「Jコインってなんだろう」

そんな風に疑問を持った方も多いのではないでしょうか?

銀行発行ということで注目を浴びていますが、実際どのような通貨なのかよくわかりませんよね

そういった疑問を解決するべく、この記事ではJコインの特徴・目的とともに、他の決済サービスとの違いを比較して解説します!

これを読めば、Jコインについて詳しく知ることができるでしょう!


Jコインとは

Jコインとは、みずほフィナンシャルグループ・ゆうちょ銀行・数十の地方銀行(地銀)が共同で作った仮想通貨です。

2019年度中の発行を目指し、現在も開発が進められています。

価格変動がない

Jコインは、ビットコインと違い価格変動をすることがなく、常に円と同等の価値を持つという特徴があります。

「1コイン=1円」と円と同じ価値を持たせることによって、色々な用途で利用することを可能としています。

例えば、ショッピングの決済時のスムーズなお支払い・個人間や企業間での送金を現金(円)の代替を可能とします。

ブロックチェーンを使用

決済ができる電子マネーのSuica・PASMO・楽天Edyなどに似ていますが、Jコインはブロックチェーン技術を使った仮想通貨です。

ブロックチェーンを使用しているため、送金コストを無料にすることができます!

また、ブロックチェーンを使った送金・取引は記録(履歴)が残るので、記録(履歴)の改ざんが不可能なので、安全性が高まります

ブロックチェーンの仕組みをもっと知りたい方はこちら! 

ブロックチェーンの仕組みを知っていますか?ビットコインをはじめとした仮想通貨で広く用いられているのに、きちんと知っている人は意外と少ないです。初心者向けの簡単な説明から始めて、他のサイトではなかなか教えてくれない細かい仕組みまで教えます!

 

Jコインの目的

Jコインの目的

  • ATMの維持費削減
  • Jコイン使用者のデータ収集
  • 仮想通貨に対する不信感をなくす

 コストを削減

現金をJコインに切り替えることによって、経費削減も可能となっており約2兆円のATM維持費を削減できると言われています。

なぜなら、Jコインであれば、現金を使用しなくてもよいので、現金を保管するATMなどにかけるコストをカットできるからです。

Jコイン使用者のデータ収集

ブロックチェーンを利用することによって利用者の決済・送金履歴をビッグデータとして記録します

これらのビッグデータは匿名データとして利用者のニーズを分析し、商品開発・価格戦略に使用されると考えられています。

日本金融機関は、中国の「Alipayアリペイ)」やアメリカの「Apple Payアップルペイ)」など、急速にシェア率を上げる海外決済サービスにビッグデータを取得されることを危惧しています。

仮想通貨に対する不信感をなくす

信用度を十分に獲得している銀行が、仮想通貨を発行することによって、仮想通貨に対する懐疑的な印象をなくすことが期待されています。

仮想通貨は誕生から10年以上経過しているにも関わらず、ここまで日本での浸透率が低いのは、そもそも「投資=ギャンブル」という認識、コインチェックのNEM流出事件など、仮想通貨の信用度を下げる要因が存在しているからです。

上記で述べた通り、Jコインはブロックチェーン技術を用いてはいますが、一般的な仮想通貨のように価格変動がないので、いままで価格変動し、通貨が暴落するかもしれないと危惧している人も安心して保有することができます

このように、いままで仮想通貨に対して不信感を抱いていた人が仮想通貨の悪いイメージを払拭するきっかけを与えられるので、キャッシュレス社会の促進をうながす可能性があります。

Jコインのメリット

利用者側のメリット

スマホ一つで決済が簡単

Jコインで決済を行うと、アプリを開き、QRコードを読み込むだけですぐに決済を行うことができます

現金の用意する手間や、クレジットカードのPINコード入力する時間もかかりません!

