リップル(XRP)は今夜にかけて山場か

13日19時現在のリップルの価格は0.315ドル(円)。前日同時刻と比べて-0.52%の下落となっている。

リップルはここまででかなり赤色の長期レジスタンスラインが意識されてきている。

しかし下値もかなり固く推移しており、かなり拮抗した状態が続いている。

(参考 TradingView XRP/USD 1時間足)

しかしながら上値ラインの意識のされ方が強いことから、相場は弱気筋と言え、今後は長期下降トレンドに従い下落する可能性が高いと見込んでいる。

下落のシナリオとしては、まずはピンクライン(②0.314ドル:34.96円)を明確に割れるかに注目である。

1時間足以上でローソク足実体で抜けることになれば、明確にラインを割れたとみて良いであろう。

その場合は青ライン(①0.305ドル:33.91円)まで下落する可能性が高くなる。

上昇のシナリオとしては、まずは赤の長期レジスタンスライン(④)をブレイク出来るかに注目である。

そのラインをブレイクすることができれば、次は黄緑ライン(③0.318ドル:35.35円)・オレンジライン(⑤0.324ドル:36.07円)と順に上昇していくであろう。


値動きが小さくなってきていることからも、今夜から明日にかけて大きく値動きする可能性がある。

大幅な価格変動には注意したい。


ここに記載された見解は著者のものであり、必ずしもコインオタクの見解を反映するものではありません。すべての投資にはリスクが伴うため、意思決定の際には独自に調査を実施する必要があります。