リップル(XRP)は40円台突入の大幅上昇

14日16時のリップル(XRP)価格は0.382ドル(41.92円)。前日同時刻と比べて+14%の価格上昇となっている。

仮想通貨市場全体が盛り上がりを見せる中、リップルはなかなか価格を伸ばすことが出来ずにいた。

しかし本日の9時頃から大きく上昇を始め、レジスタンスとなっていたオレンジライン(0.331ドル:37.08円)を大きく超えた。

その後は黒ラインで一時上昇が止まるも、次の上昇で2019年高値となる紫ライン(0.405ドル:44.44円)手前まで上昇した。

(参考 TradingViewのXRPUSDチャート   1時間足)

かなり強い上昇トレンドが続いていることから、今後は押し目をつけながら上昇していくことが考えられる。

  • 上昇のシナリオ

かなり大きく上昇したので、一時的な下落が見込まれる。

しかし黒ラインでしっかりと止まることが出来れば、次は紫ラインを突破することが出来るであろう。

そこを突破することができれば、12月高値の0.465ドル(51.05円)や節目の50円まで上昇することが見込まれる。

  • 下落のシナリオ

先ほども説明したように一時的な下落が見込まれるが、ここからいきなり大暴落というのは考えにくい。

しかし重要ライン(現在では黒が一番明確なサポートライン)を割ることがれば、一気に下落することが考えられる。

そのラインは現在のところ明確になっていないが、ここからチャートのカタチを形成ししていくであろう。

 

ここに記載された見解は著者のものであり、必ずしもコインオタクの見解を反映するものではありません。すべての投資にはリスクが伴うため、意思決定の際には独自に調査を実施する必要があります。