リップル社のプロジェクトの1つであるXpringが10億XRPをcoilに支援した。

この支援によりXpringは、coilのプラットフォームをより成長させることでXRPの有用性を高め、Interledger Protocol(ILP)の採用を促進し、ビジネスモデルを確立する狙いがあるとみられている。

リップル社が約400億円を支援

リップル社のプロジェクトの1つであるXpringは、リップル元CTO(最高技術責任者)が設立した会社であるcoilに10億XRP(400億円)もの助成金を支援したとcoilの公式Twitterで報告した。

coilはこの10億XRPを使用してクリエイター、開発者、企業、非営利団体のエコシステムを構築しようと考えているようだ。

また、Xpringの副社長であるEthan Beard氏は、「XRP-Coilとチームの旅をサポートできることを嬉しく思う」と共に行動できることに喜びの声をあげていた。

Xpringは、この支援によってcoilのプラットフォームをより成長させることでXRPの有用性を高め、Interledger Protocol(ILP)の採用を促進し、ビジネスモデルを確立する狙いがあるとみられている。

リップルにとって、この支援金は幸と出るか凶と出るか。

これからの動向を見守っていきたい。

\無料アプリを使って/

仮想通貨のニュースを逃さずチェック!