「DMM Bitcoinの取り扱い暗号資産(仮想通貨)ってなに?」

という疑問をお持ちではないでしょうか?

確かにDMM Bitcoinでどのような暗号資産(仮想通貨)を扱っているのか気になりますよね。

この記事では、コインパートナーがDMM Bitcoinの取り扱い暗号資産(仮想通貨)の特徴と将来性を徹底解説します!

これを読めば、DMM Bitcoinで扱われている暗号資産(仮想通貨)の全てがわかります!

DMM Bitcoinの取り扱い暗号資産は
全部で11種類!

  • ビットコイン:世界で最も取引されている暗号資産
  • リップル:国際送金を担う暗号資産
  • イーサリアム:スマートコントラクトを搭載した暗号資産
  • ビットコインキャッシュ:ビットコインから分裂した暗号資産
  • ライトコイン:ビットコインよりも実用的な暗号資産
  • ステラルーメン:少額の送金・決済に適している暗号資産
  • イーサリアムクラシック :イーサリアムから分裂した暗号資産
  • ネム:独自のシステムを多く採用している暗号資産
  • モナコイン:2チャンネルから誕生した日本発の暗号資産
  • クアンタム:BTCとETHの良いとこどりをした暗号資産
  • ベーシックアテンショントークン:次世代のWebブラウザで用いられる暗号資産

DMM Bitcoinで口座開設をする!

DMM Bitcoinの取り扱い暗号資産(仮想通貨)一覧

DMM Bitcoin 取り扱い銘柄

DMM Bitcoinは11種類の暗号資産(仮想通貨)を取り扱っています。

DMM Bitcoinはレバレッジ取引に特化しており、国内でイーサリアムクラシック・モナコイン・クアンタムのレバレッジ取引ができるのはDMM Bitcoinだけです!

レバレッジは4倍までかけることができ、大きな利益を出したいと考えている方にオススメです。

DMM Bitcoinの口座を開設!

DMM Bitcoinがいいって聞くけど実際どうなのか気になっていませんか?DMM Bitcoinのメリット・デメリットをTwitterでみられる実際の評判とともに解説します!DMM Bitcoinがどんな人におススメなのか見てみましょう!
 

ビットコイン(BTC)の特徴と将来性

ビットコインのロゴ

ビットコイン(BTC)の特徴

ビットコインとは、正体不明の経済学者「ナカモト・サトシ」が2009年に発表した世界初の暗号資産(仮想通貨)です。

インターネット依頼の大発明とも言われるブロックチェーン技術が発明されるきっかけでもあります。

新しい決済システムとなることを目的に開発されており、現在はさまざまな暗号資産(仮想通貨)を取引する基軸となっています。

暗号資産名(単位) Bitcoin(BTC)
運用開始時期 2009年
時価総額 約14兆円(第1位)
ブロック生成速度 約10分
​ビットコインとは?世界初の仮想通貨の仕組み・将来性・歴史・購入方法など徹底解説! | CoinPartner(コインパートナー)
ビットコインとは今世界で大ブームを引き起こしている暗号資産(仮想通貨)です。仕組みがわからずなんとなく怖いと思い手を出せていないあなたは得するチャンスを逃しているかも!ビットコインの仕組みや人気の理由を初心者向けに図とともに10分で解説します!

ビットコイン(BTC)の将来性

ビットコインの実用化は順調に進んでおり、日本ではビックカメラやH.I.S.などをはじめ多くの企業がビットコインによる決済システムを導入し始めています。

どこの国でも使用できる「世界共通の決済手段」となる可能性があります!

現在は、それぞれの国で使われている決済手段が違い、両替などをする必要がありますが、それがビットコインで決済できるようになる時代がくるかもしれません。

DMM BitcoinでBTCを購入!

ビットコインは今後どうなる?2020年の価格予想や将来性を徹底解説 | CoinPartner(コインパートナー)
ビットコインは今後どうなるか気になりますよね?この記事では、ビットコインの将来性が高い理由や、過去の価格暴落・高騰の歴史、今後を左右する要因、さらには著名人のビットコインの価格予想まで解説しています!

