アメリカの消費者金融保護局(CFPB)は、リップル社(Ripple社)の技術及び仮想通貨XRPには送金業界の透明性を高める可能性があると発表した。

今回の同保護局の発表により、仮想通貨XRPはこれまで以上に世界中から注目を浴びる可能性が高い。

リップル社技術及び仮想通貨XRP、さらなる飛躍へ

今回アメリカの消費者金融保護局(Consumer Financial Protection Bureau: 以下CFPB)は、国際送金に焦点を当てたレポートを発表した。

その中でリップル社(Ripple社)の技術及び仮想通貨XRPにも言及している。

米メディアの報道によると、当該レポートでは以下のように述べられているという。

「リップル社技術の採用を拡大することにより、銀行や金融機関が国境を越えた送受金を行う際、その取引の正確度を高めることつながる可能性がある。また、取引の透明性を高めることにもつながるだろう。」

CFPBのレポートについて、リップル社(Ripple社)の法務顧問であるStuart Alderoty氏は、以下のように言及した。

米メディアによると、ここ数ヶ月、金融機関と消費者の間のトラブルは増加傾向にあり、2020年4月の間にCFPBに寄せられた苦情は42,774件にものぼり、これは前月比で約15%もの増加だという。

リップル社の提供する仮想通貨XRPを用いれば、より安価かつ迅速に国際送金を行うことが可能となる。

リップル社の活躍は、今後ますます世界中で拡大していくかもしれない。

\無料アプリを使って/

仮想通貨のニュースを逃さずチェック

すでにdiscordをお持ちの方はこちら!

コインオタクの公式Twitterアカウントはこちら!