リップル(XRP)は上下に激しく変動

13日14時現在のリップルの価格は0,262ドル28.34円、前日同時刻比で-0.05%の下落となった。

16日午前五時に白ライン0.26ドル28.03円を下回り、青ライン0.2515ドル27.21円までの下落も危ぶまれた。

しかし17日午前5時に上昇、再び白ライン0.26ドル28.03円以上に価格をマークさせた。

(参考 TradingViewのXRPUSDチャート 1時間足)

上述の通り白ライン0.26ドル28.03円周辺で価格が上下している。傾向がつかめるまでポジションを取るのは避けたいところだ。

  • 上昇のシナリオ

上昇のシナリオとしては白ライン0.26ドルまでの到達に注目である。

オレンジライン0.267ドル28.84円~青ライン0.2515ドル27.21円間でのレンジ相場は意識されているように感じる。

その上軸であったラインの白ライン0.26ドル台を上回っている。

一度ここに値を落ち着かせてからオレンジライン0.267ドル28.84円までの上昇は十分にあり得るだろう。

  • 下降のシナリオ

下降のシナリオとしても白ライン0.26ドルでの価格推移に注目である。

白ライン0.26ドルを実体で下回った場合青ライン0.2515ドル27.21円までの下降は十分に考えられるだろう。

ここに記載された見解は著者のものであり、必ずしもコインオタクの見解を反映するものではありません。すべての投資にはリスクが伴うため、意思決定の際には独自に調査を実施する必要があります。

\無料アプリを使って/

価格の変動を素早くチェック!