「仮想通貨を購入してみたいけど、なんだか難しそう...」

そんな悩みを抱えている方が多いと思います。

 

実は、仮想通貨を購入する方法はとても簡単です!

いまや日本人の7人にひとりが仮想通貨を持っていると言われています

複雑そうなイメージを持ってしまうかもしれませんが、ネットショッピングができるくらいの知識があればすぐに慣れるので安心してください。

 

この記事では、簡単な買い方や注意点、いつ買えば良いか判断する方法までを仮想通貨オタクが運営するCoinOtaku(コインオタク)がご紹介します。

仮想通貨の購入方法を簡単に説明

仮想通貨の購入方法

初めて仮想通貨を購入するなら「仮想通貨取引所」を利用しましょう。

国内の取引所で一番のおすすめはCoincheck(コインチェック)です!

Coincheckでは最小500円から仮想通貨を購入できます!

おすすめ取引所No.1

仮想通貨は少額から購入できる

仮想通貨は数百円から買える

仮想通貨の大きな特徴は1000円未満の少額から取引が始められることです

ここでは仮想通貨の購入単位について、ビットコインを例に説明します。

2017年12月後半に、ビットコインが200万円を超えたことがニュースになりました。当時からはずいぶん下がりましたが、現在でも1BTC=100万円程で取引されています。

ではビットコインを購入するには、最低でも100万円以上必要なのでしょうか?

実は違います。ビットコインには「BTC」の下に「Satoshi」という通貨単位があり、

1Satoshi=0.00000001BTC(1億分の1BTC)

を表していています。

ただし各取引所によって以下のように最小取引単位が定められているので、1Satoshiから買うことはできません。

取引所 最低取引単位
Coincheck 500円から
DMM Bitcoin 0.001BTC(100000satoshi)
GMOコイン 0.0001BTC(10000satoshi)
bitFlyer 0.001BTC(100000satoshi)

仮想通貨投資はいくらから始められるか知っていますか?実は、1000円からでも始めることができます!コインオタクは、仮想通貨投資を始める上で損をしないポイントを解説していきます。ぜひ本記事を通して、安全に取引を開始していきませんか?

仮想通貨の購入方法は2種類ある

販売所と取引所は何が違う

仮想通貨を購入するやり方は大きく分けて「販売所」で買うか「取引所」で買うかの2種類があります。

一般的にはこの2つを合わせたものが「仮想通貨取引所」と呼ばれています。

では「販売所」と「取引所」は何が違うのか見ていきましょう。

販売所:ユーザーと運営会社が取引

販売所は、ユーザー(あなた)と販売所の運営会社が直接取引をする場のことです。

そのため、取引相手がいなくて注文が通らないといったことはなく、とても簡単な操作で仮想通貨を購入することができます。

これから初めて仮想通貨を購入する方は、まずは販売所を使いましょう!

また、販売所では運営会社の設定した価格で仮想通貨を取引することになり、売値と買値の差(スプレッド)を、販売所は実質的な手数料としています。

取引所:ユーザー同士で取引

取引所は、ユーザー同士で取引をする場のことです。

売買する仮想通貨の価格はユーザー自身が設定することなるので、操作がやや難しいです。

しかし、販売所に比べて手数料が格段に安いため、費用を節約したいという方は取引所を利用してみるのも良いでしょう。

仮想通貨の取引所と販売所は厳密には異なるものです。この記事では、取引所と販売所の大きな違いを解説した後に、それぞれの特徴を整理して、どちらを使うべきかまで解説します。また、おすすめの取引所と販売所も解説します。

初心者におすすめの取引所3選

仮想通貨を買うならココ!

初心者におすすめの取引所3選

  • Coincheck
  • DMM Bitcoin
  • GMOコイン

Coincheck(コインチェック)

コインチェックのバナー

Coincheck(コインチェック)は、東証一部のマネックスグループが運営している取引所です。

取り扱い通貨が国内最多の12種類なので、より多くの通貨に投資して利益を狙うことができます!

スマホアプリは国内No.1の270万DLを突破していて、スマホ一台で仮想通貨の取引を全て完結させることが可能です。

Coincheck一つあれば、仮想通貨の取引で困ることはほとんどありません!

