「BITPoint(ビットポイント)の使い方がわからない...」

そのように悩んでいるのではないでしょうか?

たしかに、BITPointには様々な機能があるので、いきなり使いこなすのは難しいですよね。

でもこの記事を読めば大丈夫です!

登録方法から入出金方法、取引方法まで、画像を使いながら詳しく解説していきます!

BITPointの使い方で戸惑っているあなたのお役に立てれば幸いです!


BITPoint(ビットポイント)の特徴

BitPointのバナー


ここではBITPointの特徴を解説していきます!

BITPointの評判や口コミについて詳しく知りたい方はこちらの記事をご覧ください。↓

今回はBITPoint(ビットポイント)の評判・口コミを徹底的に調べ上げ、そこから見えるメリット・デメリットについて考察しました。みなさんが仮想通貨取引所を選ぶ際に気になるであろうポイントをピックアップしましたのでぜひ参考にしてください!

 

BITPoint(ビットポイント)のここがすごい!

  • 外貨での取引が可能!
  • MT4(Meta Trader 4)による自動売買が可能!
  • 目的によって使い分けられる4つのツール!

 

外貨での取引が可能

BITPoint(ビットポイント) 使い方

BITPOINTは国内取引所でありながら、円建てだけでなく、米ドル・ユーロ・香港ドルでの取引にも対応しています。

円安・円高に合わせて、通貨を変えて取引するという使い方もできます。

ただ、外貨での入金・出金には対応していないので注意が必要です。


MT4(Meta Trader 4)による自動売買が可能

BITPoint(ビットポイント) 使い方

BITPOINTは国内の取引所で唯一MT4というトレーディングツールを使うことができます。

そもそもMT4とは、プログラミングによって仮想通貨FXの自動売買をサポートしてくれるトレードツールです。

24時間チャートに張り付いていなくても、MT4が自動で売買してくれます。

上級者におすすめです。


 目的によって使い分けられる4つのツール

BITPoint(ビットポイント) 使い方

取引ツールおすすめな人現物取引FX特徴
BITPoint ADVANCE

初心者~上級者1画面に必要な情報が詰まっている!
おすすめ!
Meta Trader 4上級者×スマホアプリにも対応!
プラグラミングで自動売買!
BITPoint Lite初心者×スマホアプリ!
チャート確認用に!
WEB取引ツール初心者BITPoint ADVANCEよりもスッキリしている!

BITPointを使うのが初めてという方は、まずWEB取引ツールを使ってみてからBITPoint ADVANCEに移ると取引しやすいと思います。

スマホでも使えるため、外出中のレバレッジ取引などにも使えます。


BITPOINTの口座開設はこちら

BITPoint(ビットポイント)での取引方法の種類

BITPoint(ビットポイント) 使い方


BITPointの3つのサービス

  • 現物取引
  • レバレッジ取引
  • BITPoint FX

 

現物取引

BITPoint(ビットポイント) 使い方

現物取引とは、仮想通貨を実際に購入して売却するというように、「現物」を売買することです。

購入した仮想通貨の価格が上がれば儲かり、価格が下がれば損をします。


BITPOINTの現物取引で売買できる仮想通貨は5種類です。

BITPOINTの取り扱い通貨

  • ビットコイン(BTC)
  • リップル(XRP)
  • イーサリアム(ETH)
  • ビットコインキャッシュ(BCH)
  • ライトコイン(LTC)

 

