「ビットコインの空売りって一体なんなんだろう...」

そのような悩みを抱えているのではないでしょうか?

確かにビットコインや仮想通貨の話の時に空売りって言葉はよく聞くのに、理解は難しいですよね。

この記事ではコインオタクが空売りの仕組みや空売りにおすすめな取引所を詳しく解説します!

また、それに加えて取引所ごとの手数料やロスカット率の比較、実際の空売りの注文方法もまとめました。

ビットコインの空売りを理解するのに、この記事がお役に立てば幸いです。

ビットコインの空売り(ショート)をざっくり説明すると

  • 先に売って、後で買い戻す取引方法!
  • 価格が下がると利益が生じる!
  • 空売りに最適な取引所はGMOコイン
GMOコインのバナー

ビットコインの空売りで稼ぐなら、GMOコインが最もおすすめ。

基本手数料は無料セキュリティは国内最高峰

ワンタップ取引ができ、利益を逃さない!

GMOコイン公式サイト


ビットコイン(Bitcoin、BTC)の空売り/ショートとは

ビットコインの空売りとは「先に売って後で買い戻す」という行為です。

ビットコインの価格がこれから下がりそうという時でさえも、空売りを活用すれば利益を得ることができます。

例えば1BTC=1,000,000円の時に1BTCだけ空売りし、1BTC=500,000円の時に買い戻せば、その差額の500,000円分が利益となります。


最初に手元に何もない状態で仮に「売る」ため、空売りと呼ばれており、空売りはFXまたは信用取引で行うことができます。

FXや信用取引などでは買いから入ることをロングと言うのに対して、この売りから入る空売りのことはショートと言います。


そうは言っても、「自分が持っていないなら誰のビットコインを売っているの?」と疑問に思う方も多いかもしれません。

しかし、FXではあくまでも仮定での取引が行われます。

ビットコインの現物取引ではなく売買をペアとした差額決済が行われます。

そもそも現物のビットコインのやり取りはなく持っている必要がありません。

また、FXでは預けた証拠金を元に、レバレッジをかけて自分の資産以上の金額で取引をすることができます。


 

ビットコイン(仮想通貨)FXとは



ビットコイン(仮想通貨FX)とは、証拠金を預けて、その数倍から数十倍ものお金を動かせる「レバレッジ取引」が行える取引方法です。

仮想通貨FXは、買った・売ったを仮定としてその差額にのみ注目して取引が行われます。

ここでは、三つの観点からビットコインFXについて説明していきます。


 ビットコインFXについてより詳しく知りたい方はコチラ

ビットコインFXとは、ビットコインを用いた証拠金取引です。外国為替のFXと同じように、証拠金を担保に大きな額の取引が可能になります。ただし、ビットコインFXはリターンもリスクも莫大な諸刃の剣です。ビットコインFXをよく知っておきましょう!

 

現物取引と信用取引との違い 

現物取引とは、その名の通り現物(この場合は仮想通貨)を取引するものです。

現物取引では、持っている資金内でしか取引は行えません。

例えば、1BTC(ビットコイン)を100万円で購入します。

この1BTCの所有者は購入者本人で、1BTCを売却しようが支払い使おうが、他人に譲渡しようがその人の自由です。

例えもし、ビットコインの価値が0になってしまったとしても失う額は最初の購入金額だけでそれ以上の損失は出ません。


信用取引とは、証拠金を元にビットコインを借りてそれを売る取引方法です。

現物取引とは違い、売買は形式上でしか行われず、ビットコインを支払いや他人に譲渡することはできません。

信用取引では、空売りをすることができます。


レバレッジとは 

レバレッジとは、預けた証拠金を使ってその何倍もの金額を取引することを指します。

少ない金額で大きな金額を動かすことができるためレバレッジ(てこ)と呼ばれています。

レバレッジ取引は、FXまたは信用取引で行うことができます。


例えば、1BTC=100万円の時に、資金50万円で取引をするとしましょう。

資金が50万円だと0.5BTCしか購入できません。

しかし、もし10倍のレバレッジをかけることができる場合、

50万円×10倍で500万円、5BTCも購入することができます!


 レバレッジに関して詳しくはこちら

仮想通貨のレバレッジ取引とは、仮想通貨を用いた証拠金取引のことを言います。仮想通貨のレバレッジ取引はハイリスクハイリターンの取引方法です。この記事では、レバレッジ取引のメリット・デメリット、おすすめ取引所から儲けるポイントまで解説します!

