴うため、意思決定の際には独自に調査を実施する必要があります。