「今話題のDeFiを買って楽して稼ぎたいけど、今から勉強するのはめんどくさい…」

そうお考えではないでしょうか?

もし、期待できそうなDeFi銘柄を誰かが教えてくれたら、手間もかかりませんし理想的ですよね。

そこで今回は暗号資産(仮想通貨)の専門家コインパートナーが、オススメのDeFi銘柄を厳選して紹介します。

この記事を読み終える頃には、あなたも稼げるチャンスを掴めているでしょう!

仮想通貨DeFiとは

DeFiとは?ざっくり解説

DeFiとは分散型金融と呼ばれる、ロックチェーン上に構築される金融エコシステムのことを指します。
誰でも平等にDeFiのシステムにアクセスでき、金融機関が仲介しなくても、資産管理ができます。

またスマートコントラクトを活用しており、様々な金融領域で透明性・利便性の向上を目指しています。

DeFiの詳しい説明はこちら

仮想通貨のDeFiトークンとは何か?急騰中の分散金融トークンを5分で解説します! | CoinPartner(コインパートナー)
「DeFiって何?でも今さら聞けない!」そんな想いに応えるため、初心者でもわかるよう徹底解説します! この記事では、そもそもDeFiとは何か、メリットや注意点など、専門家の意見も加えてお答えします。 これで今後あなたも、DeFiの動向を追えるようになること、間違いありません!

仮想通貨DeFiの魅力3つ

DeFiの魅力3つ

DeFi銘柄の魅力をまとめると

  • 安全に暗号資産の取引ができる
  • 誰でも簡単に資産が保有できる
  • 今話題のイールドファーミングができる

1.安全に仮想通貨の取引ができる

見出し3

メリット1つ目は、金融機関が仲介しなくても、安心して取引できることです。

取引がブロックチェーン上に記載されるので

・スマートコントラクトにより契約が自動で実行され、不正な二重支払いが起きない
・取引内容が共有されるので、透明性が高い
・契約は誰にも書き換えられない

ということから、顔を見たことない相手でも安心して取引ができます

⇩スマートコントラクトの詳しい説明はこちら⇩

スマートコントラクトとは?ブロックチェーン技術の新たな可能性を考察! | CoinPartner(コインパートナー)
時価総額第二位の暗号資産(仮想通貨)イーサリアムの最大の特徴であるスマートコントラクトですが、なにがすごいのか分からない人も多いかと思います。この記事ではスマートコントラクトとは何なのか、メリットや問題点、さらにスマートコントラクトを実装する具体的な事例も紹介していきます!

2.誰でも簡単に資産が保有できる

見出し3

メリット2つ目は従来の金融サービスを利用できない人でも、資産を持つことができます。

DeFiでは金融機関が仲介しないので、審査などの面倒な手続きがありません。
これにより、金融サービスへの参入障壁を下げることができます。

誰でも簡単に、資産を保有することができるのは大きなメリットです!

3.仮想通貨DeFiで話題のイールドファーミング

見出し3

メリット3つ目は、イールドファーミングと呼ばれる話題のマイニングができることです。

イールドファーミングとは、DeFiサービスに資産を貸し出すことで、手数料・金利を得ることです。

この運用モデルが話題になったのは、DeFiサービス の多くで資産の提供者に対し、インセンティブとしてガバナンストークンを付与し始めたことがきっかけです。

仮想通貨DeFiのオススメ銘柄BEST5

オススメ銘柄BEST5

今回ご紹介するDeFi銘柄は、

・注目度
・上昇率
・知名度

の3つの観点から、5つの銘柄に厳選して紹介します。 

またバブルとも言える高騰を見せており、DeFi銘柄は他の暗号資産よりも価格変動が激しいです。
十分注意して、自分にあった通貨を選んでみましょう。

DeFiのオススメ銘柄BEST5

    • COMP | 成長ぶりに今後の可能性を感じる人向け
    • DAI | DeFi銘柄の中でもリスクが低く有名な通貨を保有したい人向け
    • LEND |  キャッシングサービスとして将来性を感じている人向け
    • KNC | DEX(分散型取引所)の中で、今後の成長に期待できる通貨を保有したい人向け
    • ETH | DeFiは怖いけど、有名でDeFiの影響で価格が上がりそうな通貨を保有したい人向け

仮想通貨DeFiおすすめ銘柄① | COMP

見出し3

COMPとは、レンディングサービスCompoundが発行するガバナンストークンです。
ガバナンストークンは、プロジェクトの意思決定に介入するための権利として機能します。

2020年6月から4年間、プラットフォーム利用者にCOMPを発行
毎日2,880COMPをCompoudnの8つのレンディング市場に充てて、4年間で約420万トークンの配布を予定しています。

COMPは過去に時価総額1,000億円を超え、DeFiで最も価値のあるトークンと言われています。
そして知名度が最も高いDeFi銘柄の一つです。

COMPは成長ぶりに、今後の可能性を感じるという人にオススメの通貨です!

