「BITPoint(ビットポイント)の使い方がわからない!」「BITPoint(ビットポイント)の口座開設したのはいいけど色々あって難しいなぁ」


そんな疑問をお持ちですか?確かに、多彩な取引所なので少し複雑に思われることがあるかもしれません。

でも大丈夫です!​そんな少し複雑に思える部分もこの記事では画像付きでわかりやすく解説してあります!これを読み終わった頃には、全てのツールを使えるようになっているはずです!


この記事がBITPoint(ビットポイント)の使い方で戸惑っている皆さんのお役に立てば幸いです。

BITPoint(ビットポイント)の特徴​

外貨での取引が可能

多くの取引所がビットコイン/円・ビットコイン/米ドルのどちらかにのみに対応している中、BITPoint(ビットポイント)​の現物取引・ビットポイントFXでは、円・米ドルどちらにも対応した上に「ビットコイン/ユーロ」「ビットコイン/香港ドル」を加えた4つのペアで取引が可能です。これにより、円安・円高に合わせ、通貨を変えて取引するという使い方ができます。ただし、外貨での入金・出金ができないため注意が必要です。​

MT4(Meta Trader 4)による自動売買が可能

MT4といえば自動売買が大きな特徴です。仮想通貨取引では高騰・急落がよくある相場で、このタイミングはトレーダーにとって絶好の稼ぎ時です。その肝心のタイミングを逃してしまうともったいないです。しかし、MT4の自動売買機能を使えば、常にチャートに張り付いていなくても、あらかじめ設定したEA(Expert Advisor)という取引用プログラムをもとに24時間取引を行ってくれます。

<BITPoint(ビットポイント)​のメリット・デメリットについて詳しくはこちら!> 

BITPointを使ってみようか迷っている方、「BITPointってどんな取引所なの?」と思ってはいませんか?でも自分一人で情報収集するのは大変だし手間もかかりますよね。。。BITPointは、国内で初めてmt4を採用し、あらゆる手数料が無料の取引所です!そんなBITPointの特徴からメリット・デメリットまで口コミも合わせて解説します! この記事が新たにBITPointで取引を始めるきっかけとなれば幸いです。早速BITPointに登録する!目次BITPointとは?BITPointの特徴BITPointのメリットBITPointのデメリットBITPointのQ&ABITPointのまとめBITPointとは?ビットポイントジャパンが運営!BITPointはビットポイントジャパンが運営していて、2016年3月に設立された取引所です。また主要株主は株式会社リミックスポイントです。リミックスポイントは、東京証券取引所市場第二部に属し、金融事業も手がけている企業です。さらにBITPointは金融庁から仮想通貨交換業者の認可も受けているので安心安全な取引所と言えるでしょう!BITPointの特徴取扱通貨は5種類!BITPointの取扱通貨は、ビットコイン、ビットコインキャシュ、イーサリアム、ライトコインの4種類と最近、2018年2月から取引が始まったリップルを合わせた4種類です!ビットコインは3種類の取引が出来る!ビットコインを取引する際は3種類の中から選ぶことが出来ます!その3種類は現物取引、レバレッジ取引、ビットポイントFXです。レバレッジ取引が出来るのは、ビットコインだけですがレバレッジは国内最大の25倍までかけることができます。また追証はありませんが、ロスカットは維持率100%を切ったら行われます。ウォレットアプリがある決済アプリが昨年リリースされて取引所で売買した仮想通貨を送受金できるようになりました!自分で相手のアドレスを打ち込むかアプリが表示するQRを読み込むことで送付先ウォレットアドレス、仮想通貨量が自動でセットされて短い時間で送金できます。この点は評価がかなり高いようです。Google Playの評価はなんと5点満点で4

 目的によって使い分けられる4つのツール​

BITPoint(ビットポイント)には独自の4つのツールがあります。

BITPoint ADVANCE:1画面に取引に必要な情報を多く含み、注文までできる初心者〜上級者向けのツール。現物取引とレバレッジ取引ができます。MT4を使うビットポイントFX以外ならば、これ1つ使えるだけで十分な取引ができます。