イーサリアム(ETH)の特徴と将来性 

イーサリアムのロゴ

イーサリアム(ETH)の特徴

イーサリアムとは、分散型アプリケーション(DApps)を開発可能なスマートコントラクトを実装した暗号資産(仮想通貨)です。

ビットコインは決済手段として用いることが目的ですが、イーサリアムはアプリ開発を可能にして、様々なサービスを人々に提供出来るプラットフォームになることを目的としています。

またイーサリアムのブロックチェーン上で、ICOを行うために独自トークン(ERC20トークン)を発行可能です。

暗号資産名(単位) Ethereum(ETH)
運用開始時期 2014年2月
時価総額 約2.0兆円(第2位)
ブロック生成速度 約15秒
仮想通貨イーサリアム(ETH)とは?特徴・仕組み・将来性を分かりやすく解説 | CoinPartner(コインパートナー)
イーサリアム(Ethereum、ETH)は、あのビットコインに次ぐ時価総額を持つ暗号資産(仮想通貨)です。決済手段ではなく「ワールドコンピューター」を目指すというイーサリアムの特徴や仕組み・将来性などをコインパートナーが徹底解説します!

イーサリアム(ETH)の将来性

イーサリアムはアプリケーション作成の基盤となっているため、さまざまなサービスを展開可能であり、多くの企業がこれから参加してくると考えられます。

その場合、ますます良いアプリケーションが開発されトークンの価格が上がりイーサリアムの需要も高まっていくと考えられます。

もしかしたら今後ビットコイン(Bitcoin)にかわって、暗号資産(仮想通貨)の中での基軸となる可能性があります。

DMM BitcoinでETHを購入!

イーサリアムの今後はどうなる?2020年の価格予想・将来性・特徴・アップデート | CoinPartner(コインパートナー)
イーサリアムは2019年コインパートナーが最も注目、期待をしている通貨です。将来性は豊富で、今後の社会において活躍する場面は多いでしょう。そんなイーサリアムの今後の価格予想を紹介するとともに価格上昇の可能性があるイベントを説明します!

リップル(XRP)の特徴と将来性 

リップルのロゴ

リップル(XRP)の特徴

リップルは、送金や決済に特化した暗号資産(仮想通貨)で、手数料が非常に安く、反映されるのが非常に速いのが特徴です。

ブロックチェーンを利用していないという暗号資産(仮想通貨)としては非常に珍しい特徴を持っています。

リップルは、海外に送金する際の仲介役となることも目的としており、海外への送金も数秒で行うことができます。

また、2種類の暗号資産(仮想通貨)間の橋渡しをすることで決済の手間やコストを削減する機能も備えています。

暗号資産名(単位) Ripple(XRP)
運用開始時期 2013年9月26日
時価総額 約9200億円(第3位)
ブロック生成速度 約5秒
仮想通貨リップル(XRP)とは?特徴・仕組み・将来性を詳しく解説! | CoinPartner(コインパートナー)
リップルを買ってみたはいいけど、どんな暗号資産(仮想通貨)なのかよく分かってないなんてことはありませんか?いま世界でもっとも注目されている暗号資産(仮想通貨)をあらゆる面から解説します!

リップル(XRP)の将来性

リップルにはグーグルが出資していたり、三菱UFJがリップルネットワークを使った送金システムのテストを予定しているなど名だたる大企業が注目しており、将来に期待ができます。

ただ、リップルのネックな部分として、非常に中央集権的なシステムであるということが挙げられます。

そのためリップル社の動向によってその将来やシステムが大きく変わってしまいます。

DMM BitcoinでXRPを購入!

リップル(XRP)の今後と将来性|買い時はいつ?著名人による価格予想も紹介 | CoinPartner(コインパートナー)
リップルは2020年最も成長の期待される暗号資産(仮想通貨)のひとつです。なぜなら、リップルに関連するイベントやプロジェクトが一気に動き出すからです。今回はコインパートナーがリップルの今後と将来性について解説します。

