TAOTAOの取り扱い通貨が知りたい!

そう考えているのではないですか?

この記事では、コインパートナーがTAOTAO(タオタオ)の取り扱い通貨である、全5種類の暗号資産(仮想通貨)の特徴や将来性を解説していきます!

これを読んで、ぜひTAOTAOで暗号資産(仮想通貨)投資を始めてみてください!

TAOTAOの取り扱い通貨は全5種類!

  • ビットコイン
    ⇨知名度が一番高い世界初の暗号資産(仮想通貨)
  • イーサリアム
    ⇨ビジネス業界で注目される暗号資産(仮想通貨)
  • リップル
    ⇨国際送金に特化した暗号資産(仮想通貨)
  • ライトコイン
    ⇨最も歴史のあるアルトコイン
  • ビットコインキャッシュ
    ⇨ビットコインの上位互換と呼ばれる暗号資産(仮想通貨)

TAOTAOの公式サイトへ

TAOTAO(タオタオ)とは

taotaoロゴ

TAOTAOのココがすごい!

  • SBIグループが出資!
  • お得なキャンペーンを頻繁に開催!
  • 取引手数料・入出金手数料などが全て無料!

TAOTAO(タオタオ)SBIグループの子会社に出資を受けている、今大注目の暗号資産(仮想通貨)取引所です。

元々はYahoo!グループの完全子会社でしたが、2020年10月にSBIグループの完全子会社となりました。

手数料が非常にお得で、取引手数料・入出金手数料・送金手数料全て無料となっています。

さらにアプリを使えば、スマホ一台で全5種類の通貨のレバレッジ取引をすることも可能です!

TAOTAOの公式サイトへ

ヤフーが出資している暗号資産(仮想通貨)取引所・TAOTAOをコインパートナーがご紹介します。特徴・手数料・登録方法などTAOTAOの気になるポイントを徹底解説していきます。事前登録申し込み受付中ですので、興味のある方は早速申し込んでみましょう!
 

TAOTAO(タオタオ)の取扱通貨一覧

  販売所 FX(レバレッジ)取引 取引所
ビットコイン(BTC)
イーサリアム(ETH)
リップル(XRP)  
ライトコイン(LTC)  
ビットコインキャッシュ(BCH)  

TAOTAO(タオタオ)は、運営会社と取引をする「販売所形式」の取引所となっています。

販売所形式にはビットコインイーサリアムが対応しています。

暗号資産(仮想通貨)FXではリップルライトコインビットコインキャッシュが加わった全5種の通貨で取引することが可能です。

ビットコインとイーサリアムは現物取引であるため、外部ウォレットへの送金ができますが、それ以外の3つの通貨は現物ではないため送金はできません。

国内大手の取引所であるCoincheckが14種、DMM Bitcoinが11種となっているので、TAOTAOの取り扱い通貨は少なめです。

ビットコイン(BTC)の特徴と将来性

ビットコインの特徴

【ビットコイン(BTC)の基本情報】

通貨名(通貨単位) Bitcoin(BTC)
開発者
運用開始時期 2009年1月
取引承認方式 PoW
発行上限枚数 2100万BTC
時価総額 約14兆円(1位)
ブロック生成速度 約10分

ビットコインは2009年に誕生した世界初の暗号資産(仮想通貨)です。

管理者のいない情報管理システムであるブロックチェーン技術を初めて導入した暗号資産(仮想通貨)がこのビットコインです。

ビットコインは、国際送金で問題になっている送金時間の長さや手数料の高さなどのコストを削減する目的で作られました。

ビットコインとは今世界で大ブームを引き起こしている暗号資産(仮想通貨)です。仕組みがわからずなんとなく怖いと思い手を出せていないあなたは得するチャンスを逃しているかも!ビットコインの仕組みや人気の理由を初心者向けに図とともに10分で解説します!
 

ビットコインの今後・将来性

ビットコインは時価総額が1位であるように、人気・知名度は他を圧倒しています。

今後、暗号資産(仮想通貨)を利用しようと考えた企業や国家が、まず始めにビットコインに注目し利用する可能性は十分にあります。

ビットコインには国境が存在しないため、世界共通の通貨となる可能性を秘めています!

