イーサリアムは続落の展開

イーサリアム創業者がガス代の改善案を提案

イーサリアムの創業者であるヴィタリック・ブテリン氏が昨日6日に、イーサリアムのガス代の削減のための提案を行いました。

イーサリアムの手数料の高騰は、長い間大きな問題として取り扱われており、ブテリン氏は「ロールアップ」によるコスト削減の提案を行っていました。

昨年8月には新しい手数料モデルのEIP-1559がロンドンハードフォークで実装されており、マイナーの手数料の一部がバーンされる仕組みができ、ETHの供給量現象により、価格が上がりやすくなると期待されていました。

そんな中今回ブテリン氏が提案したのは多次元EIP-1559と呼ぶものを実装するための2つのオプションを提示。

1つ目のオプションは現行のものより簡単な、1つのユニットのリソースを基本料金で割って計算されるもの。

2つ目のオプションは現行より複雑な、1weiなどの価格でリソースを使用するための基本料金を設定し、優先手数料はパーセンテージを設定するというものです。

今後イーサリアム2.0の実装も予定されており、手数料問題の改善に期待です。

テクニカル

12月前半からレンジ相場が続いていたイーサリアムですが、昨晩レンジ安値をブレイクし本日も約-5%の下落を記録しています。

直近は3,127ドルの安値を記録し、続落する展開となりました。

今後の値動きとしては、3,000ドル付近で買われるか注目しましょう。

本日の戦略

鍵
この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。
徹底サポート会員とAIシストレ会員限定の記事です。
登録して続きを読もう!
  • プロトレーダーによる毎日のBTC・ETHトレード戦略配信や限定記事が読み放題!【戦略配信:2021年上半期最低月利30%】
  • CoinPartnerオリジナルメールマガジン配信
プランの詳細を見る

アカウントお持ちの方はこちら

ログイン