仮想通貨・ビットコインでの資産運用って儲かるのかな....?

そう考えてはいませんか?

たしかに、資産運用をするなら少しでも大きな利益を狙いたいですよね。

そこでこの記事では、仮想通貨・ビットコインでの資産運用のメリット・デメリット、始め方、おすすめの取引所などを全て解説していきます!

これを読めば、株や投資信託ではなく、暗号資産(仮想通貨)で資産運用を始めたくなること間違いなしです。

 

この記事の内容を
ざっくりまとめると....

  • 仮想通貨・ビットコインは資産運用にぴったり!
  • 株や投資信託よりも短期間で利益が出せる
  • 激しい価格変動によるリスクはある
  • 市場の将来性が高いので、大きなリターンが見込める
  • 資産運用を始めるにはまずは取引所に登録!
暗号資産(仮想通貨)の始め方

仮想通貨・ビットコインの資産運用は、たった3ステップで簡単に始められます。

コインチェック

最も人気の取引所は、初心者満足度1位のコインチェックです。

ビットコインの取引手数料が無料で、初心者から圧倒的な人気を誇っています!

コインチェック公式サイト

仮想通貨・ビットコインとは何なのか

暗号資産(仮想通貨)とは、インターネット上ならだれでもどこでも使うことができる通貨のことです。

その中でも、世界で初めて誕生した暗号資産(仮想通貨)こそがビットコインなのです。

よく、「仮想通貨=ビットコイン」と勘違いしてしまう方がいますが、たくさん暗号資産(仮想通貨)がある中の一つにビットコインがある、という認識が正しいです。

暗号資産(仮想通貨)・ビットコインは投資対象としても人気が高く、日々活発に取引が行われています。

 

こちらの記事でビットコインとは何なのか?について解説しています↓

​ビットコインとは?世界初の仮想通貨の仕組み・将来性・歴史・購入方法など徹底解説! | CoinPartner(コインパートナー)
ビットコインとは今世界で大ブームを引き起こしている暗号資産(仮想通貨)です。仕組みがわからずなんとなく怖いと思い手を出せていないあなたは得するチャンスを逃しているかも!ビットコインの仕組みや人気の理由を初心者向けに図とともに10分で解説します!

仮想通貨・ビットコインが資産運用にぴったりな理由

株や投資信託よりも早く利益が出せる

暗号資産(仮想通貨)は、一般的な金融商品よりも価格変動(=ボラティリティ)が大きいという特徴があります。

例えば、日経平均株価が一日に10%変動したとしたら日本中が大騒ぎになってしまいますが、一方で、暗号資産(仮想通貨)の価格が10%変動したとしても大した話題にはならないでしょう。

それは暗号資産(仮想通貨)市場にとって一日10%の値動きは日常茶飯事だからです。

このように激しい価格変動を利用することで、資産運用の定番である株や投資信託よりも短期間で利益を出すことが可能となっています。

 

価格変動(ボラティリティ)についての解説記事はこちら↓

ボラティリティとは?仕組みから仮想通貨投資に活かす2つの方法まで徹底解説! | CoinPartner(コインパートナー)
株やFX,暗号資産(仮想通貨)の取引をやっている方,興味のある方なら「ボラティリティ」という言葉を一度は耳にしたことがあると思います。ボラティリティとはどういうものか知ったつもりになっていませんか?コインパートナーがどこよりも詳しく分かりやすく説明します!

長期目線でのリターンも大きい

私たちコインパートナーは、暗号資産(仮想通貨)は、まだまだ成熟しきっておらず、これから急成長していくと考えています!

暗号資産(仮想通貨)は、新たなテクノロジーとして、すでに世界中の政府や企業で研究が進められています。

今はまだ実用化が追いついていないだけと言えるでしょう。

 

ですが数年後、数十年後の未来で実用化が進めば、必然的に市場規模は拡大していくはずです。

リターンを得るのは先になってしまうかもしれませんが、今から投資しておくのも立派な"資産運用"です。

仮想通貨は今後どうなる?価格予想・おすすめ通貨・注目ポイントを詳しく紹介! | CoinPartner(コインパートナー)
暗号資産(仮想通貨)の今後や将来性に不安を覚えていませんか?この記事ではコインパートナーが現在の暗号資産(仮想通貨)市場を分析し、今後の展開や価格を予想します。さらに今後もっともおすすめの暗号資産(仮想通貨)銘柄も紹介します。

数百円程度の少額から始められる

暗号資産(仮想通貨)は、専用の取引所を使って売買をします。

仮想通貨ってなんとなく高そうなイメージが。。。
と考えている方も多いですが、全然そんなことはありません!