TAOTAOでビットコインを購入する!

ビットコインは今後どうなるか気になりますよね?この記事では、ビットコインの将来性が高い理由や、過去の価格暴落・高騰の歴史、今後を左右する要因、さらには著名人のビットコインの価格予想まで解説しています!
 

イーサリアム(ETH)の特徴と将来性

イーサリアムの特徴

【イーサリアム(ETH)の基本情報】

通貨名(通貨単位) Ethereum(ETH)
開発者 Vitalik Buterin
運用開始時期 2014年7月
取引承認方式 PoW(PoSに移行予定)
発行上限枚数 上限なし
時価総額 約1.6兆円(2位)
ブロック生成速度 約15秒

イーサリアム(ETH)はビットコインに次ぐ人気を誇る、時価総額2位の暗号資産(仮想通貨)です。

イーサリアムの最大の特徴は、取引を自動化するシステム「スマートコントラクト」を組み込めるという点でしょう。

簡単に言うとスマートコントラクトは自動販売機のようなものです。

あらかじめ取引のステップをプログラムしておくことで、運営・管理している人がいなくても自動で取引を完了することのできるシステムの事です。

これをイーサリアムのブロックチェーンに組み込むことで信頼性・安全性の高い自動取引を実現することができます。

イーサリアム(Ethereum、ETH)は、あのビットコインに次ぐ時価総額を持つ暗号資産(仮想通貨)です。決済手段ではなく「ワールドコンピューター」を目指すというイーサリアムの仕組みや将来性、今後、チャートなどをコインパートナーが徹底解説します!
 

イーサリアムの今後・将来性

イーサリアムは近年、ビジネス業界から特に注目を集めています。

物流や不動産取引などの分野で発生している取引コストを大幅に削減できるポテンシャルをイーサリアムは持っているのです。

今後イーサリアムがさらに普及していけば、それに伴って価格が上昇していくことも十分考えられます!

TAOTAOでイーサリアムを購入する!

イーサリアムは2019年コインパートナーが最も注目、期待をしている通貨です。将来性は豊富で、今後の社会において活躍する場面は多いでしょう。そんなイーサリアムの今後の価格予想を紹介するとともに価格上昇の可能性があるイベントを説明します!
 

リップル(XRP)の特徴と将来性

(リップルはレバレッジ取引のみでの対応となっています。)

リップルの特徴

通貨名(通貨単位) Ripple(XRP)
開発者 David Schwartzなど
運用開始時期 2012年9月
取引承認方式 PoW
発行上限枚数 1000億XRP
時価総額 約1兆円(3位)
ブロック生成速度 約5秒

リップル(XRP)は、暗号資産(仮想通貨)の中でも珍しいブロックチェーンを使っていない暗号資産(仮想通貨)です。

運営団体が存在しないことで有名な暗号資産(仮想通貨)ですが、リップルには運営団体であるリップル社(Riplle inc.)が存在しています。

リップルの取引の承認をリップル社が行うことで、ビットコインの約150倍の送金速度を実現しています。

リップルを買ってみたはいいけど、どんな暗号資産(仮想通貨)なのかよく分かってないなんてことはありませんか?リップラーと呼ばれる方も数多くいるほどの人気を誇り、あのグーグルも出資されています。いま世界でもっとも注目されている暗号資産(仮想通貨)をあらゆる面から解説!
 

リップルの今後・将来性

リップルは国際送金にとても優れています。

送金速度が速いことや、管理者がいるため価格変動が小さいことなどが世界的にも高く評価されています。

暗号資産(仮想通貨)の中でも、リップルは特に国際送金に利用される可能性が高い通貨ですので、将来性は抜群であると言えます。

TAOTAOでリップルを購入する!

