今、歴史は新たに動こうとしている。

「あたりまえ」が「過去」に変わる瞬間。

いつの時代にも、既存の政府や社会制度に苦しみもがき、すべてを覆すべく勇敢にも立ち上がり、同志を抱く仲間を引き連れ、新しい時代を切り拓く人間が存在してきた。

その時代の権力者は彼らを何と呼ぶか。

「反逆者」

奴隷制度と暴力的な圧政による人間の支配は、何千年もの歴史をもつ。

その時代の王や支配者は、経済的利益と政治的権力のために、人間から「自由」を奪い続けた。

非力で健気な人間たちは、自分が「自由な存在」だと思い込む以外の手段も知らずに・・・。

File No.001 スパルタクス

紀元前73年に奴隷制に苦しむ剣闘士を率いて、ローマ支配から新たな「自由」を切り拓いた「反逆者」。

スパルタクスは現代では「古代のロックスター」かのように描かれているが、実は彼は人生の大半をローマ国家の奴隷として過ごしている。

ローマ支配に立ち向かう決意をしたスパルタクスは当初、台所の道具だけで武装し、剣闘士養成所から脱出した。

その後、十数万の剣闘士を引き連れてローマ軍団を打ち破りイタリア半島を席巻。

12万人もの軍隊を何もないところから集め、世界で最も強力な帝国に挑戦した彼の伝説は、政治的搾取と経済的抑圧の重い手の下で苦しんでいる多くの人々のインスピレーションとして働き続けてきた。

彼は「勇気」で新たな時代を切り拓いた。

File No.002 ロビンフッド

14世紀のイギリスで、腐敗した宗教政治指導者から国民の「自由」を切り拓いた「反逆者」。

腐敗した政治指導者に虐げられる日々に我慢ならなかった彼は、圧政に苦しむ仲間を率いて立ち上がる。

貴族や聖職者の富を奪い、貧しい人々を救い続けた。

自分自身も貧しい身分だったものの、当時の曲がった権力と戦うべく勇敢にも立ち上がった彼の姿は、今なおイギリス国民に愛され続けている。

彼は「愛」で新たな時代を切り拓いた。

File No.003 ガンジー

19世紀後半にインドに存在した理不尽な法律である「塩法」から国民の「自由」を切り拓いた「反逆者」。

「塩法」では、当時インドを植民地化していたイギリス政府が、塩の専売を行うことが合法となっていた。

塩法に抗議しようと立ち上がったガンジーは、ボランティアを0から集め、海から村まで240マイル歩いて海水を持ち帰り、塩を作った(のちに塩の行進と呼ばれる)。

ガンジーによる、大勢のボランティアの仲間を率いた大規模な抗議は、インドの独立にもつながった。

ガンジーは「非暴力」で新たな時代を切り拓いた。

File No.004 ヴィヴィアン・ケレムス

1950年ごろ、米国連邦政府と戦い、不当な源泉徴収制度から「自由」を切り拓いた「反逆者」。

ヴィヴィアン・ケレムスは、従業員から源泉徴収税を徴収することが違憲だと主張し続けた。

彼女は、裁判所が源泉徴収制度の合憲性を裁定できるよう、連邦政府に自分自身を起訴するよう要求した。

しかし、政府は彼女の要求を断固拒否し、源泉徴収制度を貫き続けようと試みたのである。

ケレムスは、生涯をかけて当時の不義な政府と戦い続けた。

ヴィヴィアン・ケレムスは「不屈」で新たな時代を切り拓いた。

New File サトシ・ナカモト

2008年、電子通貨ビットコインを発明し、極端な経済不安とがんじがらめの既存の銀行から「自由」を切り拓こうとしている新たなる「反逆者」。

サトシ・ナカモトはいまだに謎だらけな存在だ。

個人なのか組織なのか、本名なのか、国籍はどこなのか。

すべてが謎に包まれているが、だからこそおもしろい。

彼は、「非中央集権的(decentralized)」な仕組みを創り出すことによって、今なお、中央集権的な現代社会の仕組みを根本から覆そうとしている。

サトシ・ナカモトは、ビットコインプロトコルを介して世界初の分散型かつ安全な暗号通貨を作成およびリリースした。

なぜ彼はビットコインを創り出したのか

その理由を暗号化し、ジェネシスブロックにハッシュして、以下のように伝えている。

「イギリスの財務大臣が二度目の銀行救済の瀬戸際にいる。」

彼は、政府によるたび重なる経済への介入や、激動の時代に存する世界中の銀行と政府の無責任で無謀な金融政策に対して言及したのだろう。

サトシ・ナカモトが「現在の中央組織を介したあらゆるネットワークに対し、大いなる不信感を抱いていたこと」は明確に読み取れる。

また、サトシ・ナカモトのその他の論文には「trust(信用)」という単語が多くみられる。

現在の社会システムから享受している恩恵は、私たちを必ずしも「自由」へと導いているとは限らない。

中央組織を介するのではなく、人間同士の「trust」から成り立つ、分散した世界へ。

サトシ・ナカモトは私たちが歩み進んでいくべく道標を提示したのだ。

サトシ・ナカモトは「知識」で新たな時代を切り拓いていく。

これからを生きていく私たち

政府があり、銀行があり、法定通貨がある。

今を生きる私たちはこの社会を、「あたりまえ」だと錯覚し、自分は「自由」だと信じ込んでいる。

現代を生きる「知識」の反逆者が創り出した新たな時代の「自由」への架け橋を、私たちはさらに強固な橋へと深化させていく責任がある。

あなたも「反逆者」になりませんか?

\無料アプリを使って/

仮想通貨のニュースを逃さずチェック!