ビットコインキャッシュ(BCH)の特徴と将来性 

ビットコインキャッシュ(BCH)の特徴

ビットコインキャッシュはビットコインのハードフォークで誕生した暗号資産(仮想通貨)で、ビットコインのスケーラビリティ問題を解決するために誕生しました。

ビットコインのブロックサイズが1MBなのに対して、ビットコインキャッシュは32倍の32MBとなっています。

ビットコインに比べ、実用性が高いのが特徴です。

暗号資産名(単位) BitcoinCash(BCH,BCC)
運用開始時期 2017年8月1日
時価総額 約4700億円(第5位)
ブロック生成速度 約10分
仮想通貨ビットコインキャッシュ(BCH)とは?特徴・仕組み・将来性・チャート分析を徹底解説! | CoinPartner(コインパートナー)
ビットコインキャッシュ(BCH)はビットコインのハードフォークで生まれた暗号資産(仮想通貨)です。決済にも使われる可能性の高い暗号資産(仮想通貨)の特徴・買い方のような基本的なことから将来性・チャート分析など発展的なことまでどの記事よりもわかりやすく解説します!

ビットコインキャッシュ(BCH)の将来性

ビットコインキャッシュは、ビットコインのメリットはそのまま残し、問題点を改善している暗号資産(仮想通貨)なので、非常に将来性は高いと考えられます。

海外の取引所にはビットコインキャッシュを基軸として扱う取引所も存在しており、ビットコインに代わる暗号資産(仮想通貨)となる可能性も秘めているのです。

さらにブロックサイズが非常に大きいので、今後決済などでビットコインキャッシュが頻繁に使われるようになっても今と同じような速度・手数料で利用することができるでしょう。

DMM BitcoinでBCHを購入!

【2020年版】ビットコインキャッシュは今後どうなる?最新の価格予想・特徴・将来性を解説 | CoinPartner(コインパートナー)
ビットコインキャッシュ(BCH)は、2017年にビットコインのハードフォークにより誕生してからビットコインの代替として注目、期待されています。そんなビットコインキャッシュは今後価格を伸ばすのでしょうか?コインパートナーがまとめました!

ライトコイン(LTC)の特徴と将来性 

ライトコイン(LTC)の特徴

ライトコインとは、ビットコインを補完する商取引媒体を目指した暗号資産(仮想通貨)です。

ライトコインのブロック生成速度はビットコインの4倍の速度の2.5分、総発行枚数はビットコインの4倍の8400万枚となっており、高い流動性と実用性を兼ね備えています。

またSegwitライトニングネットワークなどの最新技術を導入しており、日常的な決済に利用することが期待されています。

暗号資産名(単位) Litecoin(LTC)
運用開始時期 2013年5月
時価総額 約3000億円(第7位)
ブロック生成速度 約2.5分
ライトコイン(Litecoin/LTC)の特徴とは?今後の将来性や購入方法を解説 | CoinPartner(コインパートナー)
ライトコインは、日本ではそこまで人気の高い通貨ではないですが、実はアメリカでは結構人気な通貨なんです。ビットコインが「金」ならライトコインは「銀」と言われるその所以は?この記事でその全てを理解できること間違い無し!

ライトコイン(LTC)の将来性

ライトコインはビットコインと似ていて突出した特徴はないものの、ブロック生成スピードが早いことから、決済に利用されることが期待されています。

また1枚あたりの価格がビットコインよりも安いため、手数料も安く済ませることができます!

このことから、少額決済にも使いやすくなり、暗号資産(仮想通貨)の実生活への導入に大きく貢献する可能性あると考えられます。

DMM BitcoinでLTCを購入!

【2020年版】ライトコイン(LTC)は今後どうなる?特徴や将来性、チャート推移から徹底予想! | CoinPartner(コインパートナー)
暗号資産(仮想通貨)のライトコイン(LTC)の今後について徹底予想します!ライトコインは2019年現在時価総額5位の優良コインです。この記事では、特徴や過去のチャートから将来性を予想していきます。購入におすすめの取引所もご紹介!

ステラルーメン(XLM)の特徴と将来性

ステラルーメン

ステラルーメン(XLM)の特徴

ステラルーメンとは、リップルの開発者で、世界初の取引所マウントゴックスの創設者の「ジェド・マケーレブ」氏が開発した暗号資産(仮想通貨)です。

ステラルーメンは、国境を越えた送金や決済のスピードを早くすることが目的としており、送金は3〜5秒で終わります!

リップルと同じように思うかもしれませんが、法人向けのリップルとは違い、ステラルーメンは少額の送金や決済が便利になっています。

手数料が安く、送金・決済スピードが早いため、送金決済に適している暗号資産(仮想通貨)と言えます!

