「仮想通貨投資って60代の人でも資産を築くことはできるの?」

こういった悩みを持っていませんか?

たしかに60代の人でも仮想通貨投資でうまく利益をあげられるのか不安ですよね。

この記事では、コインオタク編集部が60代における老後資金の問題に触れつつ他の投資商品とは違った仮想通貨の特徴を解説します。

また60代からはじめる仮想通貨投資の方法やおすすめの仮想通貨取引所、さらには60代から資産を築くおすすめの仮想通貨投資の方法まで紹介しています。

この記事のポイント

  • 年金だけに頼らない老後資金計画を立てることが必要
  • 投資商品としての仮想通貨の特徴を3つ紹介
  • 60代からは積み立て投資・レンディングが特におすすめ
  • 初心者におすすめの取引所はコインチェック

60代から仮想通貨投資は始められる?

そもそも仮想通貨とは?

仮想通貨とは、インターネット上でのみ使える実態のない通貨のことです。

国という中央機関によって管理されている日本円や米ドルなどの法定通貨とは違い、仮想通貨には管理者が存在しません。

その代わり仮想通貨を利用する全ユーザーによって分散管理されており、これによりリスクの分散とシステムの安定化を実現しています。

仮想通貨は、法定通貨に比べ送金時の手数料を格段に抑えることができ、送金も高速で行うことができます。

コインチェックで仮想通貨投資を始める

仮想通貨についてより詳しく知りたい方はこちらの記事も参考にしてみてください!

近年急速に広まっている仮想通貨・ビットコイン。どういう仕組みでどんなメリットを持っているのか?そして仮想通貨投資を始めるにはどうしたらいいのか?この記事を読めば仮想通貨に関する疑問が解消します!
 

老後に必要な資金はいくら?

一般的に、老後に必要となる資金は世帯当たり3000万円程度と言われています。

退職しても支出が減るわけではなく、医療費や介護費用などは相当な高額になってしまうケースもあります。

政府発表の統計によれば、高齢者の夫婦世帯・単身者世帯はともに家計が赤字になっている状態です。

65歳からは公的年金を受給できますが、もはや公的年金だけに頼るのは難しくなっているのが現状です。

そのため60代から資金対策をしっかりと考えておくことが大切です。

老後資金を増やす6つの方法

60代からの老後資金を増やすにはいくつかの方法があります。

iDeCo(イデコ)

iDeCo(イデコ)とは、65歳までの期間で資金を拠出して運用し、65歳以降に年金を受け取る仕組みになっています。

以前は60歳までの拠出でしたが、法改正により65歳まで資金を拠出することができます。

iDeCoは積み立てた金額全てを所得控除の対象にすることができますが、それだけでなく運用で儲かった際にも税金の優遇措置が取られるなど、お得に資金を運用することができます。

株式投資

株式投資は、企業が発行した株を購入し、その配当金や売却益により利益を出す投資商品です。

リスクは高いもののその分大きなキャピタルゲインを得ることができます。

また、配当金や売却益以外にもそれぞれの企業の株主優待などの特典を受けることもできます。

仮想通貨投資と株式投資ってどう違うの?両者を比較した記事はこちら!

この記事では仮想通貨と株の11個の違いを分かりやすくまとめています。また、どっちがより儲かるのか・お互いのチャートは連動しているのかについて触れた上で、初心者の方におすすめの取引所も紹介していきます。仮想通貨と株の違いをしっかりと理解して投資をスタートしましょう!
 

定期預金

定期預金とは、預け入れから一定期間元本が引き出せなくなる預金のことで、一般的には普通預金よりも高い金利で運用することができます。

何より満期になるまでは預け入れた元本が引き出せないため、知らず知らずのうちに使ってしまうということがなくコツコツと資産を築くことができます。

投資信託

投資信託とは、投資家から集めたお金をもとに資金運用の専門家と契約し、株や債券などの複数の商品に投資して運用する投資商品のことです。

投資信託は1000円程度から始めることができるため、少ない資金からでも手軽に始めることができます。

また、運用はファンドファンドマネジャーと呼ばれるプロに任せるため、投資の知識がない方でも簡単に始めることができます。

仮想通貨での投資信託?話題のビットコインETFについて詳しく解説した記事はこちら!

ビットコインETF(上場投資信託)に関して最近よく聞くけれど、何のことかよくわからない・・・そのような方向けに、ビットコインETFの基礎知識から最近までのニュース、今後の承認の可能性までわかりやすく解説していきましょう!
 

