仮想通貨関連のマネーロンダリング問題視強まる

大手取引所Bitfinexと強い関わりもつ金融サービス企業Crypto Capital社の代表を務めるイヴァン・マヌエル・モリナ・リー氏が、マネーロンダリングの容疑でポーランド警察当局によって逮捕された。 

ポーランド紙によると、リー氏は国際麻薬組織の構成員でもあり、Bitfinexを利用してマネーロンダリングを行っていたとみられる。 

Crypto Capital社は、Bitfinexから8.5億ドルのテザー準備金を預かっており、その資金を利用した模様。

また、KrakenBitMexなど多くの大手取引所もCrypto Capital社を利用していた。

ポーランド警察当局は「マネーロンダリングの総額が8.5億ドルにまでのぼるのは、ポーランドでは史上最大規模である。」と説明した。 

なお、この被害による、ビットコイン含む仮想通貨の価格への影響は現段階では見られていない。

\無料アプリを使って/

仮想通貨のニュースを逃さずチェック!

すでにdiscordをお持ちの方はこちら!

コインオタクの公式Twitterアカウントはこちら!