「暗号資産(仮想通貨)Grin(グリン)ってどんな通貨?」

こう思ってはいませんか?

確かにGrin(グリン)は比較的新しい暗号資産(仮想通貨)である分まとまった情報も多くはなく、いまいちどんな通貨なのか理解できていないと思います。

この記事ではコインパートナー編集部がGrin(グリン)の特徴やメリット・デメリットについて紹介した上でGrin(グリン)の今後や将来性についても詳しく解説していきます!

さらにGrin(グリン)を支えているMimblewimble(ミンブルウィンブル)という技術についても紹介しています!

この記事を読めばこの革新的な暗号資産(仮想通貨)Grin(グリン)の全貌を知ることができます!

仮想通貨Grin(GRIN/グリン)の特徴

暗号資産(仮想通貨)Grin(グリン)の特徴

ここでは暗号資産(仮想通貨)Grin(グリン)の基本情報や3つの特徴について紹介していきます。

暗号資産(仮想通貨)名 Grin(グリン)
トークン名 GRIN
アルゴリズム Mimblewimble(ミンブルウィンブル)
発行枚数 4,187,100GRIN
公式アカウント

公式HP

Twitter

匿名通貨

Grin(グリン)はZcash(ジーキャッシュ)DASH(ダッシュ)と同じく匿名通貨として機能しています。

匿名通貨は、海外では「プライバシーコイン」とも呼ばれており、アドレスや送金した数量などの情報が非公開になっている暗号資産(仮想通貨)のことです。

例えばビットコインなどは、アドレスを見れば誰がどこにどれくらいのBTCを送金したかがわかりますが、Grin(グリン)やDASH(ダッシュ)といったこれらの匿名通貨はこういったプライバシーをしっかりと保護しています。

匿名通貨としての機能は後ほど詳述するMimblewimble(ミンブルウィンブル)という技術の項目でも触れるので、詳しく知りたい方は是非参考にしてみてください。

→匿名通貨としての役割とGrin(グリン)独自の技術Mimblewimble(ミンブルウィンブル)について詳しくはこちら

Mimblewimble(ミンブルウィンブル)

現在出ている多くのアルトコインがビットコインを模範として作られているのに対し、Grin(グリン)はMimblewimble(ミンブルウィンブル)と呼ばれる独自の技術を使って開発が行われています。

このMimblewimble(ミンブルウィンブル)は「匿名性とスケーラビリティの両立」を目的としてGrin(グリン)を支えています。

他の暗号資産(仮想通貨)にはない独自の高度な技術であるため開発が進むのに時間がかかる場合もありますが、新たな可能性を見せてくれる技術として、Grin(グリン)とともに期待が高まっています。

→Grin(グリン)独自の技術Mimblewimble(ミンブルウィンブル)について詳しく解説している項目はこちら

ボランティア開発

Grin(グリン)はプロジェクトの開発自体がボランティアであり、資金もボランティアからの寄付によって集められています。

そのため開発者の利権などがなく、公平に開発を進められていると言えます。

また、開発資金を募集するために一般基金を立ち上げており、これによって集められた資金は全て開発やプロモーションに利用されています。

Grin(グリン)の一般基金への寄付は「Friends of Grin」のサイトからすることができます。

Grin(グリン)を買うのにおすすめの取引所!

KuCoin公式サイトはこちら

仮想通貨Grin(GRIN/グリン)のメリット

ここでは暗号資産(仮想通貨)Grin(グリン)の2つのメリットについて解説していきます。

プライバシーをしっかりと保護

Grin(グリン)の基盤となっている技術であるMimblewimble(ミンブルウィンブル)は、高い匿名性を維持しています。

本来、暗号資産(仮想通貨)の取引時はブロックチェーン上に取引記録が残るため、個人が特定されてしまうような事態も起きかねません。

しかし、先ほども紹介したようにGrin(グリン)は匿名通貨であるため、デフォルトで全ての取引が非公開となるように開発されています。

そのためより強固な安全性を保ったまま安心して取引することができるのです。

→Mimblewimbleのなかでどのような仕組みで高いレベルのプライバシーが実現されているのか詳しく述べた項目はこちら

スケーラビリティ問題を解消

Grin(グリン)はMibmblewimble内で、不要な取引情報を自動的に削除して秘匿化するカットスルーという技術を利用しており、ブロックチェーンの中のブロックサイズが非常にコンパクトになるようにしています。

