​リップル(XRP)は緩やかな上昇を見せるもトレンド転換は遠い

​仮想通貨リップル(XRP)の価格は、13日18時時点で36.69円。前日同時刻の36.26円からは+0.17%​ほど上昇している。

しかし、直近24時間の高値​である本日13時の37.02円​から価格が反落している。またその価格も10日に発生した大きな下落以降の最高値である37.44円に届いていない。

これらの点から、この価格上昇もトレンド転換に至るほどのものではないだろう。

ここ数日の価格変動を振り返ると、安値を35.90円、高値を前述の37.44円​とするレンジの中で推移している。

ここから下落が発生した場合は、少なくとも11日の安値である35.06円までの下落が考えられ、さらなる底を探る展開になる可能性がある。

リップルは厳しい相場が続きそうだ。