個人向け国債

国債とは「国が発行している債券」で、日本政府が資金調達目的に発行しています。個人向け国債を購入することは、国に対して資金を貸すことの証明となります。

その中でも個人向け国債は、銀行預金の金利より少し高い利回りで運用することができます。

また、国が元本を保証しているためリスクを抑えて安全に投資することができます。

仮想通貨

法定通貨にかわる新たな通貨として開発された仮想通貨も投資商品として近年注目を集めています。

新たな決済手段としての普及やさらなる送金速度の改善など様々な技術開発が進められており、今後の発展によってさらなる価格上昇が期待されています。

取引所にもよりますが500円程度から投資を始めることができるので、資金の少ない人でも気軽に始めることができます。

仮想通貨を買うなら!

コインチェック公式サイトはこちら

仮想通貨投資はいくらから始められるか知っていますか?実は、1000円からでも始めることができます!コインオタクは、仮想通貨投資を始める上で損をしないポイントを解説していきます。ぜひ本記事を通して、安全に取引を開始していきませんか?
 

他の投資商品とは違う?いま注目を集めている仮想通貨の3つの特徴

仮想通貨の3つの特徴

  • 価格変動が大きい
  • いつでも取引できる
  • 少額からでも取引できる

近年投資商品として注目を集めている仮想通貨ですが、他の投資商品と比べて何が違うのでしょうか。

3つの観点から見ていきましょう。

価格変動が大きい

仮想通貨は価値が安定しておらず、他の投資商品と比べるとボラティリティ(価格変動)がかなり大きいです。

他の投資商品だと、例えばFX(外国為替証拠金取引)の場合、米ドルが1日に動くボラティリティはせいぜい2円程度です。

しかし仮想通貨の場合は一日に10%程度価格が変動することもよくあり、リスクが高いと言える反面これを利用して稼いでいる人も実際にいます。

ボラティリティについて詳しくはこちら

株やFX,仮想通貨の取引をやっている方,興味のある方なら「ボラティリティ」という言葉を一度は耳にしたことがあると思います。ボラティリティとはどういうものか知ったつもりになっていませんか?コインオタクがどこよりも詳しく分かりやすく説明します!
 

24時間365日取引できる

投資商品 FX 仮想通貨
取引時間帯

平日朝9時〜11時30分、

12時30分〜15時

月〜金曜 土日含めいつでも

上の表からも分かる通りFXの場合は平日のみ、株は平日の中でも限られた時間帯でしか取引することができません。

これに対し仮想通貨は24時間365日いつでも取引することができます。

株やFXといった他の投資商品と違って、ネット環境さえ整っていればいつでも取引できるということが仮想通貨の大きな特徴でもあります。

少額からでも取引できる

株式投資を始める場合は数万円からの取引が基本となっています

また投資信託を始める場合も、運用の専門機関と契約して行うためその分手数料を支払う必要があります。

一方の仮想通貨は500円程の少額から取引することができます。

また、投資の際にかかる基本手数料が全て無料の仮想通貨取引所もあるため他の投資商品と比べ手軽に始めることができます。

少額からいつでも取引できる!

コインチェック登録はこちら

60代からの仮想通貨投資がおすすめな2つの理由

仮想通貨がおすすめな理由

  • 老後資金への貯蓄になる
  • リスクを分散できる

ここからは60代にとってなぜ仮想通貨投資がおすすめなのか、その理由を説明します。

老後資金への貯蓄になる

仮想通貨投資で得た利益は老後資金への貯蓄にすることができます。

株式投資や投資信託への投資と同様、仮想通貨投資においても資産を増やすことができます。

実際に2019年の1年間ではビットコイン価格は約2.5倍まで上昇しており、老後資金を貯蓄する上では魅力的な投資商品であると言えるでしょう。

リスクを分散できる

既に他の投資を行っている人は、分散投資を行うことで一度に大きな損失を出すリスクを抑えることができます。

特に仮想通貨は株やFXなど他の金融商品とは性質の異なる投資商品であるため、より効率的にリスクを分散させることができます。

リスクを分散できる!

