金融庁が仮想通貨取引のレバレッジ規制を2倍まで

金融庁は、仮想通貨取引のレバレッジを2倍までとする方針を固めた。

レバレッジとは、少額の元手でも多額の売買ができる証拠金取引の倍率のことであり、以前は自主規制ばかりで国が定めた明確なルールは存在していなかった。

レバレッジを2倍まで規制する意図としては、過度な投機や激しい価格の上昇下落による損失リスクを抑えるところにあるとみられている。

レバレッジの上限を2倍と定める案について月内にも意見公募にかけ、今春にも施行するようだ。

\無料アプリを使って/

仮想通貨のニュースを逃さずチェック!

すでにdiscordをお持ちの方はこちら!

コインオタクの公式Twitterアカウントはこちら!