​仮想通貨リップル、三尊形成で大幅下落なるか

​仮想通貨リップルの価格は、12月​29日22時で0.386ドル(42.5円)だった。前日同時刻比+8.1%の上昇となった。​

リップルは、29日0時に大幅に価格上昇したあと、その後はヨコヨコの相場が続いた。

現在、リップルは綺麗な三尊を形成しており、ネックラインを割った場合には大幅に下落する可能性がある。このネックラインは、0.325ドル(35.8円)付近である。

一時間足での三尊形成であるため、騙しの可能性も否定しきれないため、右肩の0.400ドル(44.1円)を超える場合にはショートポジションを解消すべきだろう。


​(出典:Trading View)


ネックラインを割った場合には、まず何度も意識されてきた0.280ドルライン(赤)まで落ちると考えるのが妥当だ。(0.28ドル=30.8円)

また、右肩に当たる0.400ドル(44.1円)を超えた場合には、急いでポジションチェンジの必要はなく、ヘッドである0.464ドル(51.1円)を超えたあたりから上昇相場に転換したと判断すればよいだろう。

世間は年末モードだが、リップル相場は重要な局面だ。