 

ロスカットとは

レバレッジ取引にはなんて夢があるんだ!

そのように思った方もいらっしゃるかもしれませんが、仮想通貨FXにてレバレッジ取引を行うにはロスカットというものも知っておく必要があります。

ロスカットとは、自分が購入している仮想通貨が暴落し、損益が発生した時にそれ以上の損失を生まないよう仮想通貨を強制的に決済することです。


ロスカットが行われるにはどこの取引所も条件があります。

預けた証拠金の〇〇%を損失が上回るとロスカット発動という感じです。

このパーセンテージを証拠金維持率と言います。


では、1BTC=100万円・資産は50万円・レバレッジは10倍・証拠金維持率が50%として例を見ていきましょう。

レバレッジを用いて5BTC(500万円)を購入したとします。

この時1BTC=94万円に下がった場合、6万円×5BTCで損失は30万円。

元の資産から引くと残りは20万円で50×0.5(50%)=25万円という証拠金維持率を下回ってしまいました。

このような時にロスカットは発生し、残るBTCも取引所が自動的に決算してしまいます。


仮想通貨は値動きがとても激しい(ボラティリティが大きい)ので上記の例以上に急激に値段が下がるまたは上がることがあります。

その際にロスカットが発動せず、追加でお金を振り込まなければいけない場合があります。

これを追証と言います。


 ボラティリティについて詳しくがこちら

株やFX,仮想通貨の取引をやっている方,興味のある方なら「ボラティリティ」という言葉を一度は耳にしたことがあると思います。ボラティリティとはどういうものか知ったつもりになっていませんか?コインオタクがどこよりも詳しく分かりやすく説明します!

 

空売りをするべきタイミングとは??

さて、では空売りはどのような時にすれば利益が出せるのでしょうか?

もちろん、一番いいのはこっから価格が下がりそうだなという時です。



しかし、チャートの動きを実際に正確に予測するのは難しく、特にレバレッジをかけることのできるFXや信用取引ではなんとなくで空売りをしていると高騰してしまって大損なんてことにもなりかねません。そんな時に役立つのがテクニカル分析の知識です。

これまで「チャートがこのような動きをしたらその後は高騰/下落することが多い」というような傾向やパターンが分析され、まとめられてきました。

このようにチャートの形から今後の動きを予測していくのがテクニカル分析です。

コインオタクもこのテクニカル分析によって毎日ビットコインの相場分析をしているのでぜひ参考にしてみてください。 


 

またコインオタクではビットコインの投資・トレードに重要な情報がこちらのページでみれるようになっています!

ビットコインのチャートや相場情報、価格予想をリアルタイムで表示し、チャートのテクニカル指数をコインオタクが独自に開発したAIがリアルタイムで分析して売り買いの分析を表示しています。

さらにビットコイン投資している人に向けた、重要な情報を以下でまとめていますのでぜひご覧ください!


 

空売り(仮想通貨FX)ができるおすすめ取引所BEST3


空売りができる取引所BEST3

  • GMOコイン
  • DMM Bitcoin
  • BitMex

 

GMOコイン:とりあえず始めるならここ!

 

GMOコイン


GMOコインはコインオタクで一番人気の取引所です!

グループ会社のGMOクリック証券はすでにFXの取引高が世界No.1とFX業界で実績を残しています。

ビットコインのFXにおいてもサーバーの強さなどその経験が生かされることが期待でき、信頼感も抜群です。

また、国内の取引所では珍しくアルトコインのFX取引もすることができます!

基本的な手数料が全て無料でとても使いやすい公式アプリに加え、「ビットレ君」という仮想通貨FX専用アプリもリリースしています。

とりあえず始めたいという初心者にも、上級者にも幅広い方にオススメの取引所です!


GMOコイン公式サイトはコチラ

 

GMOコインについて詳しくはコチラ 

GMOクリック証券でも有名なGMOグループが仮想通貨取引所を開設したということで、みなさんも高い前評判は聞いたことがあるかもしれません。その実態は?設立当初のウリは現在どうなっているのでしょうか?

 

DMM Bitcoin:大企業が運営する強いセキュリティ!

 

DMM Bitcoin


DMM Bitcoinを運営しているのは、ゲームや動画コンテンツ、FX証券などでもすでにとても有名なあのDMM.comです。

特にDMM.com証券に関しては、FXの口座数が日本1位と実績があり、FX取引において重要なサーバーの強さなどにも信頼が置けます。

また、国内の取引所の中でもFX取引ができるアルトコインの取り扱い数が最も多いです!