コインチェックで仮想通貨投資を始める

60代からの仮想通貨投資の始め方を3ステップで解説

仮想通貨投資はこの3ステップで簡単に始められます。

その中でもここでは取引所への登録手順を詳しくみていきます。

取引所登録の流れ4ステップ

  • STEP1:メールアドレスを登録する
  • STEP2:個人情報を登録する
  • STEP3:本人確認書類を提出する
  • STEP4:はがきを受け取る

まずは取引所のホームページにアクセスし、メールアドレスを登録しましょう。

メールアドレスを登録すると登録したメールアドレス宛に確認メールが届くのでメール内のリンクを開き、個人情報を指定されたフォームに入力します。

個人情報の入力が完了したら、本人確認書類を提出します。あらかじめ身分証を用意しておきましょう。

本人確認書類の提出が完了したら、口座登録完了のはがきを受け取りますこれは本人確認書類を提出してからおよそ3〜4日で届きます。

これで仮想通貨取引所の登録は完了です。

早速取引所に日本円を入金して仮想通貨を購入しましょう!

おすすめNo.1仮想通貨取引所!

Coincheckに登録する

取引所の登録や入金方法、仮想通貨の購入方法について詳しく知りたい方は是非こちらの記事も参考にしてみてください。

仮想通貨を買ってみたいけど購入方法がわからない、難しい。そんな悩みを抱えている方に、仮想通貨の購入方法はもちろん、初心者が知っておくと便利な取引所の情報や注意点までわかりやすく解説します。
 

60代からでも仮想通貨で稼げる!おすすめの仮想通貨取引所2選

仮想通貨を買うならココ!

初心者におすすめの仮想通貨取引所2選

  • Coincheck
  • GMOコイン

Coincheck(コインチェック)

コインチェックのバナー

Coincheck(コインチェック)は、2012年に設立された仮想通貨取引所です。

2018年には大手マネックス証券の傘下に入りセキュリティが大幅に強化されました。

コインチェックは何と言ってもサイト・アプリが圧倒的に使いやすく、初心者の方に圧倒的な人気を誇っています。

また、国内最多の12種類の仮想通貨を取り扱っています。

仮想通貨投資を始めたばかりの方は登録しておいて損はないでしょう。

当サイトおすすめNo.1!

Coincheckの特徴をまとめた記事はこちら!

Coincheck(コインチェック)は、仮想通貨初心者に最も人気の取引所です。人気とはいえ特徴や評判を知らずに口座開設するのは危険!この記事では、運営再開し大きく変わったコインチェックの実態を、30人の東大生編集部が徹底的に解明します。
 

GMOコイン

GMOコインは、2016年に設立された仮想通貨取引所です。

大手GMOインターネットによって運営されており、大手による安心の運営のもとで取引することができます。

GMOコインでは入出金・取引・送受金の際にかかる基本手数料が全て無料なので、他の取引所よりお得に取引することができます。

GMOコインの仮想通貨FX専用アプリ「ビットレ君」はチャートが見やすい上に簡単に取引することができ、初心者から上級者まで人気を集めています。

手数料を抑えてお得に取引!

GMOコインで仮想通貨を購入する

GMOコインの特徴をまとめた記事はこちら!

GMOコインは国内最大級の仮想通貨取引所です。GMOコインの特徴、評判、メリット、デメリットは?登録方法は?使いやすい?気になるポイントをコインオタクがすべて解説します!
 

60代からのおすすめの仮想通貨投資方法

60代におすすめの仮想通貨投資方法

  • 現物取引
  • 積立投資
  • レンディング

ここでは60代から仮想通貨投資で資産を築くためにおすすめの投資方法を紹介します。

現物取引

現物取引は仮想通貨を安い値段で買い、価格が上昇したところで売ることで利益を出す方法です。

最もオーソドックスな投資方法で、また購入した金額以上の損失を出すことはありませんが、あくまでもリスクを抑えた投資を心がけましょう。

ビットコイン

現物取引で取引する仮想通貨はビットコインが一番おすすめです!

ビットコインは誰もが聞いたことのある通貨であると言えますが、時価総額は10兆円を超えており全仮想通貨の中でも圧倒的な1位を誇っています。

2019年の1年間で価格は約2.5倍に上がっており、今後もさらなる成長が期待されています。

コインチェックでビットコインを購入する

ビットコインについて詳しく知りたい方はこちら!

ビットコインとは今世界で大ブームを引き起こしている仮想通貨です。仕組みがわからずなんとなく怖いと思い手を出せていないあなたは得するチャンスを逃しているかも!ビットコインの仕組みや人気の理由を初心者向けに図とともに10分で解説します!
 

