「仮想通貨の取引をする上で、2段階認証ってするべきなのかな?でもめんどくさそうだなあ、、、」

「2段階認証ってなんとなく難しそうだし、どうやって設定するのかもわからない。でも、何にもしてないのはなんとなく怖いし、どうすればいいんだろう?

そうお悩みではありませんか?

確かに、2段階認証ってなんとなーくめんどくさそうですよね。

そんなあなたに朗報です!

この記事を読めば、2段階認証の簡単な設定の仕方、さらには自分のコインを盗難されるなどのリスクを最小限にする方法がわかります。

実際に普段から様々な取引所で仮想通貨の取引をしているコインオタクが初心者の方に教えるセキュリティ対策なので絶対に安心です。

さらに、この記事では、携帯が急に使えなくなった時にどうすべきか等も詳しくお教えします。

この記事さえ読めば、仮想通貨をやる上でのリスクのせいで立ち止まるなんてことがなくなるはずです!


セキュリティ対策として必須の2段階認証とは? 

             

そもそも2段階認証とは、通常のログイン以外にもう一つ認証を設けることで、セキュリティを強くするというものです。

ツイッターなんかをやっている人は、新しい端末でログインした後に自分のスマホのショートメールに来た番号を入力したことなんかがあるんじゃないでしょうか?

これがその2段階認証です!

以下では、その2段階認証の意義やメリットを見ていきましょう

仮想通貨資産を守る上で最低限のセキュリティ

取引所に自分の仮想通貨を置いていて、ハッキングの被害にあった人のほとんどが二段階認証をかけていませんでした。 

2段階認証をすることでセキュリティを強化できると言いましたが、この2段階認証は必要最低限のセキュリティです!2段階認証の設定をしていたからといって、ハッキングのリスクがゼロになるわけではないのです。

さらに、基本的には仮想通貨の資産は自分で管理するものであり、だれも保証してくれません。

一度ハッキングなどをされてしまうとそれを取り戻すことはほとんど不可能に近いと言えます。

スマホで簡単に設定することが可能

こうした被害から逃れるための2段階認証ですが、設定するのは非常に簡単で、必要なのはスマホとPCだけなのです。

詳しい設定方法は少し後で説明します。

2段階認証を設定していれば取引所から補償を受けることも

国内有名取引所のコインチェックやビットフライヤーでは、二段階認証を設定しているユーザーに対してのみハッキングなどの被害の補償を行なっています。

ユーザーは、二段階認証の設定をすることにより不正ログインによる被害の可能性を未然に防ぐとともに、万が一不正ログインによる被害が発生した場合においても、コインチェックによる補償を受けることが可能です。  
Source: コインチェック 公式サイトより
二段階認証登録ユーザーから当社に申し出があった場合は、本規約の範囲内で盗取されたアカウント登録メールアドレス(以下「メールアドレス」といいます。)・パスワード等を用いて行われた補償対象者のアカウントより銀行口座へ日本円の不正振込み(以下「不正な日本円出金」といいます。)による被害額を補償します。
Source: ビットフライヤー 公式サイトより

このように2段階認証を設定することで、セキュリティを破られても、安心することが出来るのです!

2段階認証の設定方法を紹介

2段階認証の設定に必要なものは二つだけ!

お手元の「スマホ」と「パソコン」です。

さらに手順も非常に簡単2ステップとなっています。

まずはスマホアプリをダウンロード

2段階認証に利用可能なスマホアプリとして「Google Authenticator」「ⅡJ SmartKey」「Authy」などがあります。

ここでは一番汎用性があって使いやすい「Google Authenticator」をおすすめしたいと思います!

まずはスマートフォンアプリをダウンロードしてください。 

Google Authenticator
Google Authenticator
開発元:Google, Inc.
無料
posted withアプリーチ
IIJ SmartKey
IIJ SmartKey
開発元:Internet Initiative Japan Inc.
無料
posted withアプリーチ
Authy
Authy
開発元:Authy Inc.
無料
posted withアプリーチ