非常にメジャーな仮想通貨を扱っています。

このうち、ビットコインだけ米ドルやユーロ、香港ドルといった外貨建てでの現物取引が可能です。

初心者で「仮想通貨を購入してみたい!」と言う方は、まずは現物取引をするのが良いでしょう。


BITPOINTの取り扱い通貨の特徴や将来性についてもっと詳しく知りたい方はこちらの記事をご覧ください。↓

「BITPOINT(ビットポイント)の取り扱い仮想通貨って何があるんだろう」あなたは今こう考えていませんか?BITPOINTが2018年2月にリップル(XRP)を新たに取り扱うようになったと聞いて、注目している方も多くいらっしゃると思います。仮想通貨の取引所を選ぶ時に、自分が取引したい通貨を扱っているかどうか、確認することは非常に重要です。そこで、この記事ではBITPOINTの取り扱い通貨について、一覧はもちろんのこと、それぞれの通貨の特徴や将来性についても詳しく解説していきます!BITPOINTで取り扱われている通貨の特徴や将来性がわかれば、BITPOINTで取引をすることが有利かどうかわかります!みなさんがBITPOINTの取り扱い通貨について知り、取引所を選ぶ際の参考になれば幸いです。目次BITPOINT(ビットポイント)とは BITPOINT(ビットポイント)の取り扱い通貨(取り扱い銘柄)一覧 ビットコイン(BTC) イーサリアム(ETH)リップル(XRP)ライトコイン(LTC) ビットコインキャッシュ(BCH)BITPOINT(ビットポイント)に関するQ&A BITPOINT(ビットポイント)の取り扱い通貨まとめBITPOINT(ビットポイント)とは BITPOINT(ビットポイント)は株式会社ビットポイントジャパンが運営している取引所で、2016年に設立されました。この株式会社ビットポイントジャパンは東京証券取引所市場第二部に上場している、株式会社リミックスの完全子会社です。上場会社が運営しているということで安心感を持つ方も多いかと思います。実際にBITPOINTは金融庁から「仮想通貨交換業者」の認可も受けているので安心して取引を行うことができる取引所だと言えます。BITPOINTは送金手数料が無料であったり、出金手数料が振り込み手数料のみであったりと、手数料が圧倒的に安いことで人気の取引所でしたが、2018年2月にリップルを取り扱い始めたことでより注目を集めるようになりました。BITPOINTはリップルだけではなく、主要なアルトコインも取り扱っています。早速、BITPOINTで取り扱われている仮想通貨について詳しく解説していきたいと思います。 

 

レバレッジ取引

BITPoint(ビットポイント) 使い方

レバレッジ取引とは、自分の口座の日本円を証拠金として、取引所からお金を借りることで、自己資金以上のお金を運用することのできる取引方法です。

BITPOINTでは、証拠金の2倍、5倍、10倍、25倍の資金を取引をすることができます。

なお、レバレッジ取引は現物取引ではありません。あくまで、「購入」と「売却」を家庭してセットで考えたときに差額にのみ注目する取引方法なので、仮想通貨の現物を保有することはできません。

レバレッジを書けるハイリスク・ハイリターンの投資になるので、中級者以上の方におすすめです!


>>>「仮想通貨のレバレッジ取引とは?メリット・デメリット、おすすめ取引所や儲けるポイントまで解説します!」

BITPOINT FX

BITPoint(ビットポイント) 使い方

BITPOINT FXも、レバレッジ取引と同じように最大25倍のレバレッジをかけて取引をすることができます。

レバレッジ取引との違いは2つあります。

1つ目は、円建てだけではなく、外貨でも取引できること。

2つ目は、MT4というトレードツールを利用することができることです。


レバレッジ取引や仮想通貨のFXについてもっと詳しく知りたい方はこちらの記事をご覧ください。↓

>>>「ビットコインFXとは?やり方やおすすめ取引所、勝ち方まで東大生が解説!」

レバレッジ取引とBITPOINT FXには手数料にも違いがあります。BITPOINTの手数料についても詳しく知りたい方はこちらの記事をご覧ください。↓

>>>「BITPOINT(ビットポイント)の手数料は無料?取引/入出金/送金手数料まで徹底解説!」

 

BITPoint ADVANCEの使い方

BITPoint(ビットポイント) 使い方

BITPOINT ADVANCE

  • BITPOINTでもっともおすすめなトレードツール!
  • 様々な情報が1画面に表示!
  • 現物取引・レバレッジ取引に対応!
BITPoint(ビットポイント) 使い方

まずは、BITPOINTにログインしましょう。↑

ホーム画面上の「仮想通貨取引」→「BITPOINT Advance」とクリックします。

BITPoint(ビットポイント) 使い方

これがBITPOINT Advanceの取引画面です。

様々な情報が1つの画面に詰まっていて、慣れると非常に使いやすいです。

画面上の機能は以下の通りです。

  • ①BITPOINTロゴをクリックするとホーム画面へ
  • ②現物取引かレバレッジ取引か選択
  • ③通貨ペアを選択
  • ④チャート
  • ⑤板情報
  • ⑥注文画面
  • ⑦各通貨ペアの価格情報
  • ⑧執行中の注文を確認
  • ⑨約定履歴
  • ⑩全取引履歴