暗号資産名(単位) Stellar Lumens(XLM)
運用開始時期 2014年7月
時価総額 約1100億円(第14位)
ブロック生成速度 約5秒
仮想通貨ステラルーメン(StellarLumens/XLM)とは?注目の通貨の特徴・将来性・購入方法など徹底解説! | CoinPartner(コインパートナー)
あのリップルと同じ仕組みを持ち、大手企業とも次々に提携しているStellar Lumens(ステラールーメン)。今最先端の国際送金・決済ネットワークを展開する暗号資産(仮想通貨)の将来性・メリット・デメリットをコインパートナーが分析・解説しました!

ステラルーメン(XLM)の今後・将来性

ステラは、その性能から送金・決済の暗号資産(仮想通貨)としては将来性が高く、今後ステラを決済用に使用する人は増える可能性があります。

ただし、使われるからといって価格が上がるとは限りません。

ステラは過去に、低コストを送金を目的としている為高騰している際にステラを無料配布して、価値を下げようとしました。

暗号資産(仮想通貨)と性能として決済インフラ的側面からは、将来性が高いですが、投機的側面からは必ずしも高いとは言い切れません。

DMM BitcoinでXLMを購入!

ステラルーメン(XLM)は今後伸びるの?将来性やリップルとの違いを徹底解説! | CoinPartner(コインパートナー)
【2020年7月最新】「ステラルーメン(XLM)に将来性はあるの? 7月高騰したけど今後は伸びるの?」そんな疑問を抱えるあなたのために、最近の出来事から今後の予想、リップルとの違いなどを暗号資産(仮想通貨)の専門家が徹底解説します!

イーサリアムクラシック(ETC)の特徴と将来性

イーサリアムクラシック(ETC)の特徴

イーサリアムクラシックは、The DAO事件をきっかけにイーサリアムからハードフォークして誕生した暗号資産(仮想通貨)です。

イーサリアムクラシックは、分裂以前のブロックチェーンを利用しており、コードのみに従う非中央集権的な暗号資産(仮想通貨)を目指しているコミュニティを中心に利用されています。

イーサリアムとの明確な違いを出すために、現在イーサリアムクラシックはスケーラビリティ問題の解決のためにサイドチェーンを導入したり、IoT(Internet of Things)への対応を目指したりと現在開発が活発になっています。

暗号資産名(単位) EthereumClassic(ETC)
運用開始時期 2016年7月
時価総額 約680億円(第22位)
ブロック生成速度 約15秒
仮想通貨イーサリアムクラシック(ETC)の特徴・今後・将来性・購入方法・半減期を徹底解説! | CoinPartner(コインパートナー)
暗号資産(仮想通貨)イーサリアムクラシック(ETC)について特徴や将来性、購入方法まで徹底解説します!さらに、時価総額19位の暗号資産(仮想通貨)イーサリアムクラシックのマイニングや半減期、イーサリアムとの違いまで解説していきます。これを読めばイーサリアムクラシックの基礎知識は全て網羅できるはずです。

イーサリアムクラシック(ETC)の将来性

イーサリアムクラシックは、いままで多くのスマートコントラクトを利用して作られたDapp(分散型アプリケーション)をもつイーサリアムに先行者優位を取られています。

現在開発しているIoTやサイドチェーンが実際にどのように進んでいくかが将来性に大きく関わってくると考えられます。

DMM BitcoinでETCを購入!

ネム(XEM)の特徴と将来性 

ネム(XEM)の特徴

ネムは、「中央集権化を解消し、新しい経済圏を作ろう」という目的で開発されたプラットフォームです。

ネムは、PoIとよばれるコンセンサスアルゴリズムに基づいて行われる取引の承認作業にハーベスという独自システムを採用しています。

取引の承認が早いため、スムーズな取引を行うことができます。

また既に全てのネムが発行されているため、価値が急激に落ちることがないのも特徴です!

暗号資産名(単位) ネム(XEM)
運用開始時期 2015年3月
時価総額 約360億円(第29位)
ブロック生成速度 約1分
仮想通貨NEM(ネム/XEM)とは?仕組み・特徴・将来性・チャートを解説! | CoinPartner(コインパートナー)
コインチェックのハッキング事件でも話題になった暗号資産(仮想通貨)NEM(ネム/XEM)。実は、開発が上手く行けばリップルをも凌ぐ取引のはやさを実現できる将来性のある暗号資産(仮想通貨)です。特徴やメリット・デメリット、取引所やウォレットなど網羅的に解説します!