スマホ一つで仮想通貨取引

Coincheckの特徴をまとめた記事はこちら!

Coincheck(コインチェック)は、仮想通貨初心者に最も人気の取引所です。人気とはいえ特徴や評判を知らずに口座開設するのは危険!この記事では、運営再開し大きく変わったコインチェックの実態を、30人の東大生編集部が徹底的に解明します。

DMM Bitcoin

DMM Bitcoinは、ゲーム事業やFX・株などの証券事業で有名なDMM.comが運営する仮想通貨取引所です。

DMM Bitcoinは販売所のみの仮想通貨取引所なので、初心者の方が仮想通貨を購入するのにとても向いています。

また、最大4倍までのレバレッジ取引をすることもできるので、仮想通貨を取引する中で特に利益重視の方におすすめです!

利益を重視するなら

DMM Bitcoinで仮想通貨を購入する

DMM Bitcoinの特徴をまとめた記事はこちら!

DMM BItcoinは仮想通貨FXに人気の取引所です。そんなDMM Bitcoinが実際にどんな取引所かを探るべく、この記事ではDMM Bitcoinの特徴やリアルな評判、登録方法や使い方をまとめました。

GMOコイン

GMOコインは、FX口座数世界一の実績を持つGMOインターネットが運営する仮想通貨取引所です。

大手証券取引所の「GMO証券」を運営するノウハウがあるため、GMOコインはとにかくセキュリティが強いことで知られています

「できるだけ安全な取引所を使いたい!」という方にはGMOコインがおすすめです!

セキュリティを重視するなら

GMOコインで仮想通貨を購入する

GMOコインの特徴をまとめた記事はこちら!

GMOコインは国内最大級の仮想通貨取引所です。GMOコインの特徴、評判、メリット、デメリットは?登録方法は?使いやすい?気になるポイントをコインオタクがすべて解説します!

仮想通貨の購入方法

仮想通貨の購入手順 画像

仮想通貨は、インターネット上の取引所を利用して購入します。

そのためにまずは口座を開設する必要があります。

今回は、おすすめ取引所No.1のCoincheckを使って口座開設について説明します。

①取引所(販売所)に口座を開設する

まずは公式サイトにアクセスしましょう!

Coincheck公式サイト

手順1.メールアドレスの登録

Coincheck登録

公式サイトの右上の「新規登録」から取引アカウントをクリックします!

 

Coincheck登録

メールアドレスとパスワードを入力します。

コインチェックからメールが届くので、添付されているURLをクリックします!

手順2.SMS認証

Coincheck登録

携帯電話番号を登録します。

「本人確認書類を提出する」をクリックします!

 

Concheck登録

「SMSを送信する」をクリックします。

 

Coincheck登録

SMSに届く6桁の認証番号を入力します!

手順3.本人確認書類の提出

Coincheck登録

「本人確認書類を提出」をクリックします。

利用規約やプライバシーポリシーなど、すべてにチェックを入れます。

「各種重要事項に同意し、承諾してサービスを利用する」をクリックします。

 

Coincheck登録

個人情報を入力します。

氏名や性別などの個人情報を指示通りに入力します。

それが終わったら、本人確認書類をアップロードしましょう。

「ファイルを選択する」というところから、本人確認書類とIDセルフィー(確認書類の顔写真)をアップロードします。

本人確認書類として使えるもの
コインチェックver

  • 運転免許証
  • パスポート
  • 在留カード
  • 特別永住者証明書
  • 運転経歴証明書
  • 住民基本台帳カード
  • マイナンバーカード

手順4.ハガキの受け取り

ハガキは直接受け取る必要がある

2〜3日以内にコインチェックからハガキが届きます!

必ず直接受け取る必要があるので、気をつけましょう。

ハガキを受け取り、情報を入力すれば登録は完了です!