ビットコイン以外の通貨でもFXをやってみたいという方はぜひDMM Bitcoinで取引を始めてみてください!

またDMM Bitcoinは公式アプリをリリースしています。

このアプリでもFX取引をすることができます!

とても使いやすいと人気のアプリです。


DMM Bitcoin公式サイトはコチラ

 DMM Bitcoinについて詳しくはコチラ

 

BitMex:最大レバレッジ100倍!

 

BitMEXは香港に拠点を置く仮想通貨取引所です。

その特徴は、何と言ってもビットコインのレバレッジが最大100倍で、かつ追証なしというFXサービスです。

ビットコインだけでなくイーサリアムやリップル、ライトコインのFX取引もできます。

仮想通貨FX取引に慣れてきたら、高倍率のレバレッジで取引を行ってみるのも良いと思います!

また、海外の取引所としては珍しく日本語にも対応しているので、英語がわからないという方でも安心して使うことができます。


BitMEXでFXを始めよう!

BitMexについて詳しくはコチラ

目次BitMEX(ビットメックス)とは?【BitMEXの特徴1】最高レバレッジ倍率100倍!【BitMEXの特徴2】レバレッジ取引は追証なし!【BitMEXの特徴3】日本語表示に対応BitMEXのメリットBitMEXのデメリットBitMEXの登録方法BitMEXの使い方!入金・取引の方法を解説BitMEXの出金方法と注意点!BitMEXのQ&ABitMEXまとめ BitMEX(ビットメックス)とは? BitMEXは香港をベースとする仮想通貨の取引所です。海外取引所の中ではそこまでメジャーなわけではありませんが、特徴的なのはそのレバレッジ!最高100倍の倍率は、これまでの国内取引所での取引で満足できなかった人におすすめです。まずは、BitMEXという取引所について詳しく調べてみましょう! ビットコインのレバレッジ取引についてはこちらも参照してください! ビットコインのレバレッジは何倍?取引所の倍率比較やリスク分析も!ビットコインのレバレッジ取引って?ロスカットや税金の計算方法は?各取引所における最大倍率や手数料を徹底比較し、そこから見えてきたビットコインのレバレッジ取引ならではの特徴やリスクを惜しみなく紹介します!続きを読む BitMEXの概要 会社名HDR Global Trading Limited会社所在地Republic of Seychelles (BitMEXオフィス自体は香港)会社HP資本金不明 取扱通貨 XBT, BCH, ETH, ETC, ZEC, DASH, XMR, LTC, XRPの9種類 *XBTはビットコインのことです。BitMEXではXBTという名前の通貨を使い、言わば仮想取引を行っているので、100倍という高倍率のレバレッジが可能になるのです。 【BitMEXの特徴1】最高レバレッジ倍率100倍!

 

空売りができる取引所ごとの手数料・レバレッジ比較


以下が、今まで紹介してきた取引所ごとの手数料、レバレッジ、FX取り扱い通貨、追証・ロスカット比率の比較です。

取引所FX手数料※1レバレッジ※2取り扱い通貨追証/ロスカット比率
GMOコイン建玉金額の0.04%/日最大10倍BTC/ETH/BCH/LTC/XRPなし/75~85%
DMM Bitcoin
建玉金額の0.04%/日5倍(固定)BTC/ETH/XEM/XRP/LTC/ETC/BCHなし/80%
BitMEXmaker-0.025%/taker0.075%
資金調達手数料(変動制)/8時間
最大100倍BTC/ETH/BCH/ADA/XRP/LTCなし/50%~

※1 FXの手数料のかかり方は取引所によって形態が異なります。

※2 レバレッジは全てビットコインのFXのものです。アルトコインのFXに関しては異なる場合があります。


このように、取引所によってレバレッジや追証・ロスカット比率は様々です。

また、追証がないと言っていても、証拠金以上の損失が出た場合はその分の支払いが求められる取引所もあります。

始める前には必ずその取引所のルールをよく確認しましょう。


GMOコインでのビットコイン空売りのやり方 

GMOコイン

GMOコインでの空売りの手順

  • GMOコインにログイン
  • 仮想通貨FXを選択
  • 通貨ペアを選択
  • 注文の仕方を選択し、詳細を入力

 

では、GMOコインで実際にビットコインの空売りをしてみましょう!


ログイン後「仮想通貨FXを選択」

まずはGMOコインにログインしましょう。

まだアカウントを持っていないという方は下からまずは口座を開設しましょう。


ログインができたら、左側のメニューから「仮想通貨FX」を選択します!