なお、現物取引はBITPOINTに口座開設すれば自動的にできるのですが、レバレッジ取引をするためには、別に口座を申請しなくてはなりません。

BITPoint(ビットポイント) 使い方

右の赤枠の「申込み」をクリックして、レバレッジ取引の口座開設を申請してください。

「50万円未満」と選択すると、BITPOINTの口座開設審査に落ちてしまいます。

申込みは1分もかかりません。2~3時間後に、BITPOINTから審査結果のメールが届きます。

審査に通貨すると以下のようなレバレッジ取引の取引画面を表示することができます。↓

BITPoint(ビットポイント) 使い方


次にBITPOINT Advanceの注文画面の使い方を説明します。

3つの注文方法があります。

  • 指値注文
  • 成行注文
  • 逆指値注文


【指値注文】

BITPoint(ビットポイント) 使い方

指値注文とは、値段を指定して仮想通貨を購入/売却する注文方法です。

基本的に指値注文だけを使います。

価格を指定します。↑


【成行注文】

BITPoint(ビットポイント) 使い方

成行注文とは、そのときの価格で注文するという注文方法です。

注文が即座に必ず通るのが特徴です。

数量を指定します。↑


【逆指値注文】

BITPoint(ビットポイント) 使い方

逆指値注文とは、指値注文と逆の発想の注文方法です。

相場が予想と外れた場合に、損切りするために使われます。

使いこなすの難しいので、上級者向けの注文方法と言えるでしょう。


Meta Trader 4の使い方

BITPoint(ビットポイント) 使い方

Meta Trader 4

  • 高性能トレードツール!
  • スマホアプリ&Windows PCに対応!
  • チャート確認用にダウンロードするのがおすすめ!
  • BITPOINT FXをしたい上級者向け!

 

BITPoint(ビットポイント) 使い方

Meta Trader 4を使う際も、BITPOINTのホーム画面から申込みをする必要があります。↑

審査基準は、先ほど説明したレバレッジ取引のものと同じです。

金融資産は「50万円以上」としておきましょう。


MT4はスマホアプリとWindows PCに対応しています。

残念ながらMac OSには対応していません。

ここではスマホアプリ版のMT4の使い方を解説します。

BITPOINTに口座開設してから、以下のMT4アプリをダウンロードしてください。↓


MetaTrader 4. 通貨市場
MetaTrader 4. 通貨市場
開発元:MetaQuotes Software Corp.
無料
posted withアプリーチ


BITPoint(ビットポイント) 使い方

MT4アプリを開くと上の一番左の画面になります。↑

「新規口座開設」→「既存のアカウントにログイン」とクリックします。

一番右の画像のように、「BITPOINT」と検索して、「BITPoint-MT4 Live」をクリックします。


BITPoint(ビットポイント) 使い方

ここでは、MT4とBITPOINTの口座を提携させます。↑

左側の画像の「ログイン」と「パスワード」ですが、何を記入すればいいのか迷ってしまいますよね。

  • ログイン:BITPOINTのWEB取引サイトログイン後、上部に表示される9桁の番号
  • パスワード:MT4申込み時に自分で設定したもの

を記入します。

右の画面になったら、BITPOINTとMT4のリンクは完了です。

それでは、具体的にMT4の使い方を解説していきます。


BITPoint(ビットポイント) 使い方

この画像は、MT4アプリの基本的な機能を表しています。

  • 気配値
  • チャート
  • トレード
  • 履歴

をホーム画面からワンタッチで確認することができます。

では次にMT4での仮想通貨の取引方法を解説します。


BITPoint(ビットポイント) 使い方

ホーム画面から「気配値」をクリックし、取引した通貨ペア「BTCJPY」をクリックします。

右の画面になるので、「トレード」をクリックしてください。


BITPoint(ビットポイント) 使い方

「売・買」のボタンをクリックすればトレードを開始することができます。

一番左の画面で「ストリーミング注文」をクリックすると注文方法を選択することができます。

  • Buy Limit:指値買い
  • Sell Limit:指値売り
  • Buy Stop:逆指値買い
  • Sell Stop:逆指値売り

を表しています。また、真ん中の画像で上部の「BTCJPY」をクリックすると通貨ペアを変更することができます。


BITPoint Liteの使い方

BITPoint(ビットポイント) 使い方

BITPOINT Lite

  • BITOINTの公式スマホアプリ!
  • 現物取引がどこでも簡単にできる!
  • 初心向け!