Meta Trader4:FX(外国為替証拠金取引)で使われているMT4を採用しています。自動売買も可能で、様々なインジケーターが使えます。ビットポイントFXで取引をする際に使用します。スマホアプリにも対応しています。

BITPoint Lite​:BITPoint(ビットポイント)専用のスマホアプリです。スマホでいつでもチャート確認・売買が可能です。現物取引にのみ対応しています。

WEB取引ツール​:BITPoint ADVANCEよりスッキリとした画面で初心者向けのツールです。


現物取引とレバレッジ取引どちらにも対応しているため、初めての方はまずWEB取引ツールを使ってみてからBITPoint ADVANCEに移ると取引しやすいと思います。スマホでも使えるため、外出中のレバレッジ取引などにも使えます。

​​​​BitPointの登録・口座開設方法​

​まだBITPointのアカウントを持っていない方はまずは登録からしましょう。

登録の流れとしては、

  1. ​WEBサイトにて基本情報の入力
  2. 本人確認
  3. 完了通知書の受け取り

となります。

*WEBサイトでの口座開設申込時に、本人確認書類が必要になるので、あらかじめ準備しておきましょう。

本人確認に使える書類は以下の通りです。

  • 運転免許証 
  • 運転経歴証明書(2012年4月1日以降の発行に限る)
  • 旅券(パスポート)
  • 住民基本台帳カード(住民基本台帳カードは写真つきのものに限る) 

また、レバレッジ取引・ビットポイントFX取引を行う際には総合口座以外に、レバレッジ取引口座・ビットポイントFX取引口座​をそれぞれ開設する必要があるため気をつけましょう。


今すぐBITPointで口座を開設!

<口座開設の手順について詳しくはこちら!> 

ビットポイント(BITPoint)は、東証二部上場企業を親会社に持つ仮想通貨取引所です。取引ツールにMT4を採用し、レバレッジ倍率はなんと最高25倍!4種類の外貨とビットコインのペアを取り扱うなど、ビットコインのFX取引に最適な取引所です。

  

日本円の入金・出金方法

入金方法

すでに完了通知書を受け取り、口座を開設しているのであれば取引をするためにお金を入金しましょう。​

銀行振込

​ログインをした状態の画面で「入出金・振替」クリックし「入金先口座情報」を選択します。


振込先はジャパンネット銀行です。入金先口座情報をクリックし、ご自身の振込先をご確認ください。

下の画像のように表示された振込先にATMから振り込めば完了です。

*振込手数料ご自身での負担となります。


​​クイック入金 

*今回は住信SBIネット銀行を使って説明します。​(あらかじめにポップアップブロックを無効にしておいてください)

先ほどと同じホームから「入出金・振替」をクリック「即時入金」を選択します。


住信SBIネット銀行を選択し入金額を入力。入力したら確認画面をクリックします。


確認画面で取引暗証番号を入力し、入金依頼クリックします。


住信SBIネット銀行のページに移動するのでユーザーネームとWEBログインパスワードを入力しログインします。


内容確認をして大丈夫な場合、WEB取引パスワードを入力しスマート認証をクリックします。


この画面でスマホからのスマート認証待機中になるので、スマホからスマート認証アプリを立ち上げます。


​スマート認証画面で確認し、「OK」を押すと、即時入金完了。



出金方法​

まず入金時と同じホームから「入出金・振替」をクリック「出金」を選択。

​口座開設時にすでに振込先口座は指定してあるので​出金したい額を入力し「確認画面」をクリックします。

その後、取引暗証番号を入力して出金完了です。

*手数料はご自身での負担となります。

BITPoint(ビットポイント)での取引方法の種類​

BITPoint(ビットポイント)の3つのサービス

​BITPoint(ビットポイント)​では現物取引・レバレッジ取引・ビットポイントFXの3種類の取引方法が可能です

現物取引(仮想通貨交換)

​現物取引は単純な仮想通貨の売買です。現物取引は自分の資金の範囲内で売買することになります。ですので、リスクは自分が投資した金額までしか負うことありません。仮に買った仮想通貨の価値がゼロになったとしても、借金をする事はありませんので、初めての方などはまず現物取引からオススメです。

