仮想通貨に対して否定的な国が多数

インド財務大臣のニルマラ・シタラマン氏は、国際通貨基金と世界銀行の年次総会で、多くの国々が仮想通貨に対して否定的な姿勢をとっていたことを報告書にて公表した 

シタラマン氏は以下のように述べている。

「多くの国々は、仮想通貨の導入に対して消極的であるとともに、非常に注意深くなっている。一部の国は仮想通貨の一切の使用の禁止を総会で提案していた。」

インドはこれまでもビットコイン含む仮想通貨に対して否定的な立場をとってはいたものの、インド財務大臣が自ら仮想通貨への懸念点を表明したのはこれが初めてである。

インド規制当局は、今後も仮想通貨に対して慎重な姿勢を継続する構えだ。 

また、シタラマン氏は、最近発表されたG7の仮想通貨に関する報告書の内容を踏まえたうえで、 以下のように述べた。

「実際、仮想通貨には様々なメリットが存在しているのも事実である。しかし、仮想通貨に関して世界的に前進するためには、全員が課題について話し合うことも重要だ。だからこそ、皆が慎重に議論に臨んでいたのだろう。」 

シタラマン氏が述べたように、仮想通貨が世界的に前進していくためには、一部の国のみでなく、国際機関や幅広い国家間での協力が欠かせない。

今後も仮想通貨について、国際的な場で積極的な議論が行われることに期待したい

\無料アプリを使って/

仮想通貨のニュースを逃さずチェック!

すでにdiscordをお持ちの方はこちら!

コインオタクの公式Twitterアカウントはこちら!