​Googleは、仮想通貨周辺のサービス提供に尽力している。

このような、ユーザーが最も仮想通貨との接点を持ちうるGoogleのサポートは、今後の発展に必要不可欠と言えるだろう。​

Googleが仮想通貨を徹底サポート

Googleは毎日35億件、1年で1兆2000億件を超える検索を実行しており、世界で最も広く使用されている検索エンジンを運営している会社である。

そのGoogleが、ユーザーのニーズを捉えた上で、仮想通貨に関連するサービスを打ち出している。

例えば、ビットコインやビットコインキャッシュなどの通貨の名前を打ち込むと、円との変換ツールを使用することができる。

また、Googleのキーボードツールではビットコインのシンボルマークを打つことができる。

なおiPhoneのキーボードにはその機能はついていないため、Googleが仮想通貨を認めていることがよくわかるワンシーンとなっている。

​さらにGoogle Cloud開発者であるAllen Day​氏は、誰がブロックチェーンを使用しているのか、そしてどのように使われているのかに焦点を当ててデータを全て一般公開している。The Blockは報じた。

公開されているデータの中にはビットコインやイーサリアムなども含まれており、仮想通貨関連会社は意思決定をするうえで利用することができる。

このようにGoogleは、様々なポイントで仮想通貨をサポートしている。

ユーザーが最も仮想通貨との接点を持ちうるGoogleのサポートは、今後の発展に必要不可欠と言えるだろう。