Coincheck公式サイトへ

Coincheckの詳しい登録方法や2段階認証についてはこちら。

Coincheck(コインチェック)の登録方法を画像付きで詳しく解説しています。すぐに取引が開始できるように日本円の入金方法やセキュリティを飛躍的にアップさせる二段階認証の方法なども解説しています。

②日本円を入金する

口座の登録が完了したら、実際に取引をしていくために日本円を入金します。

Coincheckでの入金方法は3種類(銀行振込、コンビニ入金、クイック入金)があります。

一番手数料の安い銀行振込の方法を解説します。

Coincheck入金Coincheck入金

1. 左のメニューの日本円を入金するをクリックする

2. 自分のユーザーIDを確認する

3. 指定の口座に指定されている自分名義の口座から振込をします

(この時、振込人名義にユーザーIDを入力することを忘れないようにしましょう!)

銀行振込以外での振込方法としては、金融機関宛への振込手数料が月最大15回無料の住信SBIネット銀行での入金がオススメです。

また入金までの所要時間は営業時間内であればおおよそ2〜3時間です。なお入金金額に関する制限は特にありません。

住信SBI銀行の登録はこちらから

SBIネット銀行の詳細はこちらの記事をご覧ください。

仮想通貨取引所への入金にお金をあまりかけたくないとお思いですか?あなたが普段利用している銀行ですと入金手数料がかかってしまうでしょう。そこで今回は入金手数料が無料になる住信SBIネット銀行の特徴やメリットを全て解説していきます。

③実際に仮想通貨を購入・売却する

DMM Bitcoinでの仮想通貨の購入手順画像

仮想通貨の購入は上記の画像のように簡単3ステップで完了します!

入金が完了したら仮想通貨の取引を行いましょう!

ここでも引き続きCoincheckを使って説明します。

Coincheckでのリップル購入

まずは、メニュー画面の「コインを買う」をクリックしましょう!

1.①で購入する銘柄を選択する。

2. ②で購入する仮想通貨の数量を入力する。

3. 購入をクリックする。

これで販売所での仮想通貨の購入は完了です!

仮想通貨の取引なら

Coincheckの公式サイトへ

Coincheckの詳しい使い方を知りたい方はこちらの記事をご覧ください。↓

仮想通貨取引所コインチェック(coincheck)の使い方を解説します!入出金や現物取引の仕方に加え、初心者でも使いやすいと評判のアプリの使い方も詳しく説明していきます。この機会にコインチェックの使い方を習得しましょう!

仮想通貨購入の注意点と対策

仮想通貨を買うならこれだけは気をつけよう

仮想通貨の取引が意外に簡単に始められることが分かり、仮想通貨に投資をして自分も大きな利益を上げられるかもしれない!とお考えかもしれません。

ですが、大きなリターンを見込めるのと同時に、仮想通貨の取引には大きなリスクも存在しています。

ここからは、仮想通貨の取引を行う際のリスクと、リスクを回避するために私たちが自分でできる対策を見ていきましょう。

仮想通貨取引のリスク・注意点

仮想通貨のリスクをしっかり理解しよう(オタフクロウ画像)

仮想通貨を購入する際の注意点

  • サーバーダウンする可能性がある
  • 資産が盗まれる可能性がある
  • 仮想通貨の詐欺が増加している

サーバーダウンする可能性がある

仮想通貨は2017年に爆発的に需要が伸びました。

しかし、この需要に取引所のインフラが追いついていなかったため、国内の取引所でサーバーダウンが頻繁に起こった時期がありました。

この時期に比べると現在はどの取引所もシステムの性能を向上させていますが、また予想を超える需要が生まれたときに、同じようにサーバーがダウンしてしまう可能性があります。

この記事では、実際トレードしている人たちの口コミや評判をもとにサーバーの強さをランキング形式で解説しています。サーバーの強度は大事な局面で取引ができない!というような事態を回避するために、この記事を読んでサーバーの強い取引所を選びましょう!

資産が盗まれる可能性がある

マウントゴックス(MtGox)事件をご存じでしょうか?

