世界最大級のコンピュータ会社であるIBMは、パートナーである投資会社Shuttle Holdingsを通じて仮想通貨とトークンの保管サービスを開始した。

Shuttle Holdingsの最高投資責任者であるBrad Chun氏は、この仮想通貨保管サービスは効率とセキュリティがともに最高レベルであり、安心で使いやすいと述べている。

IBMは仮想通貨業界参入へ向け新サービスを開始

世界最大級のコンピュータ会社であるIBMは、パートナーである投資会社Shuttle Holdingsを通じて仮想通貨とトークンの保管サービスを開始した。

この仮想通貨保管サービスは、銀行や投資家、取引所などをターゲットに定めている。

Shuttle Holdingsの最高投資責任者であるBrad Chun氏は、「まだ一般公開はしていないものの、すでに今月から限定的にサービスを開始している」とCoin Deskのインタビューで語っており、間もなく全ての人がサービスを受けれることが伺える。

またBrad Chun氏は、この仮想通貨保管サービスは効率とセキュリティがともに最高レベルであり、安心で使いやすいと述べている。

もはやIBMは、仮想通貨業界参入のすぐ手前まで来ている。

IBMが仮想通貨業界に参入したというニュースで、私たちを賑わせるのもそう遠くはない未来に訪れるだろう。

IBMに限らず、Fidelityも先日仮想通貨資産管理サービスを発表しており、大手企業の市場参入が徐々に進んでいる印象を受ける。

世界最大の金融機関Fidelityが運営する暗号資産グループFidelity Digital Assetsはビットコインカストディ(資産管理)サービスの開始を発表した。現在は一部の「適切な顧客グループ」にのみ提供されている。

大企業による仮想通貨事業は知名度や信頼度の向上に大きな役割を果たすため、今後も注目していきたい。