 

コインチェック

コインパートナーイチオシのコインチェック(Coincheck)という取引所では、たった500円からビットコインを購入することができます。
(1BTC=100万円の場合)

資金にあまり余裕がない方でも、暗号資産(仮想通貨)はかなり始めやすいと言えるでしょう。

おすすめ取引所No.1

コインチェックの
無料口座開設はこちら!

仮想通貨・ビットコインはいくらから?初心者は1000円で少額投資を始めよう! | CoinPartner(コインパートナー)
暗号資産(仮想通貨)投資はいくらから始められるか知っていますか?実は、1000円からでも始めることができます!コインパートナーは、暗号資産(仮想通貨)投資を始める上で損をしないポイントを解説していきます。ぜひ本記事を通して、安全に取引を開始していきませんか?

 

仮想通貨が資産運用に
ぴったりな理由まとめ

  1. 株や投資信託よりも早く利益が出せる
  2. 長期目線でのリターンも大きい
  3. 数百円程度かの少額から始められる

おすすめ取引所No.1

コインチェックの
無料口座開設はこちら!

 

仮想通貨・ビットコインの資産運用で失敗しないためのコツ

大金を入れすぎない

いきなり大金をつぎ込んで大きな利益を狙おうとするのは非常に危険です。

取引金額が大きくなればなるほど、一度で失ってしまう損失額も大きくなってしまうからです。

まずは小額から取引をしてみて、慣れてきたら少しずつ金額を増やしていくスタイルがおすすめです。

レバレッジ取引はほどほどに

レバレッジ取引とは、元手の数倍の金額で売買することができる手法です。

例えば、手持ちの資金が10万円しかなくても、レバレッジ2倍をかけると20万円分の取引をすることができます。

一見、夢のような方法に見えますが、得られる利益が大きい分、損失してしまったときの額も大きいです。

ハイリスク・ハイリターンな方法ですので、ご自身で十分注意しながら利用するようにしましょう。

仮想通貨のレバレッジ取引とは?メリット・デメリット、おすすめ取引所や儲けるポイントまで解説します! | CoinPartner(コインパートナー)
暗号資産(仮想通貨)のレバレッジ取引とは、暗号資産(仮想通貨)を用いた証拠金取引のことを言います。暗号資産(仮想通貨)のレバレッジ取引はハイリスクハイリターンの取引方法です。この記事では、レバレッジ取引のメリット・デメリット、おすすめ取引所から儲けるポイントまで解説します!

 

仮想通貨の資産運用で
失敗しないための2つのコツ

  1. 大金を入れすぎない
  2. レバレッジ取引はほどほどに

仮想通貨・ビットコインでの資産運用の始め方

資産運用の始め方3STEP

  1. 取引所を選ぶ
  2. 取引所に口座開設する
  3. 仮想通貨・ビットコインを売買する

暗号資産(仮想通貨)の資産運用を始めるためには、まずは取引所に口座開設する必要があります。

口座開設には一切お金がかかりませんので、まだ始めるか悩んでいる方でもとりあえず登録しておく感覚で大丈夫です!

 

初めての口座開設ならコインチェックがオススメ!

コインチェック

コインチェック(Coincheck)は、国内最大級の暗号資産(仮想通貨)取引所です。

初心者から上級者にまで愛されており、国内の仮想通貨系スマホアプリの中でダウンロード数No.1の実績があります。

ビットコインはもちろん、イーサリアムやライトコインといった将来性の高い暗号資産(仮想通貨)を計14種取り扱っています。これは国内取引所の中では一番多い数字です!

ビットコインの取引手数料は無料なので、資産運用をするならまずは登録しておきたい取引所と言えるでしょう!

資産運用はじめるならココ

コインチェックの
無料口座開設はこちら!

