Sコインって情報があまりなくて、どんなコインかよく分からない…

Sコインの詳細について、気になっている方は多いのではないでしょうか?

そこで今回は、開発途中のSコインについて、将来予想も加えてお伝えします。

これであなたも、Sコインについて今より分かるようになります!

Sコインとは?

Sコインとは

Sコインとは、SBIが発行するデジタル通貨で、2020年8月現在では開発段階の通貨です。
またMoney Tap(マネータップ)」との連携により、スマホでSコインを送金・決済できるようになるそうです。

またSコインは、2025年大阪万博で地域コインとして使われるよう開発を進めています。

Sコインの特徴をまとめると…

  • 「Sコインプラットフォーム」でSコインを発行
  • 「Corda」でスムーズな取引を実現
  • 「Money Tap」によりスマホで送金・決済ができる

Sコインプラットフォーム

見出し3

「Sコインプラットフォーム」では、用途に応じで独自のデジタル通貨を設計・発行できます。
2020年7 月の実験では、SBIホールディングスが発行する決済用コイン「Sコイン」の発行に用いられました。

「Sコインプラットフォーム」はSコインだけでなく、前払い用の電子マネーなど、様々な用途で応用できます。

ブロックチェーン技術「Corda」

「Corda」により迅速で効率的な取引ができる

Sコインプラットフォームには、米国のR3社が提供する、ブロックチェーンソリューション「Corda」が使われます。

Cordaとは、パーミッション型の分散型台帳基盤、つまりブロックチェーンです。
パーミッション型ブロックチェーンでは、特定の管理会社が一部の権限を、信頼できる少数のノードに指定します。

そのためCordaにより、迅速で効率的な取引承認が可能です。

リップル技術を活用「Moneytap」

スマホアプリ「マネータップ」でSコインが使える予定

「Money Tap(マネータップ)」とは、リップルの技術を用いた、スマートフォン用決済・送金アプリです。
このアプリで、Sコインが使える予定です。

マネータップは、銀行口座から銀行口座へ、直接送金・即時着金できます
またマネータップに、リップルの技術が使われていることも見逃せません。

Sコインはリップルの影響を受ける可能性があるので、販売後はリップルの動向もチェックしましょう。

リップルのおすすめ取引所はこちら

⇩その他のオススメはこちら⇩

【2020最新】リップル(XRP)取引所おすすめランキング!人気取引所5社を短所も隠さず解説 | CoinPartner(コインパートナー)
【2020年最新】リップル(XRP)の取引所ってどこがいいの?って思っても取引所は沢山ありすぎて選べないですよね。そこでコインパートナーがリップルを安く購入できるおすすめの取引所を厳選してランキング形式で紹介します。

Sコインの購入方法

Sコインの購入方法

2020年8月現在、Sコインは販売が開始されていません。

想定される購入方法は

・マネータップ内でコインをチャージする
・クレジットカードでチャージする

・Sコイン端末機でチャージする

の3パターンです。

またSコインは取引所に上場予定なので、取引所でも購入できるようになる可能性が高いです。

今のうちに登録しておこう

 

⇩口座開設の方法はこちら⇩
【動画・画像で解説】Coincheck(コインチェック)の登録・口座開設方法【5分で簡単】 | CoinPartner(コインパートナー)
Coincheck(コインチェック)の登録方法を画像付きで詳しく解説しています。すぐに取引が開始できるように日本円の入金方法やセキュリティを飛躍的にアップさせる二段階認証の方法なども解説しています。

Sコインの気になる今後は?

Sコインの機になる今後は

2020年8月現在、Sコインは実証実験途中なので、詳細な情報はほとんど出ていません。
理由としては、SBIホールディングスがSコイン開発において、セキュリティ対策に時間がかかっていると考えられます。

しかしSコインは、大阪万博で地域コインとして2025年までに購入できる可能性が高いです。
いつ発売されても困らないように、取引所へは早めに登録しておきましょう。

おすすめの取引所はこちら

 

⇩オススメの取引所紹介記事はこちら⇩

手数料の安い仮想通貨取引所は?国内10社を徹底比較し紹介します | CoinPartner(コインパートナー)
暗号資産(仮想通貨)取引所ごとに手数料は大きく異なります。この記事では各取引所の取引手数料・送金手数料・入出金手数料を一目でわかる表にまとめ、最後には総合的に手数料の安い暗号資産(仮想通貨)取引所をランキング形式で紹介します!手数料の違いを把握して上手に取引所を使い分けましょう!

Q&A

Q&A

Sコインの購入方法は?

想定される購入方法は3パターン。他には取引所でも購入できる可能性は高い

現時点で3パターン想定されています。

・クレジットカードからチャージする
・Sコイン端末機でチャージする
・マネータップのアプリでチャージする

の3パターンです。

またSコインは上場する予定ですので、国内の仮想通貨取引所でも購入できる可能性は高いです。

今のうちから登録しよう

 

⇩コインチェックの詳細はこちら⇩
Coincheck(コインチェック)の特徴・評判・手数料・登録方法を全部解説! | CoinPartner(コインパートナー)
Coincheck(コインチェック)は、暗号資産(仮想通貨)初心者に最も人気の取引所です。人気とはいえ特徴や評判を知らずに口座開設するのは危険!この記事では、運営再開し大きく変わったコインチェックの実態を、30人の東大生編集部が徹底的に解明します。

Sコインはいつから購入できる?

発売時期は未定。でも2025年に販売される可能性がある

未定ですが、2025年頃に販売される可能性が高いです。

SBIホールディングスの北尾社長によると、2025年の大阪万博で地域コインとして採用されるのを目標に開発を進めています。

ですので、2025年頃に購入できる可能性が高いでしょう。

Sコインの価格は?

現時点で価格は未定。上場後は価格変動する可能性が高い

未定ですが、取引所に上場予定なので発売後は価格変動があるそうです。

Sコインは現時点で実験段階なので価格の予想がついていません。

今後もSBIの公式HPで最新情報をチェックしましょう

上場前に一早く

Sコインのまとめ 

いかがでしたか?

今回はSコインの概要や、今後の展開をお伝えしてきました。

残念ながら現在は、実験段階ですので、Sコインの全貌が明らかになっていません。
ですが開発目処は立ってますし、そろそろ詳細が明らかになっていくのではないでしょうか?

Sコインは今後取引所で取り扱われるだけでなく、地域コインとして活躍する可能性を秘めています。

取引所に登録しておき、Sコインの情報をチェックしましょう。

オススメの取引所はこちら

 

⇩コインチェックの登録方法はこちら⇩
【動画・画像で解説】Coincheck(コインチェック)の登録・口座開設方法【5分で簡単】 | CoinPartner(コインパートナー)
Coincheck(コインチェック)の登録方法を画像付きで詳しく解説しています。すぐに取引が開始できるように日本円の入金方法やセキュリティを飛躍的にアップさせる二段階認証の方法なども解説しています。