リップルは2019年最も成長の期待される暗号資産(仮想通貨)のひとつです。なぜなら、リップルに関連するイベントやプロジェクトが一気に動き出すからです。今回はコインパートナーがリップルの今後とjavascript:void(null);将来性について解説しま
 

ライトコイン(LTC)の特徴と将来性

(ライトコインはレバレッジ取引のみでの対応となっています。)

ライトコインの特徴

【ライトコインの基本情報】

通貨名(通貨単位) Litecoin(LTC)
開発者 Charlie Lee
運用開始時期 2011年10月
取引承認方式 PoW
発行上限枚数 8400万LTC
時価総額 約2900億円(6位)
ブロック生成速度 2.5分

ライトコイン(LTC)はビットコインを補助するような役割を持って誕生した暗号資産(仮想通貨)です。

ライトコインは、ブロックチェーンに記録する取引情報を圧縮することで送金時間を短縮するSegwitというシステムを導入しています。

それによって、ビットコインの送金が約10分かかるのに対し、ライトコインでは約2分30秒という送金速度を実現しています。

ライトコインは、日本ではそこまで人気の高い通貨ではないですが、実はアメリカでは結構人気な通貨なんです。ビットコインが「金」ならライトコインは「銀」と言われるその所以は?この記事でその全てを理解できること間違い無し!
 

ライトコインの今後・将来性

ライトコインの送金速度はビットコインの約4倍の速さを誇っています。

このことから、決済手段としてライトコインが利用される可能性は高いでしょう。

今後さらに実用化が進めば、それに伴って価格が上がっていくことも十分に考えられます!

TAOTAOでライトコイン購入する!

暗号資産(仮想通貨)のライトコイン(LTC)の今後について徹底予想します!ライトコインは2019年現在時価総額5位の優良コインです。この記事では、特徴や過去のチャートから将来性を予想していきます。購入におすすめの取引所もご紹介!
 

ビットコインキャッシュ(BCH)の特徴と将来性

(ビットコインキャッシュはレバレッジ取引のみでの対応となっています。)

ビットコインキャッシュの特徴

【ビットコインキャッシュ(BCH)の基本情報】

通貨名(通貨単位) BitcoinCash(BCH,BCC)
開発者
運用開始時期 2017年8月
取引承認方式 PoW
発行上限枚数 2100万BCH
時価総額 約3700億円(5位)
ブロック生成速度 約10分

ビットコインキャッシュ(BCH)はビットコインのスケーラビリティ問題を解決するために誕生した暗号資産(仮想通貨)です。

ビットコインから分裂(ハードフォーク)して誕生し、さらにビットコインの短所もカバーしているため「ビットコインの上位互換」と言われることもあります。

ビットコインの約8倍にブロックサイズを拡大することでスケーラビリティ問題を解決しています。

ビットコインキャッシュ(BCH)はビットコインのハードフォークで生まれた暗号資産(仮想通貨)です。決済にも使われる可能性の高い暗号資産(仮想通貨)の特徴・買い方のような基本的なことから将来性・チャート分析など発展的なことまでどの記事よりもわかりやすく解説します!
 

ビットコインキャッシュの今後・将来性

ビットコインキャッシュは、ビットコインのメリットを残し、デメリットを改善した通貨なので将来性がとても高いです。

また、ビットコインキャッシュはハードフォークをしなくても32MBまでブロックサイズをさらに拡大することができます。
(ビットコインのブロックサイズは1MBです。)

そのため、今後ビットコインキャッシュを利用する人が増えても、現在と変わらない送金速度を維持できるでしょう。

TAOTAOで ビットコインキャッシュを購入する!

ビットコインキャッシュ(BCH)は、2017年にビットコインのハードフォークにより誕生してからビットコインの代替として注目、期待されています。そんなビットコインキャッシュは今後価格を伸ばすのでしょうか?コインパートナーがまとめました!
 

TAOTAO(タオタオ)の取扱通貨 まとめ

TAOTAO(タオタオ)の取り扱い通貨は少なめですが、どれも将来性の高いものばかりです!

TAOTAOは手数料が非常に安くなっているため、かなり安く暗号資産(仮想通貨)を購入できます。

ぜひTAOTAOで取引を始めてみてください!

TAOTAOで取引を始める!