「仮想通貨はこれから下がるって聞いたけど、いつ売ったらいいのかわからない…」

「仮想通貨の取引をやってみたいけど、売買のタイミングがわからない…」

そうお思いではありませんか?

たしかに、売り時の見極めはプロのトレーダーでも難しいと言われています。

しかし、売るべきタイミングを知っておくことは、暗号資産(仮想通貨)で利益を出すためにとても重要です。

そこで今回は暗号資産(仮想通貨)を売るタイミングに注目して、それを決めるポイントや注意点についてまとめました

最適なタイミングで売買して、暗号資産(仮想通貨)の投資を成功させましょう!

仮想通貨の売り時を
ざっくりまとめると….

  • 暗号資産(仮想通貨)を売るポイントは3パターン!
  • 暗号資産(仮想通貨)取引で損しないためのルール作りが大切
  • トレード初心者は「コインラーニング」を活用するのがオススメ!

プロが分析を限定公開中!

コインラーニングの
詳細はこちら

仮想通貨を売る時の注意点

まずは暗号資産(仮想通貨)を売る際に気を付けなければいけない注意点をおさえておきましょう。

これを知らないと、取引ではプラスになったはずなのに損してしまう…といったことになってしまう可能性もあります。

取引手数料・出金手数料

暗号資産(仮想通貨)を売る際には、取引手数料と出金手数料に気を付けましょう。

まず、売買する際には取引手数料として取引金額の何パーセントを負担します。

さらに、取引所で暗号資産(仮想通貨)を売って日本円に換金する場合、一般的に数百円の出金手数料がかかります。

特に、頻繁に入金・出金を繰り返す場合は出金手数料が大きく影響します。

手数料のことを考えずに売買していると、儲けが思ったより少ないといったことになりかねないので、取引の前にしっかりと確認しておきましょう。

手数料は取引所によって異なり、中には無料のところもあるのでチェックしておきましょう!

手数料の安い仮想通貨取引所は?国内10社を徹底比較し紹介します | CoinPartner(コインパートナー)
暗号資産(仮想通貨)取引所ごとに手数料は大きく異なります。この記事では各取引所の取引手数料・送金手数料・入出金手数料を一目でわかる表にまとめ、最後には総合的に手数料の安い暗号資産(仮想通貨)取引所をランキング形式で紹介します!手数料の違いを把握して上手に取引所を使い分けましょう!

税金

暗号資産(仮想通貨)を売却した時、その価格が購入価格よりも高い場合には、差額が課税対象になります。

つまり暗号資産(仮想通貨)の取引で利益が出た場合、税金がかかってしまうということです。

この利益は雑所得に分類され、所得に応じて5%~45%の税率で課税されます。

利益を出したのに、その半分近くを税金として納めなければならない、ということもあるので気を付けておきましょう。

また、確定申告を行わないとペナルティが課されてしまうので注意してください。

税金の計算は複雑で、きちんと理解することは大変なのでプロに任せるのがおすすめです!

【税理士監修】仮想通貨の税金|ビットコインの確定申告の計算方法を具体例付きでわかりやすく解説! | CoinPartner(コインパートナー)
【2020年最新】暗号資産(仮想通貨)・ビットコインに税金がどのくらいかかるか理解していないと、知らないうちに損をしているかもしれません!この記事では、たくさんの例を用いながら税金のかかる条件や計算方法、さらに税金対策まで紹介しているので、誰でも簡単にイメージしながら理解できます!

やってはいけない売り方

暗号資産(仮想通貨)でなかなか利益が出せない人には、いくつかのパターンがあります。

ここでは、その中でも売り方に関する失敗パターンを解説します。

少し下落するとすぐ手放してしまう

初心者がやってしまいがちな売り方として、価格が下がるとすぐに手放してしまうことが挙げられます。

少しでも値下がりしてしまうと、これからどんどん下落していくのでは…という不安から保有する暗号資産(仮想通貨)を売ってしまうのです。

しかし、暗号資産(仮想通貨)は価格変動が大きいので、少し下がった後に大きく上昇するといった値動きもよく見られます。

そのため、暗号資産(仮想通貨)取引で利益を出すには、ある程度の含み損を想定しておくことが必要です。

とはいえ、大きな損失を出さないためにも損切りは重要です。

あらかじめ「これくらい価格が下がったら損切りをする」と決めておくとよいでしょう。

記事の後半では損切りのタイミングについて詳しく解説しています!

