ビットコインは株式市場に連れ安

 FRBブレイナード氏がインフレを懸念

FRB(米連邦準備理事会)のブレイナード理事がFRB副議長就任の承認を得るために公聴会に出席しました。

今後上院からの承認がおりれば、退任することが決まっているクラリダ副議長の後任として新たにFRB副議長に就任することになります。

公聴会でブレイナード氏は、高インフレに対して非常に懸念していると発言。3月のテーパリング終了後すぐに利上げできるとし、金融引き締めを急ぐ見解を示しました。

現在アメリカのインフレ率は40年ぶりの高水準を記録しており、記録的なインフレとなっています。

早ければ3月中ばのFOMC(米連邦公開市場委員会)で利上げの決定がされるとの憶測が広がっており、仮想通貨市場は下落の相場が続いています。

テクニカル

年始から下落が続いていたビットコインは39,600ドルの安値で反発し44,000ドル付近まで上昇していましたが、45,000ドルのレジスタンスラインを目前に反落しました。

現在は42,000ドル台での推移が続いています。

高値ラインに到達できずに反落する展開となりましたが、39,600で底は固まってきているように見えます。

今後の値動きとしては、45,000ドルを突破できるかに注目しましょう。

本日の戦略

鍵
この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。
徹底サポート会員とAIシストレ会員限定の記事です。
登録して続きを読もう!
  • プロトレーダーによる毎日のBTC・ETHトレード戦略配信や限定記事が読み放題!【戦略配信:2021年上半期最低月利30%】
  • CoinPartnerオリジナルメールマガジン配信
プランの詳細を見る

アカウントお持ちの方はこちら

ログイン