これによりスムーズなトランザクションの処理が実現し、スケーラビリティ問題の解消にもつながっています。

具体的には、同じ匿名通貨であるMonero(モネロ)と比較してもブロックサイズは15分の1のサイズとなっており、システムやネットワークの拡張性や柔軟性がよりスムーズに機能することができています。

→高いスケーラビリティを実現している仕組みについて詳しく解説している項目はこちら

海外取引所なのに日本語対応で使いやすい!

KuCoinでGrin(グリン)を購入する

ビットコインの値動きにも大きく影響し、ビットコインの分裂騒動にも大きく関係しているスケーラビリティ問題ですが、実際に何がそんなに騒がれるのか、わかっていない方も多いのではないでしょうか。詳しく知らない方でもわかりやすいように解説します!
 

仮想通貨Grin(GRIN/グリン)のデメリット

そんなGrin(グリン)にもデメリットはあります。ここからはGrin(グリン)が抱える2つのデメリットについてみていきましょう。

取り扱っている取引所が少ない

Grin(グリン)は、2019年1月に誕生したかなり新しい暗号資産(仮想通貨)です。

そのためGrin(グリン)を取り扱っている暗号資産(仮想通貨)取引所はまだまだ多くなく、取引できる環境も限られてしまいます。

残念ながら国内の暗号資産(仮想通貨)取引所でGrin(グリン)を取り扱っているところはまだなく、海外の取引所で購入することになります。

海外の取引所でGrin(グリン)を購入する場合はKuCoinがおすすめです!

KuCoinの登録はこちらから

開発が遅れる可能性もある

先ほども紹介しましたが、Grin(グリン)の開発は完全にボランティアの力に頼っています。

これは利権が利権がなく公平であるというメリットも持つ一方、ボランティアの状況によっては開発に遅れが出てしまう可能性もあります。

開発が遅れてしまうと他の暗号資産(仮想通貨)に対して優位に立つことができなくなってしまうため、価値を上げるのが難しくなってきてしまう恐れも出てきてしまいます。

仮想通貨Grin(GRIN/グリン)の今後・将来性

先ほど述べたとおり、Grin(グリン)は2019年1月に誕生したばかりの暗号資産(仮想通貨)です。

当然のことながらまだ取り扱っている暗号資産(仮想通貨)取引所も少なく、発展途上の暗号資産(仮想通貨)と言えるでしょう。

しかし、今後徐々に知名度が上がってくれば自ずと市場は拡大し、価値もどんどん上がっていくことが期待できます。

また、ボランティア開発とはいえ一般基金が設立されているなど、Grin(グリン)独自の技術に魅せられ開発に協力しようとしている人々も数多くいるのは事実です。

これらの開発の進み具合によってもさらなる価格上昇が期待できます。

Grin(グリン)に投資する際は最新のニュースなども日々チェックするようにしましょう!

KuCoinでGrin(グリン)を購入する

最新のニュースをチェック!

国内外の暗号資産(仮想通貨)に関するニュースはもちろん、業界動向や規制・法律などの政府対応、国際情勢などあらゆる情報をCoinPartnerでは提供しています。また、様々な切り口のオリジナルコンテンツを配信しています。
 

【購入方法】仮想通貨Grin(GRIN/グリン)のおすすめ取引所

KuCoin(クーコイン)は、Grin(グリン)を買うのに最もおすすめな取引所です。

KuCoinは2017年に香港で設立された暗号資産(仮想通貨)取引所で、Grin(グリン)の他にもKuCoinにしか上場していない希少かつ時価総額も高い暗号資産(仮想通貨)を数多く取り扱っています。

KuCoin

KuCoinは取引時の手数料が圧倒的に安く、最大で取引数量の0.07%まで手数料を抑えることができます。

この他にも、海外取引所でありながら日本語対応しているなど、安心のサポート体制を整えています!

