中国政府主導、ビットコイン歓迎ムード高まる

中国では、習近平国家主席による「本格的なブロックチェーン技術導入促進」の発表以降、ビットコインやブロックチェーンへの歓迎ムードが非常に速い速度で高まっている。

以前はビットコインを含むあらゆる仮想通貨取引が禁止されていたにも関わらず、現在では政府も民間も態度を急変させ、ビットコイン(BTC)やイーサリアム(ETH)の利用促進やその基盤となるブロックチェーン技術の流通を目論む動きが活発化している。 

ブロックチェーン・ビットコインに対する批判への取り締まり強化 

現在、中国ではブロックチェーン・ビットコインに対する否定的な発言や批判的な記事などを厳しく検閲している。 

習近平国家主席のブロックチェーン技術に関する強気のスピーチに続き、中国では、ブロックチェーンやビットコインに関連するニュースは、全国のテレビ、新聞、ウェブサイトなどで広く取り上げられている。

「ブロックチェーン技術やビットコインは詐欺だという記事は現在禁止されている」と、著名TwitterユーザーであるCnledgerが報告しているように、中国国内ではブロックチェーンやビットコインに対して批判的な意見にはすべて「このコンテンツは違反のため視聴できません」というメッセージが表示され、閲覧できないようになっているようだ。 

ブロックチェーンとビットコインの教育コース利用を半強制的に 

習近平国家主席のあらゆる思想を国民に教育するために設計された中国のアプリ「Xuexi Qiangguo」では、現在、ブロックチェーンとビットコインに焦点を当てた学習コースを提供し、利用を推奨している。

Xuexi Qiangguoは、1億人以上のアクティブユーザーがおり、「中国で最も使用されているアプリケーション」と称される。

同アプリのブロックチェーン及びビットコインの学習コースは、有名大学の教授が多数監修に携わるなど、全国の有識者も巻き込んだ設計となっている。

ビットコイン大国へと走り出した中国 

あらゆる面でブロックチェーン技術やビットコインの促進を進めていく中国。

人口14億人を抱える中国のビットコインに関する取り組みは、ビットコイン価格にも大きな影響を与える。

中国がビットコインの利用促進をますます強めれば、世界的に仮想通貨の実用性がより一層高まるだろう。

\無料アプリを使って/

仮想通貨のニュースを逃さずチェック!

すでにdiscordをお持ちの方はこちら!

コインオタクの公式Twitterアカウントはこちら!