ネム(XEM)の将来性

ビットコインなら決済手段、リップルなら送金・決済手段といったようにそれぞれの暗号資産(仮想通貨)に基本的にはなにか具体的な目的があります。

しかしネム(NEM)の問題点は、その具体的内容が明確に決まっていません。

一時はもしかしたらネムサービス自体が詐欺だと言われたこともありますが、Zaifを運営しているテックビューロ社が全力で提携しているため詐欺である可能性は低いと考えられます。 

今後の開発によって大きく値動きしていくので、どのような開発が行われていくかをしっかり注目する必要があります。

DMM BitcoinでXEMを購入!

NEM(ネム)の今後はどうなる?2020年の予想・将来性・懸念点を解説 | CoinPartner(コインパートナー)
NEM(ネム)は、新しい経済圏を作ることを目的としたプラットフォームです。2018年に流出事件が起き、一躍注目を浴びたNEMの今後について考察しました。この記事では、NEMが今後どうなるかについて徹底的に解説します。

モナコイン(MONA)の特徴と将来性

モナコイン(MONA)の特徴

モナコインはインターネット掲示板2ch(現5ch)から誕生した日本発の暗号資産(仮想通貨)です。

ライトコインをもとに開発された為に似たようなシステムを持っており、決済速度が速く決済手段として向いてます。

2ch発祥ということもあり、根強い人気があります。

暗号資産名(単位) モナコイン(MONA)
運用開始時期 2013年12月
時価総額 約4500億円(第75位)
ブロック生成速度 約90秒
仮想通貨モナコイン(MONA)とは?特徴・将来性・価格・購入方法を解説 | CoinPartner(コインパートナー)
モナコイン(MONA)は日本発で、送金速度が速く実用性の高い暗号資産(仮想通貨)です。この記事では、モナコインの特徴や将来性、評判、おすすめの取引所などを詳しく解説しています。

モナコイン(MONA)の今後・将来性

モナコインは、そのほとんどが日本国内で流通しています。

さらに2ch発祥という特徴から、いわゆるオタク文化が浸透している秋葉原のような街やコミックマーケットのようなイベントで多く使われています。

今後もこのような場所でモナコイン決済がさらに普及していけば、需要増加に伴って価格は上がっていくことになるでしょう。

DMM BitcoinでMONAを購入!

モナコイン(MONA)は今後どうなる?2020年の価格予想と将来性を解説します! | CoinPartner(コインパートナー)
モナコインの2020年最新の価格予想や将来性について解説します。日本の2ちゃんねるから生まれ、熱狂的なファンの多いモナコインは価格はどうなっていくのか、将来性はありそうかなど気になるポイントをまとめていきます!

クアンタム(QTUM)の特徴と将来性

クアンタム(QTUM)

クアンタム(QTUM)の特徴

ビットコインとイーサリアムの良いとこどり

クアンタム(QTUM)は、ビットコインとイーサリアムの良いとこどりをした暗号資産(仮想通貨)として知られています。

ビットコインからは「UTXO」という残高管理技術を、イーサリアムからは「スマートコントラクト」という契約の自動執行技術を採用しています。

クアンタムはビジネス志向的プラットフォームとして作られたので、実用性の高い暗号資産(仮想通貨)となっています。

暗号資産名(単位) クアンタム(QTUM)
運用開始時期 2016年12月19日
時価総額 262億円(第47位)
ブロック生成速度 2分
仮想通貨クアンタム(Quantum/QTUM)とは?特徴・将来性・おすすめの取引所などを解説! | CoinPartner(コインパートナー)
ビットコインとイーサリアムの融合暗号資産(仮想通貨)だとICOで注目を浴びていた「クアンタム(QTUM)」の実態とは?様々な技術を使って成長していく有望アルトコインQtumの特徴や将来性をコインパートナーが徹底的に分析しました!

