ニューヨーク州金融サービス局(NYDFS)は、仮想通貨取引所認可(通称ビットライセンス)の基準を見直すと発表した。

ニューヨーク州のビットライセンスはアメリカ全州で最も厳しいと言われており、緩和される可能性が高い

ニューヨーク州金融サービス局、仮想通貨取引所認可の基準緩和検討

ニューヨーク州金融サービス局(NYDFS)は、仮想通貨取引所認可(通称ビットライセンス)の基準を見直すと発表した。

NYDFSのレースウェル長官は「ビットライセンス制度の導入以降、取引所業界がどのように成長し、成熟したかを見直す良い機会だ」と語った。

ニューヨーク州のビットライセンスは、アメリカ全州で最も厳しいと言われている。

例えば、大手仮想通貨取引所のKrakenやBittrexはニューヨーク州のビットライセンスを獲得できず本拠地を移動せざるを得なくなった。

規制緩和によって、米金融の本拠地ニューヨークの仮想通貨取引所は更に盛り上がることが予想される。

ただし、具体的な見直しの期間については語られておらず、今後の動きに注意する必要がある。