積立投資

仮想通貨の積立投資とは、毎月決まった額の仮想通貨を購入して積み立てていくという投資方法です。

毎月一定金額で仮想通貨を購入するので、仮想通貨の価格が減少した時の損失は少なく、価格が上昇した時の利益は大きくなります。

これによりリスクを抑えつつ老後資金を増やすことができます。

コインチェック積み立ての紹介

仮想通貨の積み立てサービスは国内ではコインチェックが提供しています。

積み立てる金額を設定すれば毎月自動で積み立てるシステムになっているので誰でも簡単に始めることができます。

仮想通貨の積立投資について詳しくはこちら

「ビットコイン(仮想通貨)積立」をご存知ですか?チャートと毎日にらめっこするのに疲れたアナタ!仮想通貨をいつ買えばいいか迷っているアナタ!この記事ではそのような悩みを解決する「ビットコイン(仮想通貨)積立」について紹介しています!
 

コインチェックの積立投資はこちらから

レンディング

レンディングは、取引所に仮想通貨を貸し出すことで金利を得る投資方法です。

銀行の普通預金と少し似ていますが、レンディングは高い金利で活用することができ、最大で年間5%の高金利まで設定できます。

貸し出している仮想通貨は使うことができないので注意が必要ですが、安定して資産を増やすことができます。

国内では積立投資と同様にコインチェックがレンディングサービスを提供しています。

この4種類の貸出期間とそれに応じた年率で気軽に貸し出すことができます!

コインチェックに登録してレンディングを始める

レンディングについて詳しく知りたい方はこちら

仮想通貨レンディングとは、取引所に仮想通貨を貸し出すことで金利を得ることができるサービスです。この記事では、仮想通貨レンディングの仕組みやメリット・デメリット、サービスを提供している国内外の取引所を紹介します!
 

60代は特に注意!仮想通貨投資をする際の3つの注意点

仮想通貨投資の際の注意点

  • 余剰資金で行う
  • 詐欺被害に注意する
  • 税金について理解する

仮想通貨投資を始める際の注意点についてみていきましょう。

余剰資金で行う

仮想通貨投資を始める際にはあくまでも余剰資金での投資を心がけましょう。

仮想通貨の価格は不安定であるため、一気に暴落してしまうリスクもあります。

損失が出てしまうかもしれないことをしっかり考えた上で、このくらいなら失っても影響はないという金額から投資しましょう。

詐欺被害に注意

仮想通貨は現在2000種類以上存在しており、中には詐欺まがいの通貨も含まれてしまっています。

仮想通貨投資をする際は、きちんと金融庁に認可された仮想通貨取引所に登録するようにしましょう。

またそこで扱われている仮想通貨を取引するようにしましょう。

金融庁認可の取引所!

コインチェック公式サイトはこちら

金融庁に認可された仮想通貨取引所の中からオススメ3つを紹介!さらに金融庁の「許可制度の背景」や「具体的な基準」についても分かりやすく解説しています。この記事を読めば、信頼性や安全性が高い理由がバッチリ理解できるでしょう!
 

税金について理解する

仮想通貨で得た利益にも税金がかかります。

仮想通貨は雑所得に分類され、一般的に所得が20万以上になると確定申告が必要になります。

これに違反すると厳重な処罰が下されることもあるので、仮想通貨の税金についてはしっかりと理解しておきましょう。

仮想通貨にかかる税金について網羅できる記事はこちら

【2020年最新】仮想通貨・ビットコインに税金がどのくらいかかるか理解していないと、知らないうちに損をしているかもしれません!この記事では、たくさんの例を用いながら税金のかかる条件や計算方法、さらに税金対策まで紹介しているので、誰でも簡単にイメージしながら理解できます!
 

60代から仮想通貨で資産は築ける? まとめ

この記事のポイント

  • 年金だけに頼らない老後資金計画を立てることが必要
  • 仮想通貨は価格変動が大きいが少額からいつでも取引できる
  • 60代からは積み立て投資・レンディングが特におすすめ
  • 利益はしっかり管理し、税金についても理解しよう

この記事では仮想通貨が他の投資商品とどう違うのかや、60代から仮想通貨投資で資産を築く方法について紹介してきました。

仮想通貨と聞くと一見怪しいように聞こえてしまいがちですが、イメージをしっかりと理解してしまえばれっきとした投資商品として活用することができます!

この記事で学んだことを活かし、是非仮想通貨で理想的な老後生活への準備を始めましょう!

人気No.1取引所!

コインチェック公式サイトはこちら