​SBIバーチャルカレンシーズがビットコインキャッシュの取り扱いを廃止

​SBIバーチャル・カレンシーズ(SBIVC)は、今年6月下旬で仮想通貨ビットコインキャッシュ(BCH)の取り扱いを廃止するとプレスリリースで発表

取り扱いを廃止する理由には、以下の3つの理由が挙げられる。

①BCHの時価総額が大幅に減少したこと​。

②その結果、51%攻撃が実施され次に生成されるブロックの記録に不正な取引を配信する可能性が高まっており、ブロックチェーンの安全性に疑義が生じていると判断したこと​。

③さらなるハードフォークが行われ、価格が大きく下落する可能性を完全には否定できないこと​の3つを挙げている。

③の理由からもわかることだが、この廃止は先日のビットコインSVがバイナンスに上場を廃止された影響を強く受けているのであろう。

またBCHの返還には、以下の2つの方法がある。​

①4月下旬を目処に、SBIVCの顧客自身によるBCHの売却を通じた換金の開始​。

②5 月下旬を目処に、SBIVCの客​が管理する当社指定ハードウエアウォレット(CoolXWallet)へ送金


バイナンスやSBIVCのように、これからも仮想通貨取引所ではプラットフォームの健全化が進んでいくことが考えられる。