あとは各取引所で設定するだけ

次はお使いのPCで各有名取引所のサイトに移動し、設定を完了させます。

GMOコイン

まず、会員ホーム画面から口座情報の欄の「セキュリティ」をクリックします。

すると次の画面になるので、「2段階認証」をクリックし、認証方法を設定する欄の「アプリ(Google Authencator)」を選択します。

そして最後にGoogle Authenticatorで表示されたQRコードを読み取り、表示される数字6桁を入力して設定を完了させて下さい。

​GMOコインの評判はこちらから 

GMOコインって販売所なのにスプレッド狭いって聞くけど実際どうなんだろ。。。って思っていませんか?GMOコインは、コインオタクで一番人気の取引所で、国内最大の仮想通貨取引所になる可能性も秘めています!コインオタクが公式サイト、さまざまな口コミから徹底解説します!最短1日!GMOコインに無料口座開設!! 目次 そもそもGMOコインとは?GMOコインの評判!GMOコインのメリット!GMOコインのデメリット!まとめそもそもGMOコインとは? GMOコインとは、2017年5月31日に取引を開始した仮想通貨販売所です。大手インターネット会社「GMOインターネット株式会社」グループ傘下の「GMOコイン株式会社」が運営しています。仮想通貨FX取引に特化した販売所で、最大10倍のレバレッジをかけた信用取引を行うことができます。販売所と取引所の違いですが、前者は取引する相手が運営なのに対し、後者は相手が別のユーザーであるという点にあります。 それによる影響などの細かい違いはコインオタクの記事↓↓を参照してください! 【ビットコイン 取引所 販売所】2つの仮想通貨用語の違いをやさしく解説!ビットコインて最近聞くようになってきたけど全然わからない、、、まず「取引所」「販売所」ってなんだ??そんなアナタに!今回の記事ではその違いを初心者目線で徹底解説!続きを読む

bitFlyer(ビットフライヤー)

ホーム画面左側の「設定」から「セキュリティ設定」を選択し、「二段階認証設定を変更する」をクリックします。

すると次の画面が現れるので、「確認コードの取得方法」は「認証アプリを使う」を選択して下さい。

またこのとき、「いつ使用するか」の欄は全てチェックしておくことをおすすめします。

最後に、お好きな認証アプリを使って表示されるQRコードを読み取り、確認コードを入力して設定は完了です。

​bitFlyer(ビットフライヤー)の評判はこちらから

2018年7月17日現在、bitFlyerは新規口座登録受付を停止しています。いますぐ仮想通貨取引を開始したい人にはGMOコインがおすすめです。GMOコインの詳細はこちら「テレビのCMや電車の広告でビットフライヤーって聞いたけど何なんだろう・・・?」「友達が最近ビットフライヤーで何万円も儲けたって話聞いて、始めたいけどなにがなんだかよくわからない(泣)」「リスクっていう仮想通貨が上場してすごいことになったらしいけど。。。」なんて思っていませんか?今回は誰もが一度は耳にしたことのあるbitFlyer(ビットフライヤー)について、網羅的にすべてのことを解説していきます!主要な見出しに対しては詳しく書いてある記事リンクを載せていますので、気になった方はぜひそちらも参考にしてみてください!この記事の要約ビットフライヤーは国内で一番信頼性の高い取引所!仮想通貨初心者はまず登録だけでもOK!ビットコインFX取引も可能で上級者も満足! ビットフライヤーで口座開設をする!目次bitFlyer(ビットフライヤー)とは【bitFlyer(ビットフライヤー)の特徴1】企業としての信頼性の高さ【bitFlyer(ビットフライヤー)の特徴2】手数料が安い!【bitFlyer(ビットフライヤー)の特徴3】取扱通貨は全部で7種類!bitFlyer(ビットフライヤー)のメリットbitFlyer(ビットフライヤー)のデメリット bitFlyer(ビットフライヤー)の登録方法 bitFlyer(ビットフライヤー)の使い方bitFlyer Lightning(ビットフライヤーライトニング)でビットコインFX取引をしよう! bitFlyer(ビットフライヤー)の評価/評判・口コミ bitFlyer(ビットフライヤー)に関するQ&AbitFlyer(ビットフライヤー)まとめbitFlyer(ビットフライヤー)とは

 DMM Bitcoin

左の欄の「各種設定」を開き、その中の「2段階認証設定」をクリックします。

「Google Authenticator」「IIJ SmartKey」「Authy」から好きなアプリを選び、表示されるQRコードをスキャンして確認コードを入力すれば設定完了です!