 GMOコイン口座開設はコチラ


GMOコイン口座開設方法について詳しくはコチラ

「GMOコインの評判を聞いて口座を開設してみたい!でも手続きが多そうで面倒だな」あなたは今そうお考えでありませんか?実はGMOコインの口座を開設する方法は、難しくありません!この記事を読めば、手順を追いながら画像を用いて説明しているので、迷うことなく口座の開設を行うことが出来ます!また、気になる開設にかかる時間も書いているので是非参考にしてみてください。GMOコインの口座開設をしたい方はこちら目次GMOコインの口座開設方法GMOコインの口座開設にかかる日数 GMOコインの口座開設後にやっておくこと GMOコインに関するQ&A まとめGMOコインの口座開設方法GMOコインとは仮想通貨の販売所です!東証一部上場企業「GMOインターネットグループ」の傘下である「GMOコイン株式会社」が運営しています。仮想通貨を売買する取引所じゃないの?と思った方もいらっしゃるかと思いますので、簡単に言うと、取引所は人々が仮想通貨を売り買いするところで、販売所は仮想通貨を販売所運営会社から売り買いするところです。取引する相手が違うということが大きなポイントです。口座を開設する方法には影響しませんが、取引所と販売所の違いが気になる方はこちらをご覧ください。GMOコインは2017年9月に金融庁から仮想通貨交換業者として認可されています。安全性が高いということで、口座を開設しようと考えている人も多いのではないでしょうか。そこで今回はGMOコインで口座を作ってみようか、と考えている人に口座の開設方法を画像も用いてわかりやすく説明します!手順1 メールアドレスを登録する まずGMOコインのホーム画面に表示されている「口座開設はこちら」のボタンをクリックします。 パソコンの方は右上にも口座開設のボタンがありますし、スマートフォンの方は左上の「≡」を押しても口座開設のボタンが表示されます。すると口座開設のページに移動しますのでメールアドレスを入力します。入力するメールアドレス自体はフリーでも問題ないので、Googleで新規のメールアドレスを作成して登録することも可能です。そして「私はロボットではありません」にチェックをして、無料口座開設のボタンをクリックします。 

 

通貨ペアを選択


上の通貨ペアが表示されているバーを選択すると、通貨ペアの選択画面が表示されます。

ここではBTC/JPYペアでの取引の仕方を紹介していきますが、他の通貨ペアでもやり方は同じです。


注文の仕方を選択し、詳細を入力


まずは、「注文タイプ」の欄から自分がしたい注文の仕方を選択します。

 ここでは、わかりやすく初心者でもしやすい指値注文の仕方を説明していきます

指値を選択したら、空売りをしていきたいので次に売買の欄で「売」を選択します。

もちろん、自分でBTCを持っていなくても大丈夫です。

次に「取引数量」の欄に自分が空売りしたい量(BTC)を入力し、売りたい価格を「注文レート」に入力して「執行条件」「指値」を選択すればオッケーです!

これで、あとは確認して確定すれば空売りの注文を出すことができます。

また、レバレッジ倍率に関しては、BTCの場合は5倍または10倍で選択ができますが、他のアルトコインは5倍で一律となっているので注意しましょう。


以上が空売りの簡単な注文方法です(指値の場合)。現物の取引に比べてものすごく難しいというわけではないので、リスクを考えながらぜひ挑戦してみましょう!

