インドで仮想通貨を禁止する法案の議論が進められていると複数メディアが報じた。

中国を上回る成長が予想されるインドで仮想通貨が禁止されれば、市場の成長にとって大きなマイナス要因となるかもしれない。

インドでビットコインなどの仮想通貨を禁止する議論が高まっている

2027年に中国を抜いて人口世界一になると予想されているインドで、ビットコインなどの仮想通貨を禁止する法案の議論が進められていると仮想通貨メディアNews BTCが報じた

最初に法案をリークしたのはブロックチェーン技術を専門とするバルン・セティ弁護士だ。

彼がリークした法案には、仮想通貨取引をした人には罰金または最大10年の禁固刑が科せられると記載されており、厳しい取り締まりが予想される。

確かに、彼のリークした法案が必ずしも正しいとは言い切れないものの、政府および省庁間では仮想通貨禁止に向けた議論が進められているとインドの英字紙The Economic Timesが4月に報じている。

つまり、もし法案が本物であるならば可決される可能性は大きいのだ。

さらには、規制厳格化が予想されることによる影響は既に現れている。

例えば、CoinonmeKoinexなど複数の大手仮想通貨取引所は閉鎖を決め、100万人以上に影響が出ている。

現時点だけを切り取れば、仮想通貨の取り扱いを規定する法律がないため仮想通貨を禁止していないとの財務大臣の発言もあるが、今月23日にも省庁間委員会が法案を提出することになっており、今後の流れは規制強化へ向かうと見られる

研究機関オックスフォード・エコノミクスが出した報告書によると、2035年までにGDPが急成長する都市トップ10をインドが独占しており世界経済におけるインドの存在感は非常に大きくなっていくことが予想されている。

そのような高い可能性を秘めた国で仮想通貨が発展しないことは、市場の成長を鈍らせるマイナス要因となるだろう。

 

仮想通貨のニュースを逃さずチェック!

コインオタクではアプリ上でも、仮想通貨の速報ニュースをかかさず配信しています!

もちろん無料で使用することができ、全てのニュースを簡単に見ることができます!

さらにアプリ内では、投資に必要な知識から高度なテクニカル分析まで配信中!

 

\無料アプリを使って/

仮想通貨のニュースを逃さずチェック!