クアンタム(QTUM)の今後・将来性

ビットコイン・イーサリアムと値動きが似ている

クアンタム(QTUM)の価格は、ビットコインとイーサリアムを似た動きをしています。

そのため、どちらかの銘柄に大きな値動きがあったときは、クアンタム(QTUM)の価格もチェックするようにしましょう。

ビットコインとイーサリアムはどちらも将来性が非常に高いので、必然的にクアンタム(QTUM)の価格も長期目線であがる可能性は高いと思います。

DMM BitcoinでQTUMを購入する!

暗号資産クアンタム(QTUM)の今後と将来性は?チャートや発行枚数から徹底分析! | CoinPartner(コインパートナー)
【2020年7月 最新版】クアンタムって将来性はあるの?そんな疑問に答えるため暗号資産(仮想通貨)の専門家コインオタクが、最新情報をお伝えし、今後の時価総額・通貨単価を大胆予想します!この記事を見ればあなたもクアンタムの今後・将来性がわかるようになります!

ベーシックアテンショントークン(BAT)の特徴と将来性

ベーシックアテンショントークン(BAT) ロゴ

ベーシックアテンショントークン(BAT)の特徴

次世代ブラウザ「Brave」で使われる暗号資産

ベーシックアテンショントークン(BAT)は、インターネットブラウザ「Brave」で利用することのできるトークンです。

現状、Googleなどの検索ブラウザを利用する際、広告の多さに煩わしさだけでなく、広告の読み込みなどでも大きな負担を強いられている方は多いです。

Braveでは見たくない広告を自分でブロックすることができ、さらに広告の読み込みスピードが格段に早いなど、新感覚のブラウザとして注目されています。

暗号資産名(単位) ベーシックアテンショントークン(BAT)
運用開始時期 2017年6月
時価総額 387億円(第35位)
ブロック生成速度
BAT(ベーシックアテンショントークン)とは?GMOコインに上場したコインの特徴や将来性を解説! | CoinPartner(コインパートナー)
Basic Attention Tokenは数十秒で38億円を集めた、現在大注目の暗号資産(仮想通貨)です。皆さんはネットを使っていて広告にイライラしたことはありませんか?そんな広告のイライラを解消してくれるBATの将来性・仕組みを徹底解説します!

ベーシックアテンショントークン(BAT)の今後・将来性

Braveのシェア拡大がBATの今後を左右する

ベーシックアテンショントークンは、Braveの普及に大きく依存します。

Braveは、とても優秀なブラウザでありますが、競合の既存ブラウザがあまりに強いのが現状です。

Google Chrome・Internet Explorer・Safariなど、今後Braveが知名度をあげブラウザのシェアを獲得できるかどうかがBATの鍵となります。

DMM BitcoinでBATを購入する!

DMM Bitcoinの取扱暗号資産(仮想通貨)まとめ

DMM Bitcoinの取り扱い暗号資産(仮想通貨)

  • ビットコイン(BTC)※現物取引&レバレッジに対応
  • イーサリアム(ETH)※現物取引&レバレッジに対応
  • リップル(XRP)※現物取引&レバレッジに対応
  • ビットコインキャッシュ(BCH)※レバレッジに対応
  • ライトコイン(LTC)※レバレッジに対応
  • ステラルーメン(XLM)※レバレッジに対応
  • イーサリアムクラシック(ETC)※レバレッジに対応
  • ネム(XEM)※レバレッジに対応
  • モナコイン(MONA)※レバレッジに対応
  • クアンタム(QTUM)※レバレッジに対応
  • ベーシックアテンショントークン(BAT)※レバレッジに対応

DMM Bitcoinでは以上の11種類の暗号資産(仮想通貨)を取り扱っています。

どの暗号資産(仮想通貨)も将来性があり、今後価格が上昇していく可能性も期待できます。

DMM  Bitcoinは国内取引所の中で最も多くの暗号資産(仮想通貨)でレバレッジ取引することができます。

レバレッジをかけて大きく儲けたいと考えている方は今すぐ口座開設しましょう!

DMM Bitcoinの無料口座開設へ

【簡単3ステップ】DMM Bitcoin(DMM ビットコイン)の登録・口座開設方法!画像付きでわかりやすく解説 | CoinPartner(コインパートナー)
DMM Bitcoin(DMMビットコイン)は、レバレッジ取引が有名な国内の暗号資産(仮想通貨)取引所です。この記事では、DMM Bitcoinの登録方法や2段階認証の設定方法を画像付きで詳しく解説しています。