ニューヨーク州金融サービス局は、リップルと提携を結ぶBitstampsに仮想通貨決済業者ライセンス(ビットライセンス)を与えた。

Bitstampsはライセンスを手に入れたため、ニューヨークでxRapidを含むリップルの様々な機能を展開することができる。

ニューヨーク州がリップルパートナーにライセンスを付与

ニューヨーク州金融サービス局は、リップルと定形を結ぶBitstampsに仮想通貨決済業者ライセンス(ビットライセンス)​ライセンスを与えた。

Bitstampsは、リップルネットワークへの資金の振替を円滑にすることを目的としており、リップルと12月にパートナー契約を結んでいた。

Bitstampsはライセンスを手に入れたため、ニューヨークでxRapidを含むリップルネットワークを使用した様々なサービスを展開できるようになる。

このライセンス獲得により、決済や国際送金を始めとした、ニューヨークにおけるリップルサービスの普及が見込まれる。

ニューヨークのような経済・文化の中心的役割を担う地域での普及は、大きなブレイクスルーとなるだろう。