「ライトコインの取引をしたいけど、スプレッドはどれくらいなんだろう…」

「ライトコインのスプレッドが小さい取引所はどこだろう…」

そうお思いではありませんか。

確かに、スプレッドは取引所によって大きく異なるので、すべて把握するのは難しいですよね。

しかし、スプレッドを意識して取引すれば、今より利益を大きくできるかもしれません!

そこで今回は、ライトコインのスプレッドを取引所別に比較し、おすすめの取引所をまとめました。

さらに、取引手数料や出金手数料についても比較できるようにしています。

この記事を読んで、ライトコインの取引に最適な取引所をみつけましょう!

 

ライトコイン(LTC)のスプレッドとは

スプレッドを簡単に解説

仮想通貨の取引には、スプレッドという手数料がかかります。

仮想通貨のスプレッドとは、通貨の買値と売値の差を指します。

仮想通貨取引所のなかには「取引手数料無料」というところもありますが、このスプレッドが実質的な取引手数料として働いているのです。

そのため、仮想通貨でうまく利益を出すにはスプレッドの幅が狭い取引所を選ぶことが重要になります。

仮想通貨のスプレッドについてさらに詳しく知りたい方はこちらの記事をご覧ください。

仮想通貨のスプレッドとは、買値と売値の差のことです。この差が広ければ、広いほど取引で損をすることになります!スプレッドは仮想通貨販売所で大きく発生する傾向にあります。国内取引所を比較してスプレッドの狭いお得な取引所を紹介します!
 

取引所と販売所の違い

一般にスプレッドは取引所で小さく、販売所で大きくなってきます。

販売所では、ユーザーが販売所を運営する企業と決められた価格で取引をします。

一方取引所では、ユーザー同士が自由に売買をおこないます。

スプレッドを節約して取引したいという方は、取引所を利用するとよいでしょう!

販売所と取引所の違いについて、詳しくはこちらの記事をご覧ください。

仮想通貨の取引所と販売所は厳密には異なるものです。この記事では、取引所と販売所の大きな違いを解説した後に、それぞれの特徴を整理して、どちらを使うべきかまで解説します。また、おすすめの取引所と販売所も解説します。
 

 

ライトコイン(LTC)のスプレッドが小さい取引所

ライトコインのスプレッドが小さいおススメの取引所を3つご紹介します。

Binance(バイナンス)

Binance(バイナンス)の特徴

  • 世界最大の仮想通貨取引所
  • スプレッドがほぼゼロ
  • 登録が超簡単

Binance仮想通貨取引高・登録者数世界ナンバーワンの仮想通貨取引所です。

その規模の大きさから「世界一の取引所」と称されることもあるほど。

ライトコインに関しても、2020年4月現在では一日の出来高は世界一位です。

Binanceではライトコインのスプレッドがほぼゼロに近く、お得に取引をしたい方にもおすすめです。

2~3分で簡単に登録できるので、登録しておいて損はないはずです!

Binance(バイナンス)の登録はこちら

バイナンス(Binance)は初めて海外取引所を使うという人に最も適した取引所です。手数料が安く取扱通貨数が100を超える豊富さで、さらに本人認証なしで本格的に取引をできるからです。レバレッジ125倍の先物取引も開始。そんなバイナンスをコインオタクが詳しく解説!
 

Bitbank(ビットバンク)

 

bitbank(ビットバンク)の特徴

  • 高いセキュリティ
  • スマホアプリが使いやすい
  • 見やすいTrading Viewチャート

bitbankはスプレッドが小さいことに加え、セキュリティが高いことが魅力の取引所です。

マルチシグネチャやコールドウォレットが導入され、しっかりとしたハッキング対策が施されています。

さらに、スマホアプリやTrading Viewを採用したサイトでは、60種以上のテクニカル分析にも対応したチャートがとても見やすくなっています。

bitbank(ビットバンク)の登録はこちら

bitbankとは2014年5月から運営している比較的古株の仮想通貨取引所です!bitbankはアルトコインの取引で非常に人気を集めています。 今回の記事では、bitbankを実際に使用しているユーザーの評判や口コミを紹介します!
 

GMOコイン

GMOコインの特徴

  • 国内販売所の中で最もおすすめ
  • ライトコインの取引にかかる手数料が安い
  • 取引所と販売所どちらも利用できる

国内の販売所を利用するならGMOコインがおすすめです。

東証一部上場のGMOグループが運営する仮想通貨取引所で、FX取引などのノウハウを活かした高いセキュリティが特徴です。

ライトコインの入金手数料・出金手数料が無料なのもうれしいポイントです。

またGMOコインでは、ライトコインの取引に販売所と取引所の両方で売買ができます。

よりスプレッドを抑えたいという方はGMOコインの取引所を利用するとよいでしょう。

GMOコインの登録はこちら

ライトコインの取引所について詳しく知りたい方はこちらをご覧ください。

ライトコインの取引をするならどこがいいんだろう?そう思っている日本中の人に届けたい本記事。ここでは取引所比較ではどこに着目すべきか、その結果おすすめはどこか、海外ならどこがおすすめか。ランキング形式でお届け致します!
 

 

ライトコイン(LTC)のその他の手数料

ライトコインの取引には、スプレッド以外にも3つの手数料がかかります。

・入金手数料

入金手数料は、仮想通貨を購入するため日本円を取引所に入金する際にかかる手数料です。

取引所によっては、入金方法で手数料が異なるので注意しましょう。

・出金手数料

出金手数料は、取引のあとに日本円を銀行口座に出金する際にかかる手数料です。

・取引手数料

取引手数料は、仮想通貨を売買する際にかかる手数料です。

販売所では無料の場合が多いですが、取引所ではスプレッドが小さいかわりに取引手数料がかかることが多いです。

 

ライトコイン(LTC)のスプレッド・手数料の比較

ライトコインの取引にかかるスプレッド・入金手数料・取引手数料・出金手数料を取引所ごとにまとめて比較してみました。

ここでは、スプレッドを(買値-売値)÷(買値と売値の平均)×100で計算しています。

取引所 形式 スプレッド 入金手数料 取引手数料 出金手数料

Binance

取引所 0.019% 無料 0.1% 0.01LTC

bitbank

取引所 0.19% 無料

Maker:-0.01%

Taker:0.05%

0.01LTC

bitFlyer

販売所 6.3% 無料 無料 0.01LTC

Coincheck

販売所 6.0% 無料 無料 0.01LTC

GMOコイン

販売所 5.7% 無料 無料 無料

GMOコイン

取引所 0.94% 無料

Maker:-0.02%

Taker:0.12%

無料

ただし、スプレッドは常に変化するので注意してください。

やはり取引所形式でスプレッドが小さくなっていることが見て取れますね。

なかでもBinance(バイナンス)のスプレッドは他と比べても圧倒的に小さいのでおすすめです。

Binanceの登録はこちら

 

ライトコイン(LTC)のスプレッド まとめ

ライトコインのスプレッド まとめ

  • スプレッドは取引所のほうが小さい 
  • スプレッドを節約するならBinance 
  • 販売所形式ならGMOコインがおすすめ 

今回はライトコインのスプレッドや手数料についてまとめました!

スプレッドは販売所ででは特に大きな手数料になってしまうので注意が必要ですね。

手数料で損しないためにも、スプレッドの小さい取引所に登録しておきましょう!

\ライトコインのスプレッドを節約するなら/ 

Binanceに今すぐ登録