Mt.Gox取引所は2013年4月には、世界のビットコイン取引料の70%を扱うほど巨大な仮想通貨取引所でした。

しかし、2014年2月に顧客のビットコイン75万BTC(当時の価格で470億円)、自社のビットコイン10万BTCと顧客からの預かり金約28億円の消失が判明したのです。

このビットコイン消失事件が「マウントゴックス事件」と呼ばれています。

最近では「コインチェック事件」も有名ですが、資産の管理方法に問題があったり、セキュリティの弱い取引所では今後も起こりうることです。

自分の資産は自分で守るべし

また、自分の資産を守る方法を利用者側も考えておかなければならないのです。

コインオタクではウォレットで管理することをおすすめしています。

ウォレットは仮想通貨を安全に保管するための専用アイテムです。

気になるウォレットについてはこちらをご覧ください。

仮想通貨を安全に保管するためには、ウォレットを使う必要があります。ウォレットには様々な種類があり、対応OSや対応通貨がそれぞれ違います。ウォレットの種類、種類別のおすすめウォレットを紹介していきます。

 

仮想通貨の詐欺が増加している

仮想通貨の価格が上昇してきたと同時に、詐欺の件数も増えてきています。

商業取引等を取り締まる米連邦取引委員会(FTC)で消費者保護を担当するAndrew Smith氏は、2018年末には詐欺被害が3300億円にまで拡大すると予測しています。

セミナーでの勧誘や有名人の名前を使った謳い文句で、知識があまりない人に仮想通貨を買わせるといったケースが見られます。

仮想通貨に関する詐欺について、詳しくはこちらをご覧ください。

仮想通貨の詐欺「スキャム」は残念ながら世界中で発生しています。この記事では、仮想通貨詐欺のよくある手口や対策方法をご紹介していきます。これを読んだ方は、仮想通貨詐欺の被害に合う確率を減らすことができるはずです。

リスクを回避するためにするべきこと

リスクはできるだけ回避しよう(オタフクロウ画像)

リスクを回避するためにするべきこと

  • 取引所は複数登録しよう
  • 2段階認証は必ず設定しよう
  • パスワードは使い回さないようにしよう
  • 余剰金で売買しよう
  • 簡単に儲かる話には注意しよう

取引所は複数登録しよう

セキリュティの観点から考えると、複数口座開設は必須であると言えます!

資金を1つの取引所に全て預けてしまうと、万が一その取引所がサイバー攻撃を受け、資産が流出してしまった時に全資産を失ってしまう可能性があり大変危険です!

必ず複数の取引所で資産を管理するようにしましょう!

また、取引所のサーバーがダウンしている時は取引を行うことができません。

複数口座を持っていれば、ダウンしていない取引所で取引が可能ですので、やはり複数取引所に登録することがおすすめです!

まだ一つの取引所しか登録していないのですか?仮想通貨投資をするなら絶対に複数の取引所に登録しておくべきです。この記事では複数の取引所に登録することのメリット・デメリットだけでなく、注意点やおすすめの取引所の組み合わせまで解説します!

 

2段階認証は必ず設定しよう

2段階認証は必ず設定しておくようにしましょう!こちらもセキリュティの観点から考えると必須の作業になります!

仮想通貨は取引の記録を書き換えることができないという特徴を持っており、一度送金してしまったら取り消すことはできません。

つまり、不正にアクセスされて取引を行われた場合、その資金を取り返すことがほぼ不可能だということです。

2段階認証も万能ではありませんが、セキリュティの強さは格段に上がります。ですので、しつこいようですが必ず2段階認証は設定するようにしましょう!

「仮想通貨の取引所での2段階認証」なんとなく難しそうですよね?そもそも2段階認証が何かを知らない人もいるんじゃないでしょうか?今回はそんな人のために、2段階認証とはなんなのか、楽な設定の仕方などを東大生がいちばん簡単に紹介します!

 

同じパスワードは使いまわさないようにしよう

パスワードは共に使い回し厳禁です。

もしも同じパスワードを使っていたら、せっかく複数の取引所に登録していても、一度不正アクセスされてしまうと他の取引所でも資産を抜きとられてしまうことも考えられます。

何個もパスワードを使い分けるのは面倒だと思いますが、不正アクセスによる被害をできるだけ小さくするためには、取引所ごとにパスワードも変えておくのが良いでしょう。

 

余剰金で売買しよう

仮想通貨は余剰金の範囲で売買しましょう。仮想通貨はまだまだ不安定です。仮想通貨の価格が高騰することもあれば、大暴落することもあります。

損失を出してしまうことも真剣に考慮に入れた上で、ある程度失っても影響の少ない余剰金で売買することを心がけましょう。

 