 まずは、BITPOINT Lite(スマホアプリ)をダウンロードしましょう。↓


BITPoint Lite
BITPoint Lite
開発元:BITPoint Japan Co., Ltd.
無料
posted withアプリーチ


BITPoint(ビットポイント) 使い方

BITPOINTアプリを開くと上の画像の一番左の画面になります。

左上の「三マーク」→「ログイン」とクリックするとログイン画面になります。

ここのログインIDやパスワードはBITPOINTのものと同じです。


BITPoint(ビットポイント) 使い方

BITPOINT Liteにログインすると、チャートが表示されます。

ここでは、ログイン後に使える機能を簡単に紹介します。

  • 仮想通貨取引:現物取引のみに対応しています。
  • 資産サマリー:自分のポートフォリオを確認できます。
  • 取引履歴:自分の取引履歴を確認することができます。
  • 設定:アカウント情報などを確認できます。

次にBITPOINT Liteでの仮想通貨の購入方法を解説します。↓


BITPoint(ビットポイント) 使い方

取引したい仮想通貨を選択します。ここでは「XRP」を選択します。

次に「購入」または「売却」をクリックします。

ここでは「購入」をクリックしました。

右の画面になるので、「購入数量」と「取引暗証番号」をクリックして最後に「注文」をクリックすればリップルを購入することができます。


BITPOINTのアプリの使い方についてもっと詳しく知りたい方はこちらの記事をご覧ください。↓

BITPoint(ビットポイント)は、2つのアプリをリリースしています。1つは、仮想通貨の現物取引用で、1つはウォレット型のアプリです。この記事ではそんなBITPointの人気アプリの使い方や特徴を徹底解説します!

 

WEB取引ツールの使い方

BITPoint(ビットポイント) 使い方

WEB取引ツール

  • BITPOINTのWEB版で使えるベーシックなトレードツール!
  • 現物取引&レバレッジ取引に対応!
  • 初心者におすすめ!
  • 慣れたらBITPOINT ADVANCEへ!

 

BITPoint(ビットポイント) 使い方

BITPOINTにログインして、「仮想通貨取引」→「BITPOINT Trade」とクリックします。

するとWEB取引ツールの取引画面になります。↓

BITPoint(ビットポイント) 使い方

取引画面が見やすくシンプルなので、初心者のすすめです。

取引画面の機能を解説します。

  • ①通貨ペアを選択
  • ②現物取引、レバレッジ取引かを選択
  • ③価格情報
  • ④チャート
  • ⑤板情報
  • ⑥注文方法の選択
  • ⑦注文画面

WEB取引ツールの注文方法は3つあります。

  • ストリーミング注文:任意のタイミングでその時の価格で注文できる
  • シングル注文:もっともポピュラーな注文方法。成行と指値があります。
  • 逆指値注文:シングルの逆。損切りに使われます。
BITPoint(ビットポイント) 使い方

注文画面はそれぞれ上の画像のようになっています。↑


BitPoint(ビットポイント)の登録・口座開設方法

BITPoint(ビットポイント) 使い方

まだBITPOINTのアカウントを持っていない方はまずは登録しましょう!

BITPOINTの登録・口座開設の手順

  • Webサイトにて基本情報の入力
  • 本人確認書類の提出
  • ハガキが届いたらログイン
  • 暗証番号等の追加設定

 

Webサイトから仮登録をする際に、本人確認書類が必要になるのであらかじめ用意しておくことをおすすめします。

本人確認書類として使えるのは以下の通りです。↓

  • 運転免許証
  • パスポート
  • 住民基本台帳カード(顔写真付き)
  • 保険証関連&領収書関連(2点必要)

今すぐBITPOINTに口座開設する!