個人同士の送金手数料が無料

既存の電子マネーは、決済サービスでの利用が中心となっており、個人間での送金が出来ないです。

ですが、仮想通貨であるJコインでは、Jコインの専用口座を持っている人同士であれば、いつでも送金を手数料無料で出来ます

手数料の代わりに利用者のビッグデータを使ったビジネスを展開させることによって、手数料無料を実現しています

買い物履歴・送金履歴が記録として残るため不正に書き換えられるリスクを無くすことも出来ます。

加盟店手数料が安い

そもそも、加盟店手数料とは、カード決済を行う店舗が、カード会社に払う手数料のことを言います。

お店は、Jコインを決済方法として利用すると、クレジットカードの加盟店手数料よりも安く新しい決済方法を導入することができます

なぜ、手数料を安く設定するかというと、ATMの維持費などにかかる膨大なコストを削減できているので、元が取れるということです。

加えて、安く提供することでシェア率を高める意図があるからです。

銀行側のメリット

情報の獲得

Jコインをと通して決済が行われると、利用者の買い物履歴というビッグデータを獲得することができます

この情報を分析することで、消費者のニーズをより汲みとった商品を開発することが可能になります。

金融業務のコスト削減

現在の日本は現金決済が60%以上と多くを占める国ですが、現金決済は実際お金がかかります

現金輸送や警備員にかかる人件費や、現金を保管する場所の確保など、コストは多岐に渡ります。

しかし、現金を必要としないキャッシュレスな社会が実現されると、ATMの維持費や、人件費のコストを削減できます。


Jコインのデメリット

利用者側のデメリット

投機目的として期待できない

円と同等の価値を持ち価格変動をしないJコインは、投資・投機をすることができません

なぜなら、価格変動がなければもちろん価格差が発生しないので、利益も損失も生じないからです。

投資・投機したいと考えている方は、ビットコインや他のアルトコインを取引しましょう!

Jコインと似た、銀行間での利用を目的としたコインに、『リップル』があります!

しかし、リップルはJコインと異なり、価格変動があります。

送金能力が高く、将来性の高い銀行間通貨に、投機したいのであれば、リップルをおすすめします。

GMOコインでリップルを購入する

リップルは2018年最も成長の期待される仮想通貨のひとつです。なぜなら、リップルに関連するイベントやプロジェクトが一気に動き出すからです。今回コインオタクがリップルの今後と将来性について解説します。

利用用途が少ない

Jコインの利用用途は、主に決済と個人間の送金の2つです。

しかし、ビットコインであれば、ビッコイン決済が可能な場所では決済ができ、ビットコイン同士の取引や、投資目的でも利用することができます。

ビットコインと比較すると、利用用途は少ないです。

銀行側のデメリット

手数料収入の減少

今後、Jコインが上手く広がっていくと、ATMが撤去されていきます。

すると、当然ながらATM手数料がなくなるので、その分の手数料収入はなくなってしまいます

しかし、 ATM手数料を上回る、ATM維持費の削減や手数料収入を得ることで、このデメリットは解消できるでしょう。

似たようなサービスが存在する

既存のサービスで、Jコインと似ているものが存在しています。

例えば、仮想通貨Jコインは三菱UFJフィナンシャル・グループが開発している通貨「MUFGコイン」・SBIホールディングスが開発している通貨「Sコイン」に似ていると言われています。

「MUFGコイン」・「Sコイン」は決済サービスが可能の仮想通貨であり、競合になる恐れがあります。

また、アップルペイも個人間での送金サービスがあります。

この状況だと、Jコインが確実に普及するのが困難になる可能性もあります。

したがって、Jコインを普及させるためには、似たサービスに対抗し、利用者が惹かれるようなサービスが必要となってきます。


 MUFGコインのことをもっと詳しく知りたい方はこちら!