また、現物取引は単純に仮想通貨を現金で買う事で自分の所有物になっているので、買い物と同じです。そのため後のレバレッジ取引と違い売りから入り持っていないものを売ること(空売り)はできません。

取り扱い通貨一覧

  • ビットコイン(BTC)
  • ビットコインキャッシュ(BCH)
  • イーサリアム(ETH)
  • ライトコイン(LTC)
  • リップル(XRP)

この5種類の中でビットコイン(BTC)のみ円・米ドル・ユーロ・香港ドルでの売買が可能です。


<BITPoint(ビットポイント)の取り扱い通貨について詳しくはこちら!>

「BITPOINT(ビットポイント)の取り扱い仮想通貨って何があるんだろう」あなたは今こう考えていませんか?BITPOINTが2018年2月にリップル(XRP)を新たに取り扱うようになったと聞いて、注目している方も多くいらっしゃると思います。仮想通貨の取引所を選ぶ時に、自分が取引したい通貨を扱っているかどうか、確認することは非常に重要です。そこで、この記事ではBITPOINTの取り扱い通貨について、一覧はもちろんのこと、それぞれの通貨の特徴や将来性についても詳しく解説していきます!BITPOINTで取り扱われている通貨の特徴や将来性がわかれば、BITPOINTで取引をすることが有利かどうかわかります!みなさんがBITPOINTの取り扱い通貨について知り、取引所を選ぶ際の参考になれば幸いです。目次BITPOINT(ビットポイント)とは BITPOINT(ビットポイント)の取り扱い通貨(取り扱い銘柄)一覧 ビットコイン(BTC) イーサリアム(ETH)リップル(XRP)ライトコイン(LTC) ビットコインキャッシュ(BCH)BITPOINT(ビットポイント)に関するQ&A BITPOINT(ビットポイント)の取り扱い通貨まとめBITPOINT(ビットポイント)とは ​​BITPOINT(ビットポイント)は株式会社ビットポイントジャパンが運営している取引所で、2016年に設立されました。この株式会社ビットポイントジャパンは東京証券取引所市場第二部に上場している、株式会社リミックスの完全子会社です。上場会社が運営しているということで安心感を持つ方も多いかと思います。実際にBITPOINTは金融庁から「仮想通貨交換業者」の認可も受けているので安心して取引を行うことができる取引所だと言えます。BITPOINTは送金手数料が無料であったり、出金手数料が振り込み手数料のみであったりと、手数料が圧倒的に安いことで人気の取引所でしたが、2018年2月にリップルを取り扱い始めたことでより注目を集めるようになりました。BITPOINTはリップルだけではなく、主要なアルトコインも取り扱っています。早速、BITPOINTで取り扱われている仮想通貨について詳しく解説していきたいと思います。 

 

レバレッジ取引

レバレッジ取引では​自分の口座の日本円を証拠金として、レバレッジをかけた取引(自己資金以上の取引)ができます。BITPoint(ビットポイント)​では2倍・5倍・10倍・25倍のレバレッジから選択することが可能です。レバレッジ取引の大きな利点は、自分の資金以上の取引ができることと、価格が下落していく相場でも利益を出すことが可能であることです。

レバレッジ取引では、下落相場でも利益を出すチャンスがある上に、自己資金以上の取引ができるため、大きな利益が得るチャンスがあります。しかし、自分の証拠金以上の取引になる場合があるため借金をしてしまう可能性もあるので注意が必要です。

ビットポイントFX

ビットポイントFXでは​レバレッジ取引と同様に最大25倍までレバレッジをかけることができ、「BTC/JPY」(円)のみではなく、「BTC/USD」(米ドル)「BTC/EUR」(ユーロ)「BTC/HKD」(香港ドル)でもレバレッジをかけてビットコインを取引できます。

さらにビットポイントFXでは世界中のFX(外国為替証拠金取引)トレーダーに支持されているMT4(Meta Trade4)を使うことができ、このMT4は自分で注文を出して取引すること(裁量取引)と自動売買がどちらも可能です。

BITPoint ADVANCEの使い方

BITPoint ADVANCEは現物取引・レバレジ取引に対応しています。

​チャートと板による価格情報、注文・約定・ポジション情報が確認、注文まで全て1画面で表示できるため大変使いやすく素早く取引ができるため、BITPoint ADVANCEに慣れてしまえば現物・レバレッジ取引がスムーズに行えるようになるためオススメです。


