イギリスが合意なしにEUを離脱することになればビットコインなど仮想通貨は上昇するだろうと英取引所CEOが述べた。

背景には英ポンドの信用不安が高まり仮想通貨に資金が流入することや独自に定め直す規制がゆるくなることへの期待がある。

ビットコインなど仮想通貨にとってハードブレグジットは上昇要因

イギリスの合意なきEU離脱(ハードブレグジット)はビットコインなど仮想通貨の価格を上昇させる要因になるだろうとの見方を英取引所クリプトメイトCEOのウィリアム・トーマス氏が示した。仮想通貨メディアBitcoin.comが伝えた

週末に開かれたイギリス議会は、政府がEUと合意した離脱条件を承認するかどうかの採決を見送り、ボリス・ジョンソン英首相は10月31日だった離脱期限の延期をEUに申請することになった。

しかし、ジョンソン首相は「EUと再交渉するつもりはない」と強硬姿勢を崩しておらず、トーマス氏はハードブレグジットの懸念が再燃したと見る。

氏はこれにより仮想通貨が上昇するかもしれないと考えている。

「ポンド安が起き、(信用不安が大きい)法定通貨から仮想通貨への逃避が起きる」のがその理由だ。

また、ブレグジットは、仮想通貨に厳しい規制を課してきたEUの干渉を受けずにイギリスが仮想通貨規制を緩和する機会になる。

規制の緩和は参加者の増加を促し、仮想通貨市場を拡大することになるとトーマス氏はにらんでいる。

ただし、「英ポンドで行われている取引は少なく、市場は予想しているような大きな影響を及ぼすことはないだろう」とトーンを抑えている。

 

\無料アプリを使って/

仮想通貨のニュースを逃さずチェック!

すでにdiscordをお持ちの方はこちら!