「MUFGコインって何だろう?」この記事を開いたあなたはきっとこう考えているでしょう。日本有数のメガバンクである三菱UFJフィナンシャル・グループ(=MUFG)がブロックチェーン技術を活用した仮想通貨を発行するというのだから、気にならない人の方が少ないでしょう。そんなあなたのために、この記事が存在します!MUFGコインとは何なのか、何のために開発されたのか、メリット・デメリットは何なのか、競合する仮想通貨は無いのかなどなど、あなたがMUFGコインに関して知りたいことに対する答えがきっと用意されているはずです。また、あなたが仮想通貨投資を行なっているのであればこのMUFGコインが一般に公開されたら投資すべきなのかの判断もできるようになるでしょう。他にも、MUFGが採用すると報じられた主要な仮想通貨の一つであるリップルとの関係、MUFGの今後のビジネス展開など、MUFGコインに関する多くの情報がこの記事に詰まっています。この記事を読むことであなたのMUFGコインに関する理解が深まれば幸いです!目次MUFGコインとは?MUFGコインの目的 MUFGコインのメリットMUFGコインのデメリットMUFGコインの今後の課題三菱UFJフィナンシャル・グループとリップルの関係三菱UFJフィナンシャル・グループとブロックチェーンMUFGコインとJコイン MUFGコインのハッカソン MUFGコインに関するQ&AMUFGコインのまとめMUFGコインとは?そもそも、MUFGコインとは何なのか?そこから解説していきましょう。三菱UFJフィナンシャル・グループが開発を進める仮想通貨 MUFGコインとは、日本の主要なメガバンクの一つである三菱UFJフィナンシャル・グループ(

 Sコインのことをもっと知りたい方はこちら!

目次SBIバーチャル・カレンシーズとは?SBIバーチャル・カレンシーズの取り扱い通貨先行予約とサービス開始時期SBIホールディングスについてSBIバーチャル・カレンシーズの気になるQ&A SBIバーチャル・カレンシーズとは? 皆さんはどの仮想通貨取引所を使っていますか?ビットフライヤーやコインチェック、Zaifなど国内にも様々な取引所がありますが、もうすぐ、また新しい取引所が生まれようとしています。 その名も、SBIバーチャル・カレンシーズです。SBIホールディングスが新たに仮想通貨取引所として参入してきます。 SBIホールディングスの大きさを考えれば、今後大きな位置を占めていくことは容易に想像できます。 後れを取らないように、今のうちに学んでいきましょう!! SBIバーチャル・カレンシーズの取り扱い通貨 現在のところ、取り扱い通貨はビットコイン(BTC)、ビットコインキャッシュ(BCH)、そしてリップル(XRP)の三種類を取り扱う予定だと社長の斎藤亮氏が発言しています。 時価総額で言えばビットコインは一位、ビットコインキャッシュは三位、リップルは四位でいずれも非常にメジャーな通貨なので、取り扱いをするのは分かります。 しかし、コインオタク的には「通貨の種類少なすぎないか?」と感じました。 実際、時価総額二位であるイーサリアムも取り扱われるのではないかという噂もあります。 しかし、何の考えもなしに通貨の種類を制限しているとは考えにくいです。 予想の範疇を出ませんが、この3種類の仮想通貨はSBIバーチャル・カレンシーズが価値を認めた(無くならない)通貨、ということなのでしょう。 ビットコインはもちろん断トツの知名度を誇りますし、ビットコインキャッシュは既にユースケースも増えてきています。ビットコインキャッシュは、それを基軸通貨として扱う取引所まで出てきています。 リップルは、といえば、SBIホールディングスはリップルと提携しており、リップルの可能性を強く信じているようです。 と考えてみたものの、なぜイーサリアムやその他アルトコインを取り扱わないのかはよく分かりません。

 

Jコインとリップルの関係

銀行間取引が想定されているという点で、Jコインとリップルはとても似ています

では、実際この2つの通貨はどのような違いがあるのかを解説していきます。

リップル(Ripple)とは

Ripple Inc.によってブロックチェーンを使い開発された送金・決済システムのことをリップル(Ripple Transaction Protocol=RTXP)と言います。

そのシステム(リップル)内の基軸通貨として使われる仮想通貨がXRPであり、同じように「リップル」と呼びます。

「リップル」は仮想通貨の名前でもあり、システムの名前でもあるという事です。

リップルは「みずほ」や「ゆうちょ」は以前リップルネットワークに参加することを言及しており、リップルが将来的に銀行の送金に利用されることが期待されています。


 リップルについてもっと知りたい方はこちら!

