英銀行が、仮想通貨リップルを実際にヨーロッパやアメリカなどでの国際送金に利用していると発表。

仮想通貨リップルの社会実装が既に始まっていることに、今後のリップルの実需拡大に期待が高まる。

仮想通貨リップルを用いた国際送金を実施している、英銀行発表

イギリスの大手銀行Santander UKは、既にヨーロッパ18カ国とアメリカにて仮想通貨リップルを用いた国際送金を実施していると、3月23日公式ツイッターにて発言

リップルを用いた国際送金が実際に始まっている。

このニュースは、現行の国際送金システムよりもリップルが優れていることを実験・検証示すための準備が整ったことを示している。

このSantander UKの実装が実際に機能すれば、今後リップルの利用は大きく広がっていくことだろう。

現行の高すぎる手数料から脱却し、社会が更に前進していくのか、非常に注目の集まる社会実装と言えるだろう。