リップルのCEOであるブラッド・ガーリング・ハウス氏は、現在大流行しているコロナウイルスがリップル社および仮想通貨XRPに及ぼす影響について公言した。

仮想通貨市場で絶大の支持を誇るリップルCEOがコロナウイルスの拡大に対して抱く見解について、投資家の間で大きな話題となっている。

リップル市場に一筋の光?XRP価格上昇か

ブラッド・ガーリング・ハウス氏は、コロナウイルスがXRPに及ぼす影響について以下のように述べた。

「今後、コロナウイルスによる負の影響がより大きくなるとしても、ユーザーがXRPの国際送金を行う際はこれまで同様に円滑に行えるよう最善の努力を尽くす。世界中の人々が“愛する人”に向けて、国境を越えて送金できるよう『できる限り』サービスを提供し続ける。」

同氏の力強い宣言は、リップル投資家にとっても好材料のひとつだ。

さらに、以下のように加えた。

「我がリップル社は、労働者の健康を最優先しているため、現在はリモート業務を主としている。XRPはこの(コロナウイルス流行という)重大な局面においても、引き続きユーザーにサービスを提供することが可能となっている。」

世界的なシェアを日に日に拡大しているリップル。

その勢いとは裏腹に、XRP価格は17円台を推移しており、長らく低迷が続いている。

その実用性が日の目を浴び、価格が急騰する日は訪れるのだろうか。

引き続きリップル市場から目が離せない。

\無料アプリを使って/

仮想通貨のニュースを逃さずチェック

すでにdiscordをお持ちの方はこちら!

コインオタクの公式Twitterアカウントはこちら!