Bakktがビットコインカストデイサービスの提供を遂に開始

Bakktの公式発表よると、Bakkt独自のビットコインカストデイサービス(投資家の代理人として、ビットコインの保管・管理等を行う業務サービス)を、すべての機関・すべての人々が利用できるようになった。 

このカストデイサービスは、「Bakkt Warehouseと呼ばれる完全にBakkt独自で展開するサービスだという。 

Bakkt Warehouse」は、既にニューヨーク金融当局からカストデイサービス提供の承認を受けている。 

Bakttは現在、世界中で唯一現物引き渡しビットコイン先物取引を行う認可を得ている企業であるため、そのような企業がカストデイサービスを正式に提供できるようになるのは、世界的にも快挙といえるだろう。 

この発表以前にBakkt独自のビットコインカストデイサービスを利用できたのは、特別な契約を締結している一部のクライアントのみだった。 

しかし今後、Bakktカストデイサービスをすべての利用者が受けられるようになることで、Bakktにとって新規投資家の参入や既存投資家の投資業務簡略化などのメリットが期待される。 

Bakktはビットコイン先物取引サービスのスタート以降、ビットコイン相場に多大なる影響を与えており、今回のニュースも、ビットコイン価格を中長期的に見ていく上での好材料となるだろう。

Bakktのビットコイン取引量は順調に高水準を維持しており(参照元)、ますますの飛躍に期待が高まる。

最近のビットコイン(BTC)価格は、良くも悪くもBakktの動向に影響を受けやすい傾向にあるため、引き続きビットコイン市場及びBakktの動向から目を離せない。

\無料アプリを使って/

仮想通貨のニュースを逃さずチェック!

すでにdiscordをお持ちの方はこちら!

コインオタクの公式Twitterアカウントはこちら!