仮想通貨モナコインを盗んだのは18歳の少年

仮想通貨モナコインを管理するサービス「Monappy」から約1500万円分のモナコイン(MONA)を盗んだとして、宇都宮市の少年(18)を電子計算機使用詐欺の疑いで書類送検したと、警視庁が発表した。

仮想通貨モナコインを盗んだ際にはサイバー攻撃が用いられ、犯行は昨年8月から9月のサービス停止中に実行されていた。

当時サービスには欠陥が存在しており、隙を突いて外部の口座に不正に送金させたようだ。

仮想通貨の流出事件が起こったのは今回が初めてではない。

記憶に新しいものでは、昨年1月に起きたCoinCheckの約580億円相当のNEM流出事件、同年9月に起きたZaifの約70億円相当の仮想通貨流出事件がある。

これらの事件はいずれも犯人は特定できておらず、事件は真相をつかめていないままであった。(最近の調査で、どちらの事件も北朝鮮が関与してきた可能性が浮上)

しかし今回の流出事件では、日本国内で初めて犯人の特定までたどり着くことに成功した。

流出事件自体は仮想通貨市場に良いイメージは与えない。

しかしこのような事件が解決する筋道を確立することができれば、犯罪件数も落ち着き、市場の信頼も徐々に得られるであろう。

今回の事件解決を契機に仮想通貨市場の信頼度が向上することを願うばかりだ。