リップルって聞いたことはあるけどいまいちどういう仮想通貨なのかわからないままでいませんか?そんなあなたは得するチャンスを逃しているかも⁉︎この記事を読めば意外と知られていないリップルの詳しい仕組みだけでなく、あまり書かれることのないデメリットまでわかり、読み終わる頃にはきっとリップルについて知らないことはなくなっています!リップルが大好きな現役東大生がリサーチにリサーチを重ね、図とともにわかりやすく解説しているのでスルスルと知識を身につけることができます!もうにわかとは言わせません!リップルオタクになって自信をもってリップルで「億り人(=仮想通貨のトレードで資産が1億円以上になった人)」を目指しましょう!リップル(XRP)ってなに?新しい送金・決済システムの名称!多くの巨大企業が注目していて、将来性バツグン!このサービスで扱われる通貨の名称でもある!決済速度が極めて速く、手数料も安い!ブロックチェーンを使わない珍しいタイプの仮想通貨!リップラーと呼ばれるリップル大好きな仲間もいっぱい!コインオタクでは30人の東大生トレーダーと利率25%超えのAIによるリップルの価格予想を会員様限定に毎日公開しています。またリップルの価格変動があった際にアラートを配信するサービスも提供しています。初心者では判断しにくい仮想通貨投資は東大生とAIの力を借りて勝ち切りましょう!いまなら初月無料! CoinOtakuプレミアムを1ヶ月無料トライアル!目次仮想通貨リップル(XRP)とは?時価総額3位の超大型コイン!RTXPとは?RTXP① ILP(インターレジャープロトコル)の仕組みRTXP② XRP Ledgerの仕組み実は仮想通貨ではない⁉︎XRPの仕組み XRPの役割は?XRPを使ってできることRippleNetの仕組み リップルのメリットリップルのデメリット リップル(XRP)チャート分析!ニュースが価格に与えた影響は? 今後のイベントは?XRPの今後の価格推移を予想!仲間もいっぱい!熱狂的なリップラーのみなさん 【リップルの購入方法】おすすめ取引所・販売所3選 【リップルの保管方法】おすすめウォレット3選 

 Jコインとリップルの違い

リップルが国際間銀行の送金コストを低くする・取引を高速化するのを目的にしています。

Jコインは日本国内の銀行間で使用されるのが目的となっています。

よってその役割の違いから、片方の普及が進むと、もう一方のシェア率が低くなるという自体にはなりにくいといえます。

投資したいならリップル!

Jコインの将来性に期待して、投機目的でご覧になっている方も多いと思います。

しかし、Jコインの価格は日本円に等しく、価格変動することはありません。

その点リップルは、完全に独立した通貨です。

銀行間送金に特化した通貨に利益を求めて投資したいのなら、リップルを選ぶしかありません。


リップルの購入をするならGMOコインがおすすめです。

GMOコインは、基本手数料無料で、最高レベルのセキュリティを誇る、優れた取引所です。

さらに、リップルのレバレッジ取引も可能なので、将来性の高い通貨で利益を出そうと考える方にもおすすめです。

GMOコインをリップルで購入する

JコインとMUFGコインの関係

MUFGコインとは

メガバンクである、三菱UFJフィナンシャル・グループが開発している仮想通貨を「MUFGコイン」と呼びます

このMUFGコインも、決済サービス・送金サービスを仮想通貨であるMUFGコインで行うことで利便性・キャッシュレス化を築くことを目指しています。

現在では、MUFGコインを使ってグループ社員の約8万人規模の実証実験を行うなど終盤辺りまで開発が進んでいます。


MUFGコインをもっと詳しく知りたい方はこちら!