DMM Bitcoinの評判はこちらから 

「DMM Bitcoinってオープンから半年以上たったけど、実際にはどうなのかわからなくてまだ登録していない...」そのように思っている方も多いのではないでしょうか?たしかに、オープン当初はTwitterなどでも「スプレッドが広すぎて現物取引には向かない!」などといった意見も見られましたが現在はどうなのか気になりますよね!この記事をよむとオープンから半年以上経った現在の評判がわかりどんなとき・どんな人に有用なのかがわかります!Twitterなど実際のユーザーからの声を集めているので正しい評判を知ることができます。半年以上使ってみてわかったメリットやデメリット、Twitterの生の声などを紹介していきます!DMM Bitcoinの手数料や他社との比較について詳しく知りたい方はこちらの記事もご覧ください!【最新版】DMM bitcoin(DMMビットコイン)の特徴・評判・評価・口コミを徹底調査 | CoinOtaku(コインオタク)続きを読む DMM Bitcoinにまだ登録していない方はこちらから!目次DMM Bitcoin(DMMビットコイン)とはDMM Bitcoin(DMMビットコイン)のメリットDMM Bitcoin(DMMビットコイン)のデメリットDMM Bitcoin(DMMビットコイン)の評判口座開設に伴うお得なキャンペーンまとめDMM Bitcoin(DMMビットコイン)とは DMM Bitcoinとは2018年1月11日に新しくオープンした日本の仮想通貨販売所です。あの大企業DMMが運営していることからオープン前から期待の声が寄せられていたため話題になりました。 販売所形式でビットコインやイーサリアムを取り扱っているので初心者でも簡単に取引をすることができます!また、国内では珍しくアルトコインのレバレッジ取引を扱っている点も人気のポイントです。それでは、DMM Bitcoinの評判・メリット・デメリットを紹介していきます! DMM Bitcoin(DMMビットコイン)の登録・口座開設方法!今なら1000円貰える!2018年1月10日にオープンしたDMM

 

簡単にバックアップを取る方法      

設定するのは非常に簡単でしたが、実はこの2段階認証、スマホアプリで行なっているため、一度スマホが使えなくなってしまうと取引所にログインできなくなってしまうのです!

一部の取引所では運営に連絡をすれば対応をしてくれるところもありますが、海外の取引所ではそもそも英語が難しかったり、英語ができても全く対応してもらえなかったりと、非常に面倒なので必ずバックアップは取っておくようにしましょう。

携帯を複数持っている時は複数台での認証を

最近ではスマートフォンとタブレットを持っている人や、そもそもスマホを2台持っている人が増えて来ました。そういった方は必ず全ての端末で先ほどのGoogle Authenticatorをダウンロードし、ログインしておくようにしましょう。

QRコードのスキャンをした端末でのみしかログインすることはできないので、たとえ新しいスマホにデータを移行できてもログインはできないのです。

QRコードやキーの保存は忘れずに

たとえスマホやタブレットなどの端末がないからといって、悲観する必要はありません。

サイトの2段階認証設定画面で出てきたQRコードを保存しておけばいいのです。

 QRコードをスクリーンショットして、データとしてUSBなどに保存しておくだけだけでも良いですし、それでも安心できない人はQRコードの画像を印刷して紙媒体として持っておくのも良いでしょう。

また、一部の取引所では2段階認証の設定画面でバックアップキーを発行しているので、こちらもしっかり保存しておくようにしましょう。


このように、たとえ急にスマホが壊れたり、無くしてしまうなどのトラブルに遭遇しても、正しくバックアップを取っておくことで、取引所にログインできないという最悪の事態は防ぐことができるのです。

2段階認証設定後にログインできない場合

2段階認証は設定できたが、何らかの理由で取引所にログインできなくなってしまった場合でも、対処法はあります。

ここでは、スマホを無くしてしまってログインできない場合スマホでパスコードを入力しているのにログインできない場合に分けて説明していきます。

携帯の紛失などによってログインできない場合

QRコードやキーがある場合 

新しい端末にGoogle Authenticatorアプリをダウンロードし、保存していたQRコードかバックアップキーを利用するだけです!

今までと変わらず利用することができます。

QRコードやキーがない場合

この場合は、取引所にログイン出来ず、何も出来ない状態になってしまいます。

バックアップも何もないので、仕方なく取引所に連絡をして2段階認証を解除してもらうしかありません。

しかしこの時、国内の取引所であれば、日本語で対応してもらえるため、それほど大変ではないかもしれません。

ところがこれが、海外の取引所であった場合、その取引所が対応している言語で事情を説明し、納得してもらう必要があります。

たとえ納得してもらたとしても、対応してもらうのには最悪で3ヶ月ほどかかるそうです。また、最悪の場合にはそのまま連絡がないことも...