海外取引所なので日本円を国内取引所で他の暗号資産(仮想通貨)などに換金してからGrin(グリン)を取引する必要がありますが、シンプルで使いやすく初心者でも迷うことなく利用できる取引所です!

Grin(グリン)買うなら!

KuCoinの登録はこちら

暗号資産(仮想通貨)Grin(GRIN/グリン)独自の技術Mimblewimble(ミンブルウィンブル)の仕組み

Mimblewimble(ミンブルウィンブル)とは

Mimblewimble(ミンブルウィンブル)は、Grin(グリン)グリンの基盤となる新しいブロックチェーン技術です。

ビットコインなどにも使われているPoW(プルーフオブワーク)の新しい実装として「匿名性とスケーラビリティの両立」を目指して作られており、従来の匿名通貨が抱えているスケーラビリティ問題の解決にも貢献しています。

このMimblewimble(ミンブルウィンブル)という名前自体も、ハリーポッターシリーズの呪文の名前でもあり、話題性に富んだ期待の技術として注目を浴びています。

Mimblewimble(ミンブルウィンブル)の特徴

ここではMimblewimble(ミンブルウィンブル)の具体的な3つの特徴について解説していきます。

ブロックチェーンサイズがコンパクト

Mimblewimble(ミンブルウィンブル)は、データの圧縮を可能にすることでブロックチェーンサイズをコンパクトにしています。

Mimblewimble(ミンブルウィンブル)は、取引記録の中間記録を削除し、インプットとアウトプットのみをブロックチェーンに記録するカットスルーという暗号技術を採用しています。

これによりブロックチェーンサイズをより小さくすることができ、負担を減らしてトランザクションを処理するだけでなく効果的なスペース節約を可能にしているのです。

高い匿名性を維持

Mimblewimble(ミンブルウィンブル)は、コインジョインコンフィデンシャルトランザクションという2つの暗号技術を駆使して高い匿名性を維持しています。

コインジョインは、送金情報を一度集約しシャッフルした上で送金することで送金情報の匿名性を上げる技術で、コンフィデンシャルトランザクションは取引に関わる人にしか取引情報がわからないようにする技術です。

これらの技術を利用することで、よりプライバシー性の強化に特化した匿名通貨を作り出しているのです。

高いスケーラビリティを実現

Mimblewimble(ミンブルウィンブル)の3つめの特徴である高いスケーラビリティの実現には、先ほど紹介したカットスルーの技術、そしてブロックチェーンサイズのコンパクト化が大きく関わっています。

Mimblewimble(ミンブルウィンブル)では、カットスルーの技術を使って取引の中間記録を削除することで不要な取引情報を処理する必要がなくなります。

これによってコンパクトなブロックチェーン内で必要な情報のみを処理することができ、高速送金や高速処理などの高いスケーラビリティを保つことができているのです。

Grin(グリン)買うなら!

Grin(グリン)の登録はこちら

仮想通貨Grin(GRIN/グリン)のまとめ

暗号資産(仮想通貨)Grin(グリン)のまとめ

  • Grin(グリン)はプライバシーをより強化した匿名通貨
  • 基盤となる技術Mimblewimbleによって匿名性とスケーラビリティを両立している
  • まだまだ発展途上ではあるが、今後の開発次第では大きく価値を上げる可能性も
  • Mimblewimble(ミンブルウィンブル)の3つの特徴を紹介

今回は、暗号資産(仮想通貨)Grin(グリン)の特徴やメリット・デメリット、さらにはMimblewimble(ミンブルウィンブル)がどのような技術なのか解説してきました。

Grin(グリン)のように、まだ比較的知られてはいないけれど他の通貨にはない革新的な技術を持った暗号資産(仮想通貨)は他にもたくさんあります。

この記事をきっかけとして、様々な暗号資産(仮想通貨)やブロックチェーン技術について知見を広げていきましょう!

Grin(グリン)買うなら!

KuCoin登録はこちら

他にもあるたくさんの魅力的な暗号資産(仮想通貨)について知りたい方はこちら!

2020年のおすすめ暗号資産(仮想通貨)をコインパートナーの月利300%トレーダーが厳選!利益を最大化するための6つのテクニックと5つのツールとともに、2020年最もおすすめの銘柄を紹介します。