「MUFGコインって何だろう?」この記事を開いたあなたはきっとこう考えているでしょう。日本有数のメガバンクである三菱UFJフィナンシャル・グループ(=MUFG)がブロックチェーン技術を活用した仮想通貨を発行するというのだから、気にならない人の方が少ないでしょう。そんなあなたのために、この記事が存在します!MUFGコインとは何なのか、何のために開発されたのか、メリット・デメリットは何なのか、競合する仮想通貨は無いのかなどなど、あなたがMUFGコインに関して知りたいことに対する答えがきっと用意されているはずです。また、あなたが仮想通貨投資を行なっているのであればこのMUFGコインが一般に公開されたら投資すべきなのかの判断もできるようになるでしょう。他にも、MUFGが採用すると報じられた主要な仮想通貨の一つであるリップルとの関係、MUFGの今後のビジネス展開など、MUFGコインに関する多くの情報がこの記事に詰まっています。この記事を読むことであなたのMUFGコインに関する理解が深まれば幸いです!目次MUFGコインとは?MUFGコインの目的 MUFGコインのメリットMUFGコインのデメリットMUFGコインの今後の課題三菱UFJフィナンシャル・グループとリップルの関係三菱UFJフィナンシャル・グループとブロックチェーンMUFGコインとJコイン MUFGコインのハッカソン MUFGコインに関するQ&AMUFGコインのまとめMUFGコインとは?そもそも、MUFGコインとは何なのか?そこから解説していきましょう。三菱UFJフィナンシャル・グループが開発を進める仮想通貨 MUFGコインとは、日本の主要なメガバンクの一つである三菱UFJフィナンシャル・グループ(

 

JコインとMUFGコインの違い

では、実際に2つの仮想通貨の違いはどこにあるのかを説明していきます。

JコインとMUFGコインの2つの違い

  • コインの価値の違い
  • 機能の違い

 

コインの価値の違い

Jコインが「1コイン=1円であるのに対し、MUFGコインは「1コイン=約1円と固定されていません。

なぜMUFGコインはJコインと違い「1コイン=約1円」であるのか?と疑問に思った方もいるでしょう。

これは、「1コイン=1円」にしてしまうとMUFGコインは仮想通貨と扱われないため、資金決済法により、100万円以上の決済・送金が出来なくなります

そうなると、MUFGコインの利便性が下がってしまいます。これを阻止するために「1コイン=約1円」としています。

MUFGコインは、法的に「仮想通貨」と扱われるのを目指しています。

一方のJコインでは、「1コイン=1円」を固定するため法的に「通貨建て資産」を目指しています

よって、法定通貨と認定された場合、Jコインはマネーロンダリング対策により、100万円以上の決済・送金ができなくなるので、大金を決済・送金できるという点では、MUFGコインに分があるかもしれません。

機能の違い

JコインとMUFGコインの機能は、大きな違いはありません

双方とも、スマートフォン一つで決済・送金を可能としており、キャッシュレス化を目指しています。

ただ、機能があまり違わないので、お互い競合になる可能性が高くなりま


Jコインの購入方法

まだ購入することができませんが、一般公開された後にみずほフィナンシャルグループ・ゆうちょ銀行・数十の地方銀行(地銀)が作る仮想通貨取引所で日本円で売買取引が可能になるとされています。

現在は、登録方法・入金方法についての情報は判明していません。

では、Jコインの販売開始はいつから?と思う方も多いと思います。

Jコインは2019年度3月の発行を目指しています

サービスの利便性・安全性などの実証実験を福島で始めています。

その実証実験の結果によって、販売開始の時期が多少遅れなどがあるかもしれませんが、2020年には東京オリンピックがまでには販売開始するようです。

Jコインの保管方法

Jコインを使って決済・送金サービスを行うためには、専用ウォレットを使う必要があります。

Jコインでは、株式会社pringが作成した「pring(プリン)」というウォレットアプリを用いて保管することができます。

pringの基本機能は、銀行口座みずほ銀行・三井住友銀行からのチャージ・個人間での入金・銀行口座への戻入・加盟店での決済です。

このウォレットアプリによってJコインを使った決済・送金を可能とし、キャッシュレス化を促しています。

24時間365日自分の決済したいとき・送金したい時に、スマートフォン一つで簡単に決済・送金が出来ます


Jコインまとめ

Jコインのポイント

  • 銀行が発行する信頼度の高い仮想通貨
  • 価格変動がない(1コイン=1円)
  • 電子マネーと違い、ブロックチェーンを用いている
  • 今後、競合サービスとどのように差別化を図るかが重要になる

 いかがでしたでしょうか?

今回は、Jコインについて解説しました!

様々な仮想通貨が開発されている中で、知名度の高いギガバンクや多くの地銀が協力して開発・管理されるJコインの登場により、仮想通貨に対するイメージが改善される可能性もあります。

キャッシュレスな社会が実現するために、Jコインが一役かうことがあるかもしれませんので、今後に期待しましょう!