大物トレーダーらの約50%は仮想通貨市場は「強気市場」の真っ只中にあると考えている。

彼らは、2020年内にはビットコインの価格は約23000ドルにまで上昇すると考えている。

大物トレーダーの約5割が仮想通貨は「強気市場」にあると回答

サンフランシスコに本拠地を置く取引所クラーケンは400人のVIP仮想通貨トレーダーに向けてアンケートを実施した。

この回答者ら400人のうち、41%が「投資家」、40%が「仮想通貨トレーダー」、15%が「機関」である。

回答者のうち11%は約1000万ドルから5000万ドルを管理していて、6%は500万ドルから1億ドルを管理しているとクラーケンは発表している。

この調査書によると、回答者のうち44%は仮想通貨の市場は「強気市場」の真っ只中にあると考えている。

その一方で、回答者の約34%は現時点では「不明」であると答え、22%が「弱気市場」であると回答している。

そして金曜日にはこのVIPクライアントについてはこのように説明している

クラーケンインテリジェンスは社内の研究専門家チームで、今年1月に世界中の400人のクライアントを調査し、2020年の仮想通貨に対する彼らの期待が感じられた。

また調査書では、調査回答者のビットコインの2020年平均価格目標は22,866ドルであると述べている。

クラーケンは最終的に仮想通貨業界の今後に関してはこのように述べている

これらの不確かな時期にもかかわらず、仮想通貨業界にはまだ楽観すべき多くの進歩と未来があることはこの調査から明らかです。

\無料アプリを使って/

仮想通貨のニュースを逃さずチェック

すでにdiscordをお持ちの方はこちら!

コインパートナーの公式Twitterアカウントはこちら!