米大手コーヒーチェーンのスターバックスが仮想通貨決済を導入すると​、米メディアBLOCKGENESISが報じた

決済には仮想通貨プラットフォームBakktが用いられる予定だ。

スターバックスが仮想通貨決済導入へ

米大手コーヒーチェーンのスターバックスが今年5月にも仮想通貨決済を導入すると​、米メディアBLOCKGENESISが報じた

決済にはインターコンチネンタル取引所の子会社、Bakktのプラットフォームが利用される。

スターバックスとBakktの提携は昨年8月に初めて報道され、その件でBakktの資産価値が大幅に上昇したとみられている。

またスターバックスは今年中にマイクロソフトとも提携し、クラウド上での仮想通貨の購入・保管と商品の購入が可能になるサービスを開始する予定だ

スターバックスのような世界中に利用者の多いサービスで仮想通貨決済が採用されれば、仮想通貨の需要は更に拡大するだろう。