ハイパーインフレに苦しむレバノンで、ビットコインはあらゆる面で救世主的存在である。

債務残高を多く抱える国が世界で増える現状で、仮想通貨の数学に支えられた価値の安定は特別な意味を持つだろう。

レバノンでビットコインが希望に

レバノンでの債務不履行(デフォルト)危機が迫る中、ハイパーインフレに苦しむ市民は、ビットコインに救いを求めている。

レバノンは中東の小国で、サウジアラビアとイランの覇権争いの中で社会不安が増し、経済不振から財政悪化による債務不履行の危機が迫っている

10年以上に及ぶハイパーインフレの中、外貨使用には当然厳格な規制が及んでいる。

ますます、お金が回りづらくなる悪循環に苦しむレバノン市民にとって、希望の光はビットコインである。

ビットコインによる送金取引は、レバノン経済の救世主になりうる。

ビットコイン成長の要因に

レバノンのビットコイントレーダーは、ビットコイントレードによる利益も享受するが、それ以上にレバノンポンドの危機へのヘッジとしてのビットコインに感謝している

理由は、資産をビットコインで保有することで、ハイパーインフレから離れることができたからだ。

実際、ビジネスの決済にもビットコインを望む人が急増している。

さらには、国などの規制の少ないビットコインに目を向ける人は指数関数的に急増した。

「数学によって保護されているビットコインと、政府に保護されている法定通貨(フィアットカレンシー)のどちらを信じるのか?」

あるトレーダーのこのコメントが象徴的である。

レバノンの現在の状況は、ビットコインが大きな成長を遂げる要因となりうるだろう。

\無料アプリを使って/

仮想通貨のニュースを逃さずチェック

すでにdiscordをお持ちの方はこちら!

コインオタクの公式Twitterアカウントはこちら!