COMP | 現在の価格

チャート(COMP)

(参照:Treading View COMPUSD)

執筆時点(9月3日)のCOMPは、238.08ドル(円)
上場した日の最安値と比べて現在の最高値は+147%価格が上昇しています。

BINANCE | COMPが上場している取引所

COMPが上場している取引所の1つにBINANCE(バイナンス)があります。

バイナンスとは、150種類以上の暗号資産を取り扱う、世界最大の海外取引所。 
現物の取引手数料は通常で約定額の0.1%で、他の海外取引所と比べて安いと言われています。

ただ日本語表示はできないので、利用する時は他の言語を使いましょう。

⇩バイナンスの詳細はこちら⇩

バイナンス(Binance)とは?特徴・評判・登録方法・使い方をわかりやすく解説 | 海外投資エージェント
「バイナンスを使ってみたいけど、海外の取引所だから怖くて登録に踏み切れない。」 そんな悩みを抱えてはいませんか? たしかに海外の取引所は「怪しい」とイメージされ、敬遠されがちです。 しかし、国内取引所だけでは手数料も高く、購入できる通貨も少ないため大きな利益を出すのが難しいのが現状です。 その点、バイナンスは多くの暗号資産(仮想通貨)を安く購入できる取引所であり、利用することで今まで以上に利益を上

仮想通貨DeFiおすすめ銘柄② | DAI

見出し3

DAIとは、Maker財団が運営するMaker DAOの通貨です。
Maker DAOとは、DeFi市場で最大・最古参のレンディングサービスで、BATやETHなどの通貨を担保に米ドルと価値が紐づくDAIを借用・発行できます。

価格は、1DAI=1$と価値が固定されているステーブルコインで、取引価格が変動しないよう設計された通貨です。
また、2020年7月26日には預かり資産が10億ドルを突破するなど、知名度も高くDeFi市場を牽引する存在です!

DAIはDeFi銘柄の中でもリスクが低く、有名な通貨を保有したいという人におすすめの通貨です!

DAI | 現在の価格

チャート(DAIUSD)

(参照:Treading View DAIUSD)

執筆時点(9月3日)のDAIは、1.01ドル(円)
DAIはステーブルコインなので、価格変動がほとんどありません

 Coinbase | DAIが上場している取引所

DAIが上場している取引所の1つにCoinbase(コインベース)があります。

コインベースとは、利用者3,000万人超えの海外で人気の取引所です。
DAIを含めて12通貨、26ペア取引でき、取引方法は販売所と取引所の2種類。

日本語対応は未実装ですが、日本進出に向けて準備を進めているそうです。

⇩コインベースの詳細はこちら⇩

coinbase(コインベース)の特徴や評判、口座開設方法などを徹底解説! | 海外投資エージェント
「coinbase(コインベース)って一体なんなんだろう...」 そのような悩みを抱えてはいませんか? 暗号資産(仮想通貨)をやっているとたまに聞く「coinbase(コインベース)」について知りたいですよね! 今回の記事は、注目の暗号資産(仮想通貨)取引所である「coinnbase(コインベース)」についてです! 海外投資エージェントがcoinbaseの特徴やメリット・デメリット、登録方法から使

仮想通貨DeFiおすすめ銘柄③ | LEND

見出し3

LENDは、レンディングサービスETHLendで使用されるトークンです。
ETHLendとは、ETHのブロックチェーンを用いて、世界中の法人・個人とお金の貸し借りを自由にできるサービス。

このサービスでは、借り手が自由に金利を提示し、その借り手にお金を貸し出せます。
強みは金融機関が仲介しないので、誰でも簡単に融資を受けられることです。

他のDeFi銘柄と比べると少し知名度は低いですが、価格の伸び率・開発状況も好調です。

LENDはキャッシングサービスとして将来性を感じているという人におすすめの通貨です!

LEND | 現在の価格

チャート

(参照:Treading View LENDUSD)

執筆時点(9月3日)のLENDは、0.715ドル(円)
2020年1月1日の最安値と比べて現在の最高値は+5,107%価格が上昇しています。

DeFi銘柄の中でも、目を引く価格の伸び率です!

