ビットコイン​(BTC)はライン上抜けで近々大きな価格変動の可能性

​​​​​519時現在のビットコイン(BTC)価格は376,200円となっている。前日同時刻の価格と比べて+0.5%の上昇となっている

ビットコインは18時過ぎ頃から価格を上げ、年始から機能しているオレンジのサポートラインを一時上に抜ける展開となった。

しかし現在は長いひげをつけ反発しており、このオレンジライン上での攻防が続いている。​

​​​(出典:TradingView BTCJPY 1時間足)​​​

今現在がビットコインにとって一番重要な攻防とも言える状況となっている。今日中には決着がつきそうだ。

上昇のシナリオとしては、このままオレンジライン抜けて次は38万円(赤ライン)まで上昇する展開となるであろう。38万円も突破することがあれば、次は39万円まで上昇する可能性がある。

下落のシナリオとしては、この一時的なブレイクが騙しの展開となりここから再びオレンジラインを割り込めば下落の合図となるだろう。その場合のターゲットは水色ライン(37万円)・黄緑ライン(36.5万円)となるであろう。

​黄緑ラインも割り込む展開となれば、昨年安値の35.5万円まで下落する可能性が高くなる。


中国は今日から「春節」と呼ばれる旧正月となっている。仮想通貨市場にとって中国は大きなマーケットであるので、この1週間は取引高が減少することが予想される。

このイベントがどのように価格に影響するかは以下の記事を参考にして欲しい。 

中国は翌2月5日に旧暦の正月を迎え、現在は休日が続いている。価格への影響は少なそうであるが、取引高が減少する可能性が考えられる。

 ここに記載された見解は著者のものであり、必ずしもコインオタクの見解を反映するものではありません。すべての投資にはリスクが伴うため、意思決定の際には独自に調査を実施する必要があります。​​​​