暗号資産(仮想通貨)ってもう終わりなの?

そう悩んでいる方も多いかと思います。

確かにここ最近、仮想通貨の話題ってあまり耳にしないですよね。

結論から言うと、仮想通貨が活躍するのはむしろこれからです!

全く終わってません。

 

この記事では、仮想通貨がこれから大活躍するであろう3つの理由や、専門家の価格予想を、私たちコインパートナーがご紹介していきます。

仮想通貨の将来性が高いワケを知れば、きっと安心して投資できるようになること間違いなしです!

この記事を内容を
ざっくりまとめると....

  • 仮想通貨は全然終わってない
  • むしろ活躍するのはこれから!
  • 専門家からの評価も高い
  • 仮想通貨を始めるならコインチェックがおすすめ!
コインチェック

コインチェックは、初心者満足度No.1・スマホアプリDL数No.1の取引所です!

使いやすさNo.1

仮想通貨を買ってみる
(コインチェック公式)

仮想通貨が活躍するのはむしろこれから!

世界で初めての仮想通貨「ビットコイン」が誕生したのは2009年のことです。

それから少しずつ知名度を上げていき、2017年の仮想通貨バブルで一躍有名になりました。

仮想通貨という名前だけ知っている方も、おそらくこのバブルの影響ではないでしょうか。

2020年現在、仮想通貨市場から全盛期のような盛り上がりはあまり感じられず、一部では「仮想通貨はもう終わった」とも言われています。

 

ですが、私たちコインパートナーは、仮想通貨が活躍するのはむしろこれからだと考えています!

仮想通貨はまだ歴史が浅く、その魅力を理解している人は少ないです。

これから仮想通貨が終わらない理由を解説していきます。

仮想通貨の将来性に少しでも気づいていただけると幸いです!

仮想通貨が終わらない3つの理由

仮想通貨が終わらない3つの理由

  • コロナショックでいち早く回復
  • 発展途上国での急速な普及
  • テクノロジーとしての期待

コロナショックでいち早く回復したのがビットコイン

2020年3月、仮想通貨だけでなく世界中の金融市場がコロナショックにより大暴落を起こしました。

しかしその暴落からたった3ヶ月でビットコインは以前の価格まで回復しました!

この短期間で回復したのは金(ゴールド)とビットコインくらいで、日経平均やダウ平均はまだ低迷していました。

これは、ビットコインが"もしもの時"の資産の避難先として意識されたから、と言われています。

すでに多くの人たちがビットコインの価値を認めているからこそです!

ビットコインを買ってみる
(コインチェック公式)

発展途上国での急速な普及

暗号資産(仮想通貨)は、日本銀行のような特定の誰かが管理しているものではありません。

つまり、どこかの銀行や国が破綻したところで、仮想通貨の価値は失われません。

日本人の私たちは円の価値がなくなるということを想像しづらいですよね。

ですが、政府の信用が弱い発展途上国だと、その国の通貨が暴落するというのは十分にありえる話です。

仮想通貨はこのように、自国の通貨がいつ価値を失うかわからない人たちの資産の避難先として注目されています!

仮想通貨を買ってみる
(コインチェック公式)

実際に、ベネズエラやレバノンで金融危機が起こり、ビットコイン需要が急増したことがあります。

【注目!】 ハイパーインフレに苦しむレバノンで、ビットコインはあらゆる面で救世主的存在である。 債務残高を多く抱える国が世界で増える現状で、暗号資産(仮想通貨)の数学に支えられた価値の安定は特別な意味を持つ。
 

テクノロジーとしての期待

暗号資産(仮想通貨)の基盤にはブロックチェーンという技術が用いられています。

ブロックチェーンとは、簡単に言うと「不特定多数の人たちでデータを管理する上に、限りなく改ざんが難しい」技術です。

今までは、いくらセキュリティが強くても特定の国や企業に依存していたため、その柱が倒れてしまうと意味がありませんでした。

しかし、ブロックチェーン技術はそんな従来のあり方を根本から変えてしまうでしょう!

すでに世界中で研究が進められているほどなので、今後、暗号資産(仮想通貨)の価値が高まる可能性は高いと言えます。

仮想通貨を買ってみる
(コインチェック公式)

 

仮想通貨の今後の価格予想

アーサー・ヘイズ氏:年末までに220万円

アーサー・ヘイズ氏は、世界最大級の取引所BitMEXのCEOです。

そんなアーサー・ヘイズ氏は、2020年末にはビットコインが最大220万円まで上昇すると予想しています。

そのためには、ビットコインが価値保存手段として用いられることが必要だとしています。

確かに、コロナショックからビットコインがすぐに回復したことを含めても、価値保存手段として今後使われる可能性は高そうですね。

 

パオロ・アードイノ氏:年末までに220万円

パオロ・アードイノ氏は、世界レベルの取引量を持つBitfinex(ビットフィネックス)のCTOです。

同氏は2020年末までに220万円まで上昇する、というアーサー・ヘイズ氏と同じ予想を立てています。

さらに、65万円(6,000ドル)を下回ることはないだろうとも発言しています。

 

コインパートナー

私たちコインパートナーとしては、仮想通貨市場は確実に規模を拡大していくと考えています。

長期的にみれば仮想通貨の価格は上昇していくでしょう。

当サイトでは、AIによ価格予想を毎日配信しているので、ぜひチェックしてみてください!

リアルタイムチャート・価格予想はこちら

 

仮想通貨を始めるなら取引所の登録から

コインチェック

使いやすさNo.1

Coincheckの無料登録はこちら

Coincheck(コンチェック)は、東証一部のマネックスグループが運営する仮想通貨取引所です。

取り扱い通貨数国内No.1、仮想通貨系アプリダウンロード数No.1などの実績があります。

操作がとにかくわかりやすく、初心者からの人気が高いです。

「どの取引所が良いのかよくわからないな。。。」という初心者の方に特におすすめの取引所です!

コインチェックの4つの魅力

  1. 取り扱う通貨数No.1
  2. 初心者でも使いやすい
  3. スマホ一台で仮想通貨取引ができる
  4. ビットコイン手数料無料

使いやすさNo.1

Coincheckの無料登録はこちら

コインチェックの評判やメリットデメリットをまとめました。初心者登録者数No.1を獲得し、手数料の安さやスマホアプリの使いやすさも評判のコインチェック。デメリットもあるので口座開設する前に必ずチェックしてください。
 

仮想通貨は終わりなのか? まとめ

今回は、仮想通貨の将来性が高い理由や、専門家の価格予想を紹介していきました。

仮想通貨は全然終わっていないことがわかりましたね。

今後も仮想通貨がどのような活躍を見せてくれるのか注目です!

使いやすさNo.1

Coincheckの無料登録はこちら

【2020年最新版】暗号資産(仮想通貨)の始め方を初心者向けに解説!「始め方がわからない」「暗号資産(仮想通貨)って何?」という方はこの記事を読めば安全に始められるようになります!