BITPOINTの登録・口座開設方法や二段階認証方法について詳しく知りたい方はこちらの記事をご覧ください。↓

BITPoint(ビットポイント)の登録・口座開設方法を画像付きでどこよりもわかりやすく解説しています。さらに、セキュリティ対策に必須の二段階認証の設定方法や、口座開設に関する疑問などについてもわかりやすく説明しています。

 

日本円の入金・出金方法

BITPoint(ビットポイント) 使い方

入金方法

BITPoint(ビットポイント) 使い方

BITPOINTには2種類の入金方法があります。

  • 振込入金
  • 即時入金

振込入金

BITPoint(ビットポイント) 使い方

ホーム画面で「入出金・振替」→「入金先口座情報」とクリックします。

自分の銀行口座から振り込む先の口座情報が表示されます。↑

ここに、振り込めば入金が完了します。


即時入金

BITPoint(ビットポイント) 使い方

ホーム画面から「入出金・振替」→「即時入金」とクリックします。

BITPoint(ビットポイント) 使い方

即時入金をするためには、

  • ジャパンネット銀行
  • 住信SBIネット銀行
  • イオン銀行

のいずれかのネット銀行の口座を持っていなければなりません。

ここでは住信SBIネット銀行を使った入金例を紹介します。

画面右側では入金額を記入します。

そして青い「確認画面」をクリックします。


BITPoint(ビットポイント) 使い方

取引暗証番号を記入してください。

そして青い「入金依頼」をクリックします。

BITPoint(ビットポイント) 使い方

ここからはBITPOINTではなくて、住信SBIネット銀行のサイトへ移ります。

「ユーザーネーム」「WEBログインパスワード」を記入します。

BITPoint(ビットポイント) 使い方

入金内容を確認して、「WEB取引パスワード」を記入します。

「スマート認証」ボタンを押してください。


BITPoint(ビットポイント) 使い方

上のような画面になるので、しばらく待機します。

BITPoint(ビットポイント) 使い方

最後に、住信SBIネット銀行のスマホアプリ側で「OK」ボタンをクリックします。

これで即時入金は完了です。


即時入金の方が銀行振込より手間がかかってしまいますが、基本的に即時入金の方がおすすめです!

即時入金はその名の通り即時に入金が完了するほか、ネット銀行によっては手数料が無料であるところもあるのでお得です!


コインオタクでは住信SBIネット銀行をおすすめしています!

詳しくは以下の記事を参考にしてください。↓

仮想通貨取引所への入金にお金をあまりかけたくないとお思いですか?あなたが普段利用している銀行ですと入金手数料がかかってしまうでしょう。そこで今回は入金手数料が無料になる住信SBIネット銀行の特徴やメリットを全て解説していきます。

 

出金方法

BITPoint(ビットポイント) 使い方

ホーム画面から「入出金・振込」→「出金」とクリックします。

BITPoint(ビットポイント) 使い方

画面左側では自分が口座開設の際に設定した口座情報が表示されます。

画面右側で、出金額を記入します。

「確認画面」をクリックすれば出金が完了します。


仮想通貨の送金・受金方法

BITPoint(ビットポイント) 使い方

BITPOINTは仮想通貨の送金・受金手数料が無料なので、とてもお得です!

送金方法

BITPoint(ビットポイント) 使い方

ホーム画面から「入出金・振替」→「送金(送付)」をクリックします。


BITPoint(ビットポイント) 使い方

上のような画面になります。↑

  • 送金する仮想通貨を選択
  • 送金先のアドレスを記入
  • 送金額を記入

以上のことを完了したら、「暗証番号取得」をクリックします。

登録しているメールアドレスに暗証番号が届くので、それを入力します。

最後に、「取引暗証番号」を入力して「確認画面」をクリックしてください。

これで仮想通貨の送金は完了です。


受金方法

BITPoint(ビットポイント) 使い方

ホーム画面で「入出金・振替」→「受金(預入)」をクリックします。


BITPoint(ビットポイント) 使い方

上のような画面になります。

BITPOINTの自分のアドレスが通貨ごとに表示されます。

QRコードを読み取るか、アドレスを送金する端末に読み込んでもらいます。

後は、受金を待ちましょう。


BITPoint(ビットポイント)の使い方まとめ

BITPoint(ビットポイント) 使い方

以上、BITPOINTの使い方についてまとめました。

BITPOINTには、様々な取引ツールが用意されていて、便利ではありますが、初心者には少し複雑でしょう。

まずは、「WEB取引ツール」や「BITPOINT Lite」で仮想通貨取引そのものに慣れるのがいいでしょう。

その後は「BITPOINT Advance」や「Meta Trader 4」で本格的な取引をしてみてください!

BITPOINTを使いこなして、仮想通貨取引を楽しんで頂けたら幸いです!

BITPOINTの口座開設はこちら