【動画・画像で解説】Coincheck(コインチェック)の登録・口座開設方法【5分で簡単】 | CoinPartner(コインパートナー)
Coincheck(コインチェック)の登録方法を画像付きで詳しく解説しています。すぐに取引が開始できるように日本円の入金方法やセキュリティを飛躍的にアップさせる二段階認証の方法なども解説しています。

仮想通貨・ビットコインでの資産運用の種類4つ

仮想通貨の資産運用
4つの種類

  1. 現物取引
  2. FX取引
  3. アービトラージ
  4. 自動売買

現物取引

現物取引とは、「仮想通貨を本当に買って、売る」という投資手法です。

買った時の値段より、売った時の値段の方が高ければ、その差額が利益になります。

多くの人が無意識にやっている取引はこれです。

「仮想通貨を購入する」場合は、こちらの投資に繋がります。

現物取引の場合、値動きが小さいと大きな利益を出すことが難しくなります。

また、長い期間価格が下がり続けている時は利益をあげることができません。

しかし、実際に暗号資産(仮想通貨)を所持しているため、投資しながらも決済手段として使用することはできます。

現物取引はローリスクローリターンな投資手法で、自分の資産のイメージがしやすく、投資判断が易しいため、初心者に向いています。

暗号資産(仮想通貨)FX取引

FX取引とは、「仮想通貨を"買う"もしくは"売る"の宣言だけを繰り返す」という投資手法です。

本物のビットコインの取引を行わず、買う・売るの仮定の元での、差額にのみ注目します。

FX取引の醍醐味ともいえるのがレバレッジ取引です。

レバレッジ取引は、元手の数倍以上の金額で売買することができる手法です。

動かせる資金が大きくなるので、地道な価格変動の中でも大きな利益をあげることができます。

そういった意味で、現物取引がローリスクローリターンだとすると、FX取引はハイリスクハイリターンです。

GMOコイン ロゴ

もしFX取引に興味がある方は、GMOコインという取引所を使ってみてください!

GMOコインではビットコインのFX取引が活発なので、現物取引に慣れてきたらそのままFXにも挑戦することができます。

暗号資産FXにオススメ

GMOコインの
無料口座開設はこちら!

仮想通貨・ビットコインFXとは?やり方やおすすめ取引所、勝ち方まで解説! | CoinPartner(コインパートナー)
ビットコインFXとは、ビットコインを用いた証拠金取引です。外国為替のFXと同じように、証拠金を担保に大きな額の取引が可能になります。ただし、ビットコインFXはリターンもリスクも莫大な諸刃の剣です。ビットコインFXをよく知っておきましょう!

アービトラージ

アービトラージとは、取引所間で生じる価格差を利用してビットコインを売買し、利益を生み出す手法のことです。

「裁定取引」や「サヤ取り」ともいいます。

方法は単純で、安い取引所でビットコインを買い、高い取引所で売るだけです。

アービトラージは、現物取引よりさらにローリスクローリターンな投資方法と言えます。

 

下記のような相場であれば、1BTC=949,122円をbitFlyerで買ってFISCOで売ると50,903円の利益になります。

取引所ごとの価格差さえあれば、暗号資産(仮想通貨)そのものの価格に関係なく、いつでも利益を出すことができます。

アービトラージの詳細はこちらの記事をご覧ください↓

仮想通貨のアービトラージとは?具体的なやり方やメリット・ デメリットを分かりやすく解説 | CoinPartner(コインパートナー)
仮想通貨のアービトラージは取引所ごとの価格差で利益を上げる投資方法です。低いリスクでコツコツと利益を上げることができます。この記事では具体的なやり方やコツ、おすすめ取引所、注意点などを詳しく解説しています。

自動売買

自動売買とは、自分の手は動かさずに機械に取引をすべて任せてしまう手法のことです。

一度設定をしてしまえば、あとは何もしなくても自動で売買をしてくれます。

利益はそこまで多くありませんが、その分、トレードの知識がそれほどなくても利益を出すことが可能です。

クオレア(QUOREA)

コインパートナーのおすすめ自動売買ツールはQUOREA(クオレア)です。

AIが自動で投資判断をしてくれる上に、利用開始からたった数日で利益が出たという声もあります。

月額の利用料金は、売買代金に対して最大0.05%となっています。

これから暗号資産(仮想通貨)を始める初心者の方に向いているサービスと言えます。

QUOREA(クオレア)公式サイト

仮想通貨・ビットコインの保管にはウォレットを使おう

暗号資産(仮想通貨)を購入し、取引所に置いたままではハッキングのリスクが高いです。

最悪の場合、盗難されてしまう可能性すらあります。

ウォレットを使って安全に管理するようにしましょう。

Ledger Nano S:最高クラスのセキュリティ

もっとも安全に暗号資産(仮想通貨)を保管できるのがハードウェアウォレットです。

その名の通り、ハードウェア上にオフラインでビットコインの送金権限を管理します。

オフラインなので、ハッキングのリスクに常に晒されずに済みます。

ハードウェアウォレットの詳細はこちら↓

ハードウェアウォレットで仮想通貨を安全に管理しよう!人気三種の徹底比較も! | CoinPartner(コインパートナー)
「暗号資産(仮想通貨)を厳重に管理したい・・・」そんなあなたにピッタリの、安全性抜群なハードウェアウォレットを紹介します!さらに、人気機種を3つ紹介し、それぞれの機能やサービスを比較しました!あなたも手軽に、安全に暗号資産(仮想通貨)を管理してみませんか?