では、開き方から画面の説明をしていきます。

ホーム画面から「仮想通貨取引」の「BITPoint ADVANCE」を選択。

以下のような画面に移動します。

「A」の部分で現物取引かレバレッジ取引かを選べます。

現物取引の場合「B」の部分で銘柄を選ぶことができます。

自分が持っている銘柄の保有量・前日比などは「C」の部分で確認できます。

①チャート

​ビットコイン価格の推移がローソク足として表示され変動しています。

②板情報

​指値注文の量が板情報に表示され、どこに注文が溜まっているか視覚的に見やすくなっています。スクロールすることで画面に見えない部分も確認できます。

③注文・約定・ポジション情報

成行・指値・逆指値から注文方法が選べ、「売」「買」のボタンで注文が出せます。

指値・逆指値で出した約定する前の注文は下の執行中の注文で確認することができます。

Mate Trader 4の使い方

Meta Trader4は​FX(外国為替証拠金取引)において世界中で愛用されているツールで、これを取り入れている仮想通貨取引所は現在 BITPoint 以外に国内ではBitTradeのみです。​

​MT4はテクニカル分析に必須な多くのインジケーターを利用することが可能な上、そのインジケーターを組み合わせ自動で売買することも可能です。

*ビットポイントFXで使用するMeta Trader4はMac OSには対応していないため、パソコンで行うことができるのはWindowsのOSのみです。


​今回はMT4をスマホでインストールからログインまでの説明します。

iPhoneでMT4をダウンロード

ダウンロードが完了したら、MT4を起動します。

​起動したら、下の設定をタップし、この画面の「新規口座」を選択します。


既存のアカウントにログインを選択します。


BITPointで検索して「BITPoint-FX Live」を選択します。


ログイン画面になるのでビットポイントFX口座のログインIDとパスワードを入力してログイン完了です。

*総合口座とは別のビットポイントFX口座を開設しておく必要があります。


BITPoint Liteの使い方

​BITPoint Liteはスマホで現物取引ができるとても便利なアプリです。そのため仮想通貨によく起こる急騰・急落に対して、外出中やパソコンが使えない環境でも瞬時に確認し対応ができるため安心できます。口座開設している方は必ずインストールしておきましょう!

iPhoneでのBITPoint Liteのインストールはこちら

AndroidでのBITPoint Liteのインストールはこちら

それでは、BITPoint Liteのログインから購入方法まで説明していきます。​


まず「BITPoint Lite」をインストールし、三本線をタップしログインを押します。

「ログインID」と「パスワード」を入力してログインします。

ログインすることでチャートが表示されるようになります。

購入・売却をする場合、売買したい銘柄の横にある丸をタップすると、オレンジの丸が移動しチャートも変わります。

銘柄を選んだ後、購入・売却どちらかを選択します。(現物取引のため所有していない場合は売却はできません

取引数量を決め、取引暗証番号を入力し「注文」をタップして売買完了です。


WEB取引ツールの使い方

​WEB取引ツールは、画面がすっきりしていて初心者の方でも扱いやすい​です。BITPoint ADVANCEを使ってみて「少し画面が複雑でややこしいな...」と思った方はこちらのWEB取引ツールから使ってみるといいかもしれません。WEB取引ツールでも「現物取引」「レバレッジ取引」が可能です。


まずホームの「仮想通貨取引」から「仮想通貨取引」を選択します。


①ここでどの通貨ペアを取引するのか、現物取引なのかレバレッジ取引なのかを選択できます。


②通過ペアの売買価格が表示されています。なぜ買う値段と​売る値段が違うの?となるかもしれませんが、これをスプレッドと言います。(スプレッドについては他の記事でわかりやすく書いてあるためそちらでご覧ください!)