感覚で取引している

「仮想通貨で利益を出すのは簡単!」と言われることがありますが、だからといって感覚に任せて取引してしまうのは危険です。

「なんとなく価格が上がりそう、下がりそう」といった感覚で取引していると、運がよければ少し利益を出せるかもしれませんが、長期的に見れば大きな価格変動に対処できなくなってしまいます。

安定的した利益を出している人は、必ず決まったルールに基づいて取引をしています。

 

とはいえ「その決まったルールってのが分からないんだよ....」という方がほとんどですよね。

そんな方は「コインラーニング」というサービスを活用してみてください!

コインラーニング暗号資産(仮想通貨)投資をプロから教えてもらえる人気のオンラインサロンです。

概要をざっくりまとめると....

  • スマホアプリ一つで利用できるオンラインサロン
  • 3500人を超えるトレーダーと自由に情報交換ができる
  • ブルームバーグの投資コンテスト優勝者がトレードを毎日配信
  • トレードの基礎知識を詰め込んだ教材をタダで配布中

 

初心者〜上級者まで幅広い層の暗号資産(仮想通貨)トレーダーが集まっています!

ほぼ全ての機能を無料で使うことができるので、ぜひお試し感覚で活用してみてください!

投資の腕を磨くならココ!

コインラーニングの
詳細はこちら

コインパートナーのサロン「Coin Learning(コインラーニング)で仮想通貨を効率よく学ぼう!内容・限定キャンペーンを公開 | CoinPartner(コインパートナー)
暗号資産(仮想通貨)投資は難しいと感じている方の悩みを解決するために、初心者のための「コインパートナープレミアム」というサービスを無料運営しています!

底値で売る

価格が暴落したとき、リスクを恐れて保有する通貨を手放してしまいがちです。

しかし、当然ですが価格が下がりきったタイミングで売るのは賢明ではありません

価格が下がりきる前に損切りをしておくか、価格が戻るのを待って売ったほうがよいでしょう。

価格がどこまで下がるのかを見極めるのは難しいですが、大きく損をしてしまう可能性があることを理解しておきましょう。

上がり始めで売る

価格が上がり始めたタイミングで売ってしまうのも、利益が得られる機会を逃してしまう売り方といえます。

少し利益が出たからといってすぐに売ってしまうのでは、大きな利益は期待できません

 

仮想通貨を売るタイミング

暗号資産(仮想通貨)で安定した利益を出すには、最適な売り時を見極めるいくつかのポイントがあります。

さっそく、具体的な4つのタイミングを見ていきましょう!

高騰した時

暗号資産(仮想通貨)を売る際に最もオーソドックスなタイミングは、価格が高騰した時です。

タイミングを逃さなければ、安定して利益が出しやすい方法といえるでしょう。

ただし、価格が上がりきって下落トレンドに入るまで保有し続けてしまうと利益が少なくなってしまうので見極めが重要です。

2020年にはビットコインETFの承認やイーサリアムの大型アプデなど、市場の盛り上がりに期待できそうなイベントが多く予想されているので見逃さないようにしましょう!

仮想通貨は今後どうなる?価格予想・おすすめ通貨・注目ポイントを詳しく紹介! | CoinPartner(コインパートナー)
暗号資産(仮想通貨)の今後や将来性に不安を覚えていませんか?この記事ではコインパートナーが現在の暗号資産(仮想通貨)市場を分析し、今後の展開や価格を予想します。さらに今後もっともおすすめの暗号資産(仮想通貨)銘柄も紹介します。

期間を事前に決めておく

取引を始める前に、おおよそどれくらいの期間で取引を行うのかを設定しておくとよいでしょう。

取引スタイルは、取引期間に応じて大きく4つに分かれます。

取引期間 元手資金 取引回数
ポジショントレード 数か月~数年 多い 非常に少ない
スイングトレード 数日~数週間 多い 少ない
デイトレード 1日 普通 多い
スキャルピング 数分~数時間 少ない 非常に多い

一般的に、取引期間が短いトレードスタイルほど、必要となる元手が少ない一方ハイリスクハ・イリターンの戦略をとりやすい取引となります。

自分のやり方に合ったトレードスタイルをあらかじめ見つけて取引に臨みましょう!

