Facebook CEOのマーク・ザッカーバーグ氏の上院公聴会で、ノースカロライナ州の共和党議員テッド・バッド氏は、ビットコイン(XRP)、イーサリアム(ETH)、リップル(XRP)は「事実上」の仮想通貨であるが、Libraを仮想通貨と認めることはできないとの見解を述べた。

これはLibraにとっては頭の痛いニュースだが、議員自らビットコイン・イーサリアム・リップルの有用性に言及した点については、非常に明るいニュースと捉えられる。

なぜビットコイン・リップル・イーサリアムのみを「事実上」の仮想通貨と述べたのか

バッド氏は、なぜビットコイン・イーサリアム・リップルのみを「事実上」の仮想通貨であると主張したのかという問いに対し、以下のように説明した。

「ビットコインとイーサリアムに関する議論は、これまで幾度となくSEC(米国証券取引委員会)で行われてきた。その結果、SECのジェイ・クレイトン会長は『ビットコインとイーサリアムは証券ではない』と述べている。それを受けて、これらの通貨を事実上の仮想通貨だと認めることが可能になった。」

「リップルはしばしばオープンソースではないという意見も聞く。しかし、ISCライセンス(Internet System Consortiumライセンスの略でパーミッシブ・ライセンスのひとつ)の下で機能していることを踏まえると、リップルは十分にオープンソースだと言える。そのためリップルも事実上の仮想通貨であると述べたに過ぎない。」

「事実上」の仮想通貨として名前が挙がったこれら3つの仮想通貨に対し、Libraは十分にオープンソースな通貨と定義できないため、仮想通貨として認めなかった模様だ。

Libraへの監視が拡大する一方、ビットコイン・イーサリアム・リップルが「事実上」の仮想通貨だと明言されたのは、明るいニュースだ。

これら3つの仮想通貨の長期トレンドに対する投資家の信頼が高まることも期待できる。

FacebookがLibra発行に向けてもがき苦しむ中、時価総額ランキング上位3位までを独占する通貨たちは、仮想通貨としての地位をますます高めていく。

\無料アプリを使って/

仮想通貨のニュースを逃さずチェック!

すでにdiscordをお持ちの方はこちら!

コインオタクの公式Twitterアカウントはこちら!