いかにバックアップを取っておくことが重要か、理解してもらえたでしょうか?

出来るだけはやく2段階認証のバックアップを行いましょう。

二段階目のパスコードを入力してもログインできない場合

パスワードがタイムアウトになっていないか確認 

2段階認証をする際に表示される確認コードは30秒ごとに更新されるので、入力途中に数字が変わってしまうとログイン出来ないことがあるのです。

そのため、ログイン出来ない場合は確認コードが最新のものかどうか確認してみましょう。

端末のタイムゾーンや時刻がずれていないか確認

端末の時刻が実際の時刻とズレていると、正しい確認コードを入力してもログイン出来ない場合があります。

その場合は、携帯の時刻設定が正しく東京になっていることなどを確認し、正確な時間に戻して下さい。

2段階認証だけで安心しないで

取引所は取引の場で、保管の場ではない

そもそもの話になってしまいますが、仮想通貨の取引所とは仮想通貨を取引するところであり、仮想通貨を保存する場所ではありません。

取引所にあるコインには価値はなく、自分の手元のウォレットに保管することでようやく自分のコインとなるのです。

リスクを最小限にするためにも、仮想通貨の取引所に多額の仮想通貨を置いておくことは避けましょう。

仮想通貨を手元で管理するための「ウォレット」

自分の仮想通貨を安全かつ手軽に管理するための方法の一つとして最も重要なのが、「ウォレット」です。

今ではハードウェアウォレットやウェブウォレットなどが広く普及していますが、様々なウォレットを扱うのにあたって重要になってくるのが「シード」と呼ばれるパスワードになります。

これを把握していなかったゆえにウォレットの復元が出来ないということも広くあるので注意が必要です。

ウォレットに関する記事はこちら!

「ウォレットを使ってみたいけど、どう使うのかが分からない」コインチェックのハッキング騒動があったから、自分の仮想通貨は安全な場所に保管したいけど、どうしたらいいか分からない。そんなあなたに朗報です。この記事を読めばウォレットの仕組み、種類、通貨別おすすめウォレットなどを短時間で知ることができます。そして、ウォレットを利用し自分の仮想通貨を安全に保管することが出来るようになります。また、セキュリティを大幅にアップさせる仮想通貨を安全に保管する4つのコツも紹介していきます!ウォレットのことをしっかりと理解し、自分の資産を安全に保管しましょう!目次そもそも仮想通貨ウォレットとは?ウォレットの種類一覧ウォレット作成のメリットウォレット作成の注意点通貨別のおすすめウォレット【セキュリティ大幅アップ】仮想通貨を安全に保管する4つのコツ!まとめそもそも仮想通貨ウォレットとは?ウォレットとは文字通り仮想通貨の「財布」であり、仮想通貨の保管ができ他のウォレットに送金したりすることができます。秘密鍵と公開鍵ウォレットとは秘密鍵と公開鍵と仮想通貨アドレスを管理するものです。秘密鍵とは約70桁の数字とアルファベットをランダムに選んだ文字列のことです。桁があまりにも大きいため他人とは絶対に被らないというのがポイント!その秘密鍵から公開鍵、そして公開鍵からアドレスが作られるのですが、秘密鍵が他人に知られてしまうと勝手に送金されてしまう可能性があるため絶対に知られてはいけません。そのためウォレットについて考える時には秘密鍵を誰が保持しているかというのが重要になります。(詳細は後ほど)コールドウォレットとホットウォレットウォレットはネットに繋がっているホットウォレットとネットに繋がっていないコールドウォレットの二つに大きく分けられます。ネットに繋がっているホットウォレットは取引を頻繁にする人にとっては便利ですが、インターネット経由でハッキングされたりウイルス感染するリスクがあります。一方ネットに繋がっていないコールドウォレットはすぐに取引は出来ないものの、ハッキングリスクはほぼ0と言えるでしょう。ウォレット比較の時の重要な視点秘密鍵を誰が持っているのかウォレットがネットに繋がっているのかどうか 

 

まとめ

いかがだったでしょうか?

今回は2段階認証の設定方法だけでなく、バックアップの取り方などを紹介しました。

一見文字のインパクトで大変そうに思えてしまう2段階認証も実際はとても手軽で簡単なものなのです。

これから仮想通貨を始める人も、もう仮想通貨の取引をしている人にも2段階認証の重要性がわかっていただけたのではないかなと思います。

盗難等の被害にあわないためにも2段階認証の設定は必ず行いましょう!