仮想通貨FXの5つのトレード手法まとめ!メリット・デメリット、おすすめ取引所を紹介します! | CoinPartner(コインパートナー)
暗号資産(仮想通貨)FXをやってみたいけどトレード手法がよく分からない・・・という人は多いのではないのでしょうか?そんな人のために、代表的なトレード方法やそのメリットデメリットを5つ解説しました。これを参考にして自分に合った方法を見つけましょう!

価格を事前に決めておく

あらかじめ売却する価格を決めてしまう、というのも有効な方法です。

たとえば、「購入価格から○○%上昇したら売る」「○○円まで上がったら売る」と事前に決めておけば、その後の下落で損失が出るリスクを避けることができます。

一時的なトレンドや相場の変動に惑わされることなく取引できるので、経験の浅い初心者にもおすすめです!

損切りのタイミング

暗号資産(仮想通貨)を売るタイミングは、利益を出すときだけではありません。

通貨の価格が下落した場合の損失を少なくするための損切りも必要になります。

ここでは、損切りを考えるべきポイントを説明します。

規制が強まったとき

暗号資産(仮想通貨)に関する法律規制が強まった時には、暗号資産(仮想通貨)の価格は下落することが予想されます。

実際に、中国で2013年、2017年に暗号資産(仮想通貨)規制が強化された際、いずれもビットコインの価格が大幅に下落しました。

海外に比べると日本は比較的規制が緩いと言われていますが、今後の動向次第では規制強化に向かう可能性もあるので注意が必要です。

仮想通貨の法律規制って?法律に基づく定義や規制、税金などを簡単に解説! | CoinPartner(コインパートナー)
暗号資産(仮想通貨)はあらゆる国家に帰属しない通貨として作られました。多くの大手企業も暗号資産(仮想通貨)市場に参入する姿勢を示しています。そうした流れに従って国は急いで法規制を進めています。本記事では日本の暗号資産(仮想通貨)法の現状を説明します!

ハッキング事件

また、取引所のハッキングなどセキュリティ上の問題が報告されると暗号資産(仮想通貨)の価格は暴落する可能性が高いです。

2014年、取引量世界一のビットコイン交換所マウントゴックスが資産流出により破産しました。

この際、暗号資産(仮想通貨)への信用の低下から相場は大暴落しました。

このように、暗号資産(仮想通貨)への不安が高まると一気に価格が下がることもあるので注意しましょう。

マウントゴックス(MtGox)で資産ゼロ? リスクを知らないのは超危険! | CoinPartner(コインパートナー)
世界最大のビットコイン交換所が破綻したマウントゴックス事件。流行にのって適当に取引を始めると大変なことになるかもしれません。自分の資産を守るために知っておく、マウントゴックス事件の概要とその後についてコインパートナーが解説します!

ネガティブなニュース

規制強化やハッキングもネガティブなニュースのひとつと言えますが、他にも様々なニュースが暗号資産(仮想通貨)の下落に影響すると考えられます。

たとえば、2018年にはGoogleやFacebookが暗号資産(仮想通貨)関連の広告を禁止したことや、米最大の銀行JPモルガンがクレジットカードでの暗号資産(仮想通貨)の購入を停止したことで暗号資産(仮想通貨)の価格を下落させたと考えられます。

このように、価格下落の兆候となるようなイベントを見逃さないことで、早いうちに損切りの判断ができるようになると、損失が抑えられるはずです!

暗号資産(仮想通貨)関連の最新の情報を常にチェックしておきましょう!

最新の仮想通貨ニュースはこちら

仮想通貨を売るタイミング まとめ

仮想通貨の売り時 まとめ

  • あらかじめルールを決めておこう!
  • 税金・手数料に注意! 
  • トレードを学ぶならコインラーニングがおすすめ! 

今回は、暗号資産(仮想通貨)を売るべきタイミングについてまとめました!

しっかりと自分でルールを決めておくと安定した利益が出しやすいと言えます。

ぜひ今回紹介した「コインラーニング」を活用してトレードの腕を磨いていっていただけると幸いです!

投資の腕を磨くならココ!

コインパートナーのサロン「Coin Learning(コインラーニング)で仮想通貨を効率よく学ぼう!内容・限定キャンペーンを公開 | CoinPartner(コインパートナー)
暗号資産(仮想通貨)投資は難しいと感じている方の悩みを解決するために、初心者のための「コインパートナープレミアム」というサービスを無料運営しています!