簡単に儲かる話には注意しよう

「簡単に儲かる」「絶対儲かる」などの言葉で詐欺師は近寄ってきますが、そんなに美味しい話はありません。

手法を教える、代わりに運用してあげる、といった感じで先にお金を払わせようとするものはほぼ100%詐欺なので注意してください。

仮想通貨を購入する時のタイミング・コツ

仮想通貨取引のコツを伝授

安いときに買って、高くなったらら売ろう

当たり前のことですが、利益を出すには「安く買って高く売る」のが基本です。

多くのトレーダーは、購入した時より価格が上がっても「まだいける!」と考えてしまい、結果的に損失を生んでしまいがちです。

まずは購入する際には「〇〇円まで値段が上がったら売る!」とルールを作るのがおすすめです!

信頼性の高い仮想通貨を買おう

仮想通貨は2000種類以上も存在しています。

その中には、価値が突然ゼロになってしまうコインや、いわゆる詐欺コインといったものも少なくありません。

仮想通貨を買うなら時価総額が高いものの中から選ぶのが良いでしょう。

こちらの記事ではコインオタクが注目している仮想通貨を紹介しています。

2020年のオススメ仮想通貨を東大生が厳選!利益を最大化するための6つのテクニックと5つのツールとともに、今年最もおすすめの銘柄を紹介します。

値上がりするタイミングを見極めよう

仮想通貨は値動きが非常に激しいですが、ある程度価格を予想することができます。

チャートから今後の価格を予想する手法を「テクニカル分析」、通貨の関連イベントや社会の動きから価格を予想する手法を「ファンダメンタルズ分析」と言います。

これらの手法を駆使して仮想通貨が値上がりするタイミングを見極めましょう!

コインオタクでは仮想通貨に関するニュースを毎日配信しているので、ぜひ参考にしてみてください。

最新ニュースを見てみる

仮想通貨の購入に関するQ&A

気になる疑問にコインオタクが回答します

仮想通貨を購入する時に手数料ってかかるの?

取引所によってかかるところと、かからないところがあります。

売買手数料はかからなくても販売所のスプレッドが広く、取引する際にお金がかかる場合もあります。

こちらの記事では国内取引所の手数料を比較しています。

仮想通貨で借金する可能性はあるの?

仮想通貨で借金をしてしまう可能性はゼロではありません。

レバレッジ取引で大損してしまう場合や、仮想通貨そのものに価値がなくなる場合も否定できません。

こちらの記事で仮想通貨投資で借金をしてしまう要因や対策方法をまとめています。

ビットコイン以外にどんな仮想通貨があるの?

ビットコイン以外はアルトコインと呼ばれ、約2000種類以上も存在しています。

国内で取引できるアルトコインは主に、

  • イーサリアム
  • リップル
  • ライトコイン
  • ビットコインキャッシュ
  • モナコイン
  • リスク
  • ファクトム

などがあります。

こちらの記事ではアルトコインの詳細を解説しています。

仮想通貨で儲かったら税金がかかるの?

仮想通貨の取引で利益が出たら税金がかかります。

きちんと納めないと「脱税」になってしまうので、気をつけましょう。

こちらの記事で仮想通貨の税金について解説しています。

仮想通貨の購入方法 まとめ

仮想通貨の購入方法まとめ
  • 仮想通貨の購入は、少額から簡単にできる
  • 購入・売却手順はとても簡単
  • リスクもあるので注意
  • 初めて仮想通貨を購入するならCoincheck

今回は、仮想通貨の購入方法について解説してきました。

仮想通貨を購入するならまずは取引所に登録しましょう。

初めて仮想通貨を購入するならCoincehckがおすすめです!

Coincheckで仮想通貨を購入する

 

【2020年最新】仮想通貨投資に挑戦したい初心者向けに、仮想通貨オタクが最低限の知識から運用までをわかりやすく解説します!この記事では仮想通貨初心者でも安全に取引できる方法や、少しでも投資の勝率を上げる方法を知ることができます。