 

中でもLedger Nano Sは、保管可能暗号資産(仮想通貨)の種類が圧倒的に多く、優れたハードウェアウォレットです。

一時期は注文が殺到し、品薄状態になるほどでした。

Amazonでは偽物も出回っており、高額商品でもあるため、信頼できる代理店もしくは公式ページから購入する様にしましょう。

Ledger Nano Sの購入はこちら

Ledger Nano Sの購入方法(買い方)のオススメは?海外公式サイトと代理店を比較! | CoinPartner(コインパートナー)
Ledger Nano S(レジャーナノS)気になってませんか?いま全世界でハードウェアウォレットの必要性が認識され、その中でも最高峰の人気を誇るLedger Nano S。リップルにも対応したウォレットの購入方法を徹底解説します

Ginco:スマホ一台で仮想通貨を管理

 

「Ginco」​は、日本企業からリリースされた、暗号資産(仮想通貨)のクライアント型モバイルウォレットです。

クライアント型とは、ビットコインを保管する際に認証コードのような役割を持つ秘密鍵を自分で管理できるということを意味します。

秘密鍵を集中的に管理する取引所やその他多くのモバイルウォレットに比べ、ハッキングに狙われにくいという特徴があります。

日本語にも対応しており、スマホアプリで簡単にビットコインを管理できます。

Ginco公式サイトへ

Ginco(ギンコ)とは?日本で生まれた仮想通貨ウォレットの特徴や使い方を解説 | CoinPartner(コインパートナー)
Gincoというウォレットをご存知ですか?暗号資産(仮想通貨)を取引所に置きっ放しにする危険性が指摘される最近、颯爽と現れた日本産ウォレットです。日本企業による日本人のためのウォレットの特徴・登録・使い方を易しく説明します!

仮想通貨・ビットコインの資産運用に関するQ&A

株や投資信託よりも儲かりますか?

暗号資産(仮想通貨)は、一般的な金融商品よりも、値動きが大きいです。

そのため、株や投資信託よりも短期間で、かつ大きな利益を狙うことができます。

こちらで暗号資産(仮想通貨)の資産運用をするメリットを解説しています

いくらから運用できますか?

コインパートナーイチオシの取引所「コインチェック」では、たったの500円からビットコインを売買することが可能です。

一見ハードルが高そうな暗号資産(仮想通貨)ですが、実際はそんなことはなく、むしろ資金に余裕がない方でも運用を始めやすいと言えます。

おすすめの取引所「コインチェック」の詳細はこちら

仮想通貨の自動売買ツールはあるんですか?

あります。

自動売買ツールを使うと、チャートに張り付く必要がなかったり、トレードの知識がそれほどなくても利益を出すことができます。

こちらでコインパートナーおすすめの自動売買ツールを紹介しています

仮想通貨・ビットコインの資産運用 まとめ

仮想通貨・ビットコインの
資産運用まとめ

  • 仮想通貨・ビットコインは資産運用にぴったり
  • 他の金融商品よりも短い期間で利益が出せる
  • リスクについてもしっかり理解しておこう
  • オススメの取引所はコインチェック(Coincheck)

今回は、暗号資産(仮想通貨)・ビットコインが資産運用に向いている理由や、具体的な始め方について解説していきました。

注意点を守り、適切に取引を行えば、暗号資産(仮想通貨)は資産運用にはぴったりです。

まずは取引所に登録して、資産運用の第一歩を踏み出しましょう!

資産運用はじめるなら

コインチェックの
無料口座開設はこちら!

仮想通貨はどうやって増やすの?具体的な増やし方やなかなか増えない人の特徴を徹底解説! | CoinPartner(コインパートナー)
暗号資産(仮想通貨)を増やすための具体的な方法を教えます!また、暗号資産(仮想通貨)がなかなか増えない人の特徴も分析して紹介していきます。この記事を読めば、効率的に暗号資産(仮想通貨)を増やす方法や今までの自分に足りなかった部分も理解することができます!