BINANCE | LENDが上場している取引所

LENDが上場している取引所の1つにBINANCE(バイナンス)があります。

バイナンスとは、150種類以上の暗号資産を取り扱う、世界最大の海外取引所。 
現物の取引手数料は通常で約定額の0.1%で、他の海外取引所と比べて安いと言われています。

ただ日本語表示はできないので、利用する時は他の言語を使いましょう。

仮想通貨DeFiおすすめ銘柄④ | KNC

見出し3

KNCは、Kyber NetworkというDEX(分散型取引所)で発行しているトークンです。
Kyber Networkでは、異なるブロックチェーン同士で様々な暗号資産を簡単に交換できます。

コロナ不況にも関わらず、開発者の貢献・SNSメディアでの話題など総合的に見ても、急成長中のプロジェクトの1つです。

KNCはDEX(分散型取引所)の中で、今後の成長にできる通貨を保有したいという人におすすめの通貨です!

KNC | 現在の価格

チャート

(参照:Treading View KNCUSD)

執筆時点(9月3日)のKNCは、1.69ドル(円)
2020年1月1日の最安値と比べて現在の最高値は+924%価格が上昇しています。

Coinbase| KNCが上場している取引所

KNCが上場している取引所の1つにCoinbase(コインベース)があります。

コインベースとは、利用者3,000万人超えの海外で人気の取引所です。
DAIを含めて12通貨、26ペア取引でき、取引方法は販売所と取引所の2種類。

日本語対応は未実装ですが、日本進出に向けて準備を進めているそうです。

⇩KNCの詳細はこちら⇩
仮想通貨KyberNetwork(KNC)とは?特徴・買い方・取引所・将来性・チャート・マイニング・ニュースを解説 | CoinPartner(コインパートナー)
KyberNetwork(KNC)とはどのような暗号資産(仮想通貨)?あのイーサリアム創立者Vitalik氏がアドバイザーをつとめる暗号資産(仮想通貨)KNCの特徴、メリット、将来性、オススメの取引所、ウォレットなどをわかりやすく解説しました!

仮想通貨DeFiおすすめ銘柄⑤ | ETH

ETHは、Ethereum(イーサリアム)プラットフォーム上で使われるトークンです。
2020年現在、時価総額2位と、とても人気が高い通貨です。

また最大の特徴として、スマートコントラクト技術は欠かせません。
この技術により、自動でスムーズな取引が実現できます。
      

イーサリアムは、Dapps(分散型アプリケーション)のために開発され、DeFiでも基盤技術として使われています。
ですのでDeFiが発展することは、イーサリアムに良い影響をもたらします。

ETHはDeFiは怖いけど、DeFiの影響で価格が上がる有名な通貨を保有したいという人におすすめの通貨です!

ETH | 現在の価格

チャート(ETHUSD)

(参照:Treading View ETHUSD)

執筆時点(9月3日)のETHは、450ドル(円)
2020年1月1日の最安値と比べて現在の最高値は+351%価格が上昇しています。

Coincheck | ETHのオススメ取引所

ETHを取引するなら、コインチェックをオススメします!

シンプルな見た目と使いやすさからどのレベルの人にも人気の取引所です。
その証拠にアプリのダウンロード数230万人以上と国内最多です。

販売所形式なので、誰でも簡単にETHを取引できます。

まずは登録してみよう

⇩その他のオススメはこちら⇩

【2020最新】イーサリアム(ETH)取引所おすすめランキング!お得で簡単に購入出来る取引所を厳選! | CoinPartner(コインパートナー)
イーサリアム(ETH)の購入におすすめの暗号資産(仮想通貨)取引所をランキング形式で紹介します!時価総額2位でビットコインに次ぐ人気を誇るイーサリアムですが、どの取引所で購入するべきか悩んでいる方も多いでしょう。イーサリアム取引所の手数料も比較していきます!

仮想通貨DeFiオススメの銘柄まとめ

いかがでしたか?

今回はオススメのDeFi銘柄と、どんな人に向いているか紹介してきました。
これでどの銘柄が自分にあっているのか、判ったのではないでしょうか?

DeFi銘柄はリスクが高いと言われていますが、今後も伸びていく注目の銘柄に違いないでしょう。

ぜひこの記事を参考にしてみてください。

⇩DeFi以外の銘柄も要チェック⇩

仮想通貨おすすめランキング2020年完全版|500銘柄を徹底考察し選んでみた | CoinPartner(コインパートナー)
2020年のおすすめ暗号資産(仮想通貨)をコインパートナーの月利300%トレーダーが厳選!利益を最大化するための6つのテクニックと5つのツールとともに、2020年最もおすすめの銘柄を紹介します。