「取引手数料無料」という一文に魅力を感じて仮想通貨の取引を始めようと考えている人は多いのではないでしょうか。株やFXだと何かと手数料を取られて最終的には残金が大きく下回っているなんてことはよくありますが、仮想通貨ではそういった心配がないのは魅力的ですよね。しかし、よく考えてみると仮想通貨だけこんなおいしい仕組みになっているのはおかしいと思いませんか?今回は手数料無料の影に隠れているスプレッドという仕組みについて紹介します!この記事を読んで仮想通貨にまつわる市場原理について詳しくなりましょう!目次スプレッドとはなぜスプレッドは発生するの? 現物取引をするにはどこがいいの?各取引所のスプレッドを徹底比較! 仮想通貨のスプレッドと税金 仮想通貨スプレッドに関する気になるQ&A 仮想通貨スプレッドまとめスプレッドとはスプレッドとは「買値と売値の差額」のこと!仮想通貨取引所について調べた時に、誰しもが「手数料無料!」という宣伝をみたことがあるのではないでしょうか。株やFXでは通常入金や出金、さらには売買などあらゆる手数料が発生するのに対して仮想通貨ではそれらが一切無料というのだからとても魅力的ですよね。手数料が無料であることは私たちユーザーにとっては非常にお得なシステムですが、あまりにも虫が良すぎる話だとは思いませんか?重要な収入源であるはずの手数料が全くないとしたら取引所はどこから利益を得ているのでしょうか。ここで重要となるのがスプレッドという考えです。スプレッドとは販売所取引の際に生ずる売値と買値の差のことを言います。上の画像はbitFlyerの取引画面ですが、ここでは1BTCを購入するのに738,562JPYが必要で、売却するには721,174JPYが必要であることがわかります。購入金額が売却価格よりも高いことから「購入するには値段が高く、売却するには値段が安い」という構図ができていることが読み取れるでしょう。この二つの価格差738,562-721,174=17,388JPYのことをスプレッドと言います。そしてこのスプレッドについて理解しておかないと思わぬ損を生むことがあるのです。スプレッドが広いと損をする可能性が高い! 

 

③ここにチャートが表示されます。画像ではティックチャートになっていますが、画面右上の「チャート2」に変えることでローソク足のチャートも表示できます。


④ここは①で選択した通貨ペアについての詳細が表示されます。


⑤板情報です。​指値注文の量が板情報に表示され、どこに注文が溜まっているか視覚的に見やすくなっています。​


⑥自分の口座情報が表示されます。


⑦ここで注文ができます。通貨ペアを①で選び、ここでは「売・買」「数量」「成行・指値」します。それらを決定したら、取引暗証番号を入力し、下の注文ボタンを押せば注文が完了します。


仮想通貨の送金・受金方法

​BITPoint(ビットポイント)では、仮想通貨の送金・受金手数料が無料ですので送金の利用に大変便利です。

送金方法

ホームから「入出金・振替」「送金(送付)」を選択します​

送金する「仮想通貨の銘柄」「送金先アドレス」「送金額」を選択・入力し、暗証番号所得をクリックするとご登録のメールアドレスに暗証番号が送信されるため、届いた暗証番号を入力します。次に取引暗証番号を入力して、「確認画面」をクリックします。最後に、内容を確認し問題なければ「執行」を押し送金完了です。


受金方法

ホーム画面から「入出金。振替」「受金(預入)」​を選択します。

それぞれの送金アドレスが表示されるため受け取りたい仮想通貨のアドレス​を相手方に入力してもらえばOKです。

BITPoint(ビットポイント)の使い方まとめ

いかがでしょうか?今回はBITPoint(ビットポイント)の入出金から取引のために必要な4つのツールについて説明しました。


​​​BITPoint(ビットポイント)は様々なツールが用意されていてMT4など他の取引所にないものが利用できる分、初心者の方には少し複雑な部分もあるかもしれません。

まずは、「WEB取引ツール」や「BITPoint Lite」でBITPoint(ビットポイント)での仮想通貨取引を行い、ある程度慣れてきたら「BITPoint ADVANCE」「Meta Trader4」で本格的な取引を始めるといいと思います。

MT4などを利用できるようになれば、自動売買ができるようになり、さらに大きな利益を生み出せるチャンスができます


初心者の方でも複数口座を持ってくことは大変重要なことですし、慣れてくれば色々な取引ができる取引所なので開設して損はないはずです!