イーサリアムは弱気相場を形成

ポリゴンがPlonky2を発表

イーサリアムのレイヤー2ソリューションの開発をしているPolygonは10日Twitterでイーサリアムの処理能力を向上させるための技術Plonky2を発表しました。

今回の発表で、新技術は既存のものより100倍ほど速く処理ができると説明されているplonky2は、ゼロ知識証明を活用したスケーリング技術の中で最速であると言います。

今後Plonky2の活用スケジュールはまだ不明で、今後もPolygonの開発には注目しましょう。

テクニカル

5日に3,631ドルの安値を割り込んだイーサリアムですが、現在は3,000ドル付近をサポートラインとして機能させながら底値での推移が続いています。

年始から約800ドル下落しており、日足レベルでRSIが売られすぎを示唆するなど弱気の相場を形成しています。

今後の値動きとしては3,000ドルのサポートライン付近の値動きに注目しましょう。

本日の戦略

鍵
この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。
徹底サポート会員とAIシストレ会員限定の記事です。
登録して続きを読もう!
  • プロトレーダーによる毎日のBTC・ETHトレード戦略配信や限定記事が読み放題!【戦略配信:2021年上半期最低月利30%】
  • CoinPartnerオリジナルメールマガジン配信
プランの詳細を見る

アカウントお持ちの方はこちら

ログイン