また、逆指値といった執行条件やIFDなどの他の注文の仕方についてはこちらの記事で詳しく説明しているので、興味がある方はこちらをご覧ください。


「あのGMOなら安心だし始めたものの使い方がよくわからない」「仮想通貨でFXやってみたいけどやり方がわからない」そう思って立ち止まってしまっている方も多いのではないでしょうか?CoincheckでのNEM流出事件などがあった今、あのGMOが運営しているとなれば安心して使うことができますよね。そんな方のために!今回はGMOコインの入出金方法や取引方法だけでなく、FXや公式アプリ「ビットレ君」の使い方もスクショと共に徹底解説します!この記事を読んでGMOコインで自分の思うままに取引をしていきましょう。目次GMOコインとはGMOコインの登録方法GMOコインの日本円入出金方法GMOコインの仮想通貨送受金方法GMOコインの取引方法GMOコインのスマホアプリ「ビットレ君」の使い方GMOコインの使い方まとめGMOコインとはあのGMOグループの仮想通貨取引所!GMOコインを運営しているのは、あのGMOグループのGMOコイン株式会社です。GMOクリック証券は取引高世界一のFX取引所であり、仮想通貨の取引所においてもそのサーバーやセキュリティの強さは間違いなく活きてきます!また、大元のGMOインターネット会社は上場企業でもあり、倒産リスクは他の一般的な取引所と比べるとかなり低いと考えられます。販売所形式なので初心者向け!GMOコインでは現物売買とFXができるのですが、現物売買は「販売所」形式となっています。一口に取引所と言っても、実際の形式としては「販売所」と「取引所」で区別することができます。「販売所」ではGMOコインが提示する価格で売買が行われ、量を決めるだけで簡単にその場で取引が成立します。「取引所」のようにユーザー間での駆け引きなどはなく、なかなか相手が現れずに取引が成立しないということがないので、初心者でも簡単に仮想通貨の売買ができてしまいます。しかし、価格はGMOコインが決めるもので売買の価格の差(スプレッド)があるため、大抵「取引所」で売買するよりも買うときは高く、売るときは安くなってしまうので注意が必要です。<スプレッドや手数料について詳しくはこちら>GMOコインの手数料は無料で国内イチお得!入出金、送金、取引手数料、スプレッドを他社と比較!仮想通貨を取引するときには、少しでも手数料を安くしたいですよね?GMOコインの手数料は安いんです!では他と比べてどのくらい安いんで



空売りする際の注意点


空売りは簡単に言えば、高い時に売って安い時に買い戻せばそれで利益が得ることができます。

しかし、空売りができる仮想通貨のレバレッジ取引(FX)はとてもリスクがあることを肝に命じておかなければいけません。

仮想通貨が未だ価格が安定しておらず、値動きの変動(ボラティリティ)がとても大きいからです。

予想が外れ大損することもあるかもしれません。

そうならないように、価格の動きの予想が外れた場合こまめに損切りして、冷静に相場と向き合いましょう!


 仮想通貨FXについてもっと詳しく知りたい方はコチラ

仮想通貨FXとは、仮想通貨を用いた証拠金取引です。この記事では、仮想通貨FXを始める上で必須の基礎知識やメリット・デメリット、そしてコインオタクのトレーダーが厳選したおすすめ取引所BEST3も紹介しています!

 

ビットコインの空売りに関するQ&A 


ビットコインの空売りが規制・禁止されるってほんと?

2018年3月に行われたG20において、ビットコインの空売り規制が議題になるのではないかという噂がありました。空売り規制の目的としては、投機目的の不当な空売りを防ぐことなどが挙げられたようですが、詳しくはわかりません。

しかし、実際にG20によって空売りの規制が決まることはなく、現在も日本では特に空売りに関する規制はありません(先述したようにFX取引ができることからもわかりますね)。

ただし、従来投機対象となってきた株などに比べてビットコインなどの仮想通貨はボラティリティ(価格の変動)が非常に大きいため、取引参加者が大きく損失を出してしまう確率も高く、未だに規制を訴える人もいるようです。

もし空売りが規制されてしまったらビットコインの取引量が減ってしまい流動性の低下にも繋がるかもしれません。

空売り比率ってどういう意味? 

信用取引やFXにおいては、現物取引ではないため空売りをした後に必ずどこかでその分買い戻さなくてはなりません。

空売り比率とは、空売りされたまま買い戻されていない量を、全体の出来高で割ったものです。したがって、空売り比率が高いということは空売りしたまま買い戻すタイミングを探している人が多いことを意味します。

つまり、空売り比率が高いと、その分その後に買い戻す人が多い=潜在的な買い圧力が強いということで、その後の価格の上昇が見込まれるのです。

このように、空売り比率は取引の参考になる数字なのですが、残念ながら今の所一般のユーザーがビットコインの空売り比率を調べる方法はないようです。


ビットコインの空売りまとめ



いかがでしたでしょうか!

ビットコインの空売りについて説明しました。

レバレッジをかけるとリスクも高くなりますが、しっかりとチャートの動きを読めれば下落相場でも利益を出すことができます。

一時期のようなわかりやすい上げ相場でなくても利益を出せるように、しっかり勉強して空売りを始めてみましょう!


ビットコインの空売りまとめ

  • 空売りとは「先に売って後から買い戻す」こと
  • 空売りをすれば価格が下落していても利益が出せる!
  • 空売り初心者におすすめな取引所はGMOコイン!


GMOコインでFXを始める!