リブラ協会のパートナーでもあるアンカレッジ社にVISAが大型出資

クレジットカード大手のVISA社は、ブロックチェーン・キャピタル社の主導によりアンドリーセン・ホロウィッツ社と共同で機関投資家向けの仮想通貨管理サービスを手がけるアンカレッジ社に4000万ドルを投資したことがわかった

アンカレッジ社の共同創業者で社長のディオゴ・モニカ氏は「VISAの出資はアンカレッジだけでなく、業界全体にとって有益なものだ」とVISAの仮想通貨に対する姿勢に賛辞を送った。

VISA、アンドリーセン・ホロウィッツ社、アンカレッジ社の3社はいずれもフェイスブックの仮想通貨「リブラ」プロジェクトに参画しており、プロジェクトを運営するリブラ協会のメンバーを務める予定だ。

アンカレッジ社は今回調達した資金をリブラを含む全てのデジタル資産に対応していくために使うとしている。

VISA社は以前から仮想通貨業界に高い関心を向けており、3月には仮想通貨を含むフィンテック分野のプロダクトマネージャーを募集していた

また、アメリカで大手取引所を運営するCoinbase社からは仮想通貨決済が可能なVISAデビットカードが発行されている

大手カード会社の仮想通貨業界への鮮やかな一手から目が離せない。

 

仮想通貨のニュースを逃さずチェック!

コインオタクではアプリ上でも、仮想通貨の速報ニュースをかかさず配信しています!

もちろん無料で使用することができ、全てのニュースを簡単に見ることができます!

さらにアプリ内では、投資に必要な知識から高度なテクニカル分析まで配信中!

 

\無料アプリを使って/

仮想通貨のニュースを逃さずチェック!