仮想通貨ネムの開発・運営を行うネム財団が資金難で破綻寸前であると米メディアCoindeskが報じた。

同社はコスト削減のため、大幅な人員削減を行う予定。

もし、実際に運営団体が破綻してしまった場合には、仮想通貨ネムの価値が将来的に0円になる可能性も十分にありえるだろう。

仮想通貨ネム開発団体が資金難に 75%以上の大幅リストラの可能性も

仮想通貨ネムの開発・運営を行う非営利団体ネム財団が資金難で破綻寸前であるCoindeskが報じた

仮想通貨分析サイトCoinMarketCapによれば、ネムは現在世界18位の時価総額を誇る仮想通貨だ。

しかしその運営には過剰な広報活動などの影響により、財政難の影がつきまとう。

ネム財団の会長Alex Tinsman氏は、750万ドル分のトークンを資金として拠出するようネムコミュニティへ訴えかけた

この申請が通らなければ、最悪の場合約200人の財団スタッフのうち150人程度をリストラする予定だという。

ネムは日本国内で最もコミュニティ活動が活発な仮想通貨だ。そのため、ネムを取り扱う日本国内の取引所も少なくない。

知名度の高いネムの運営団体が破綻となれば、国内の仮想通貨市場にネガティブな雰囲気が波及してしまうだけでなく、将来的に仮